アフリカ人たちは退職制度の成長に圧力をかけている - アフリカの年金制度

改革は、投資、填補、そして統治に力を発揮している

ある国の偉大さが、いかにそのもっとも弱いメンバーを扱うかによってはかられるのならば、ケアへのその経済的能力はその年金制度によってはかられるかもしれない。退職計画はぜいたく品だ。いよいよ、サブサハラアフリカ諸国の中にはそうする余裕があり、またすべきであると感じているものもあるぜいたく品だ。

南アフリカは別として、かなりの年金基金資産を持っているその地域の主要国には、ボツワナ、ガーナ、ケニア、そしてナイジェリアがある。アフリカの投資銀行BGLグループの2010年の報告「ナイジェリアを世界年金産業の中に置く」によると、ボツワナはその地域の主要国の中で最大の一人あたり年金資産を持っており、17%とGDPに占める年金資産の割合が最も高いものの一つになっているという。これは、ナイジェリアの5%、7%のガーナ、23%のケニアと比較できる。

ボツワナと隣国のナミビアは、早いスタートから利益を得た。「彼らは、20-30年前に南アフリカに続いて強制職業貯蓄を採用した。」インヴェステック資産管理の管理部長ターボ・コジャネは語る。

ほかの国々はより最近になってその年金制度を導入したり改革したりしている。ナイジェリアが好例だ。2004年の改革により、ナイジェリアの年金制度は、時に混沌と定義された利益モデルから定義された拠出金制度に変わった。

「過去には、人々が列を作り、時には数日間もその年金を受け取れない状況だった。」シルク・インヴェストのサブサハラアフリカ投資部長フンミ・アキンルイは語る。「今では、元公務員だった私の母親は年金を口座振り込みで受け取っている。」

ナイジェリアは、雇用主と従業員による強制拠出のチリ型を採用した。BGLグループによると、改革の後で、年金基金資産は2006年の17.7億ドルから2009年の86.7億ドルに跳ね上がり、そして登録拠出者は932,435人から390万人に上がったという。2012年9月の終わりで、ナイジェリアの全国保険委員会のペンコムは年金資産を186億ドルで登録拠出者が530万人だとした。

しかしながら、その改革された制度には批判者がいないわけではない。それは、ナイジェリアの労働人口の約10%に達する公式部門だけをカヴァーしている。2010年の論文で、ソウル国立大学の行政大学院助教のヨルグ・ミカエル・ドスタルは2009年の加入者の数は依然として改革前の数字よりも下だったと注目する。ドスタル氏はまた、多くの人々が貧しい国での、その制度の有益性と、その宣言された目標の一つであるナイジェリアの金融市場の機能の改善、に疑問を呈している。

「現在の基本的社会保障の欠如の文脈で、未来へのどんな強制貯蓄も、個人と社会全体の両方のレヴェルで、合理的でも望ましくもないかもしれない。」彼は書いた。「拠出された年金をナイジェリアの金融市場の発展のために使うことは、現在の発展のための前提条件というよりもむしろ実験だ。」

一方、BLGグループは、ナイジェリアの制度の「資産配分と投資制限の規制」を批判しており、その帰結は闘士可能な資産の欠如による高レヴェルの未投資現金だ。2009年に資産の約37%が金融市場の商品で保たれ、それ以来事態はそれほど変わっていない。

「年金基金は約8%を株式に投資する。」アキンルイ女史は語る。「それは30%まで上がりうるが、2008-09年の崩壊のためにそうなっていない。彼らは金融市場商品と政府債務に多くを投資している。」

これらの問題は、ほかのアフリカの年金制度でも共通している。ケニアでは、年金の権利を持っている人々は「中流から上流の人々の小部分だ。」ケニアの投資銀行のケストレル・キャピタルの調査部長ヴィマル・パーマーは語る。BGLグループによれば、けれども、だいたい15%のケニア人労働力が国営の全国社会保障基金(NSSF)か職業別もしくは個別の年金枠組みのどちらかに入っており、カヴァレッジはナイジェリアよりも高い。

税のインセンティヴは、年金基金が年に約2,820ドルまで非課税で、登録された基金の投資所得も非課税になっており、適切で、その部門はかなり急速に拡大している。年金基金の管理下にある総資産は、現在約60億ドルだ。パーマー氏は語る。「拠出金は、成長する中産階級人口のおかげで、前年比で約10%で伸びている。」

しかし、その投資の横顔はまた保守的だ。「歴史的に、平均して約20-30%が海外を含めた株式に割かれており、残りが固定所得だ。」パーマー氏は語る。

海外は、大東アフリカを意味し、管理下にある資産の約5%に制限されている。固定所得部分は、主にケニア政府と会社の債権に投資されており、政府債券が支配的だ。

幾つかの今度の発展は選択を増やすかもしれない。「成長事業市場部門」が2012年の終わりまでにナイロビ株式取引所に導入される予定で、一方不動産投資信託と商品市場の発展は初期段階にある。一方NSSFは倹約基金から年金スキームに替わる。

「これは資本市場を押し上げる役に立つかもしれないが、それが起こるタイミングはいつになるかわからない。」パーマー氏は語る。

投資という点で最も洗練された年金市場は、ボツワナとナミビアだ。資産の2/3は上場株式に投資され。かなり国際展開されている、とコジャネ氏は語る。一般的に、基金は地元の基金管理者によって管理される。彼らはもし能力を持っていればすべての投資を自分自身で扱い、そうでなければ国際部門を外注する。

これらの国々はまた、カヴァレッジの拡大と費用有効性と統治の改善でも主導しそうだ。

「南アフリカで見るものは、より良いカヴァレッジへのとてもはっきりとした推進だ。」コジャネ氏は語る。「政府はまた、基金の合併を奨励しており、だから低コストとより良い統治のより大きな基金を見るだろう。これらの傾向は、ナミビアとボツワナに押し出すだろう。」

どれだけ早くそれらがほかのサブサハラ諸国に広がるかは予測がより難しい。

しかしながら、アキンルイ女史は、経済状況が改善すれば解決すると信じている。

「マクロ経済環境が小さな事業にとって良くなれば、我々はより多くの資産をやり通すだろう。」彼女は語る。

FTfm欄より
 

発行日: 
2012-11-12
雑誌名: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加