変種は人生のスパイスだ - 花粉媒介者

野生の多様な昆虫を奨励することが、農産物に花粉を媒介する最善の方法だ

農民はしばしば農産物の花粉媒介をするのにミツバチをいっぱいにした巣箱を利用する。サイエンス誌で公表された新しい研究は、野生の花粉媒介者を奨励することが、より有効になりうることを見つけた。

アルゼンチンのリオ・ネグロ国立大学のルーカス・ハリバルディに率いられた15人の研究者は、野生の花粉媒介者の往来を研究し、コーヒーからグレープフルーツ、アーモンド、チェリー、そしてキウイフルーツに至るまで、世界中の19の国の41の異なった農産物で蜂のコロニーを管理した。彼らは、蜂、カブトムシ、ハエ、そして蝶といった野生の昆虫による花粉媒介は、種や実をなす花のはるかに高い割合の結果になったことを見つけた。

野生動物の訪問増加は、管理されたミツバチによる同量の訪問増加の2倍果実量を押し上げうる、とその研究は示す。これは、ミツバチだけに頼るのではなく畑の中に野生の花粉媒介者を奨励する自然のエリアを回復したり保全することによって農民はより良い収穫を得ることができるかもしれないことを意味する、とその研究者たちは論ずる。

花の中に多様な野生の昆虫を一緒にすることが、花粉をより効率的に広げることなのだ、とハリバルディ博士は語る。野生の昆虫はまた、植物と品種の間でより多くとりかえ、ゆえにそれらを交雑する。何人かの人々のように、農作物は野生で多様で頻繁であることを好むのだ。

発行日: 
2013-03-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加