最も厳しい言葉 - パキスタンのアメリカとの関係

仮想の友人との間の緊張は、驚くほど克服できないことを証明している

大国にとって謝罪することは難しいとわかっている。「戦略的」同盟と想定される合衆国とパキスタンとの関係は、11月の恐ろしい「友好的発砲」事件でアフガン国境に駐屯していた24人のパキスタン軍を米軍機が誤って殺して以来、麻痺している。今、二人の口論している子供たちがその誇りを飲み下し仲直りできないように、オバマ大統領の政権は、その死について謝罪するつもりがなく、パキスタン政府は罰としてアフガニスタンのNATO軍兵士に供給する道を閉じた後に、それを再開することを拒絶している。4月の終わりに、アメリカのパキスタンへの特使マーク・グロスマンは、メンツの立つ取引なしに首都のイスラマバードを後にした。密室の中で、一人の参加者が「毒」と表現する雰囲気の中で、議論が続いている。しかし、どちら側も依然として、パキスタンが5月20-21日のシカゴでのNATOサミットに招待されるときまでにNATOの供給ルートを回復する合意に望みを持っている。参加者は2014年の終わりまでにほとんどの外国軍が去った後のアフガニスタンの解決を議論することになっている。しかし、アシフ・アル・ザルダリ大統領がシカゴへの連絡を受ける時間は迫っている。

今週、その外交的難局は、驚くべき犠牲をもとめられるようだ。アメリカのパキスタン大使キャメロン・ムンターは、数週間以内に辞めるだろうと、突然に語った。ムンター氏は、パキスタンで調停者としての評判を持っていた。ペンタゴンとCIAがパキスタンへの頑固なやり方を課すにつれて、彼は繰り返し不満のために辞めた。アメリカの高官は、内政の亀裂の示唆は「大げさだ」と主張する。

アメリカは、パキスタンの部族地域に拠点を置くアフガンの反乱集団のハッカニネットワークが、アメリカのアフガニスタンでの進展の主張を空虚なものにすることを意図した攻撃をやってのけるのをやめさせるのに、パキスタンが多くのことをしていないとして怒り狂っている。4月中ごろにカブールなどでハッカニによる壮観な攻撃が実行され、それがオバマ政権の国境の死に対して謝罪しないようにするという決意を硬化させている(そして共和党に選挙への攻撃手段を手渡している)。今週、国務大臣のヒラリー・クリントンは、パキスタンが「その領域をどこに対してでもテロリスト攻撃の発射台として使われないよう確保する必要がある。」と語った。

その11月の国境の死は、関係が急に悪化した1年を仕上げた。2011年1月に、CIA職員がラホールの路上で二人の男を狙撃した。5月にパキスタンは北パキスタンの町でアメリカがオサマ・ビン・ラディンを発見し殺害したことにより、恥をかかされた。パキスタンの憤慨はさらに進んだ。パキスタンの部族地域に過激派容疑者に対するアメリカの無人飛行機による攻撃は、その国の主権をあざけった。悪いことに、その攻撃はしばしば、パキスタンに関する限りでは、「間違った」聖戦士、すなわちそれがより危険だとみなすほかの組織と戦うために軍が邸宅に到着するのに一緒にいた集団を攻撃した。

パキスタンはまた、2年前に止まった支払いも望んでいる。それはアフガン国境沿いの軍事作戦のためにその国に補償するアメリカの計画のもとで負っているものだ。パキスタンは、より必要な金融の生命線である約20億ドルが止まっていると計算する。

ひとたびパキスタンが望む謝罪を得れば、それはNATOの供給品がその領域を通ることを許そうとしても当然だ。しかし、それはもはや自由通行を与えたくはない。今は二つの側で値切られている額である、コンテナごとの通過税が課されるだろう。その道が閉ざされる前に、NATOはすでに、より高価な中央アフリカ経由や空輸に変えることによって、パキスタンへの輸送依存を供給の約30%にまで抜本的に減らしている。「我々はこの関係を直したく、そして我々はそれをひどく望んでいる。」パキスタンの高官は語る。「それはパキスタンの国益だ。しかしどのようにそこに到達できるかは、ただ難しい。」
 

発行日: 
2012-05-12
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加