子供の誘拐者たち - 日本の親による誘拐

 

日本の家族生活の暗黒面
 
このクリスマス、アメリカに住むニカラグア人のモーゼス・ガルシアはほぼ4年と35万ドルを費やした贈り物を手に入れた。彼の9歳の娘を取り戻したのだ。2008年に、カリナは彼女の日本人の母親によって日本に連れ去られた。彼は彼女の親権を巡って日本の法廷で争いに取りかかった。その期間中、彼は彼女にたった3回会っただけだった。彼らの最も長い面会はたった2時間だった。
 
それから彼に幸運が訪れた。去年の4月にカリナの母親は彼女のグリーンカードを更新するためにハワイへ旅行した。彼女は空港で逮捕され、カリナの養育権協定に反したとして告発された。答弁の取引の一部として、その母親はカリナを手放した。彼女は、法廷によってアメリカに戻された、日本の親によって連れ去られた最初の子供になった。(この親権争いの中にあるカリナに申し訳なく思う。)
 
このような事件のために、国際的な子の奪取の民事面に関する条約に参加するという約束を尊重するよう日本に圧力をかける多くの国々の一つだ。日本は今年にそうすると約束する。その条約は、片方の親によって誘拐された16歳以下の子供をその通常居住国に迅速に戻すようルールを定めている。国務省は、日本はアメリカ人の子供を伴う約100件のそのような事件を抱えていると語る。他の国からも記録がある。
 
しかし、反対の立場の親、すなわち日本に住んでいてその子供に会えない親にとっては、ハーグ条約はなにも課さない。親が別れたとき、日本の法制度は他の国では普通である共同親権を認めていない。代わりに、子供たちは、離婚後には片方の親の親権下に置かれるのだ。家庭裁判所は、普通、たとえある親が誘拐したとしても、ある瞬間に子供を所有しているほとんどの場合母親に親権が与えられる。法廷は、「残された」親に対してわずかな面会権を与えることはほとんどない。そして、多くの特に父親は、その子供たちの人生から一緒に消える。毎年、日本では15万人もの離婚した親がその子供たちと連絡が取れなくなると、公式統計から拾い集められたデータは推計する。同意の下でそうする者もいるが、ほとんどはその問題について何も言うことがない。
 
元副市長であるそのような父親の一人は、その制度を囚人のジレンマの結婚版だと描く。彼は、結婚が崩壊し始めたとき、語られない質問は、どちらが最初に子供をとるのか?ママか、パパか?ということだという。2年間、彼は4歳の娘と連絡が取れなかった。プレゼントすらも開封されずに戻ってきた。そしてそれはすべて家庭裁判所の承認があった。彼が裁判官に民法が面会権を奨励するよう変わったと念を押したとき、裁判官は彼を黙らせた。
 
去年民法改正を成し遂げた法務大臣の江田五月は、それがより寛大な面会権につながることを望んでいると語る。彼はまた、それが共同親権についての真剣な考察にいつかつながることも望んでいる。しかし、裁判官はとても保守的で、「彼らの考えを変えるのはとても難しい」と警告する。そして、残酷なねじれとして、北朝鮮による数十人の国民の過去の拉致を長い間取り戻そうとしている国は、暗黙のうちに毎年自国で起こっている多数の誘拐を支持しているのだ。「私のような立場にある多くの人々は自殺している。」その別居中の父親は語る。「私はその気持ちが理解できる。」
 
 
発行日: 
2012-01-21
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
人物: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加