みんなただそれといたすことはできないのか? - ポルノと愛国主義

ある日本人女優が彼女に中国人ファンがどれほど葛藤しているかを思い出させる

蒼井そらが中国人ファンを興奮させている(そしてそれはたくさんいる)すべての場所で、これはより驚くべきものの一つだった。反日感情が中国中で燃え上がった時、そのかつてのポルノスターはオンラインで日中友好を魅力的な書で書いた。紛争中の尖閣諸島での反日デモで波打つ一つのプラカードは簡単に読めた。「釣魚島は中国に属する。蒼井そらは世界に属する。」

この奇妙なスローガンは中国の人々が日本について持ちうる複雑でしばしば相対する感情を強調する。歴史的犯罪のためにそれを憎むよう育った彼らはまた、日本がいくつかのことで中国よりもよくやっているとしてそれを賞賛している。電機製品、社会秩序、マンガ本、そしてポルノヴィデオだ。蒼井さんは、その政府とは違って、中国人、または少なくともその中の若い男性の心を傷つけることを何もしていない。彼女は、中国のマイクロブログのシナウェイボーで1,300万人以上のフォロワーを持っており、彼女が大衆の前に姿を現したことにより、珍しい親日的な観点でほとんど暴動に近いものを引き起こしている。

デモに乗り合わせたのは、彼女のものだけが原因ではなかった。警察の怒りの鋭い側を感じることなしに蒸気を放つ機会のために参加したものもいた。実際には中国の主権の不可侵性についてむしろ無頓着だった毛主席の肖像を掲げたものもいた。ほとんどがお互い近寄らなかった。作家で、レーシングドライヴァーで、中国でもっとも人気のあるブロガーの一人でもある韓寒は、略奪者や野蛮人を罰するよう要求した。

蒼井さんの訴えは、それに惹かれた15万かそこらの同情的なコメントを受け取った。しかし、彼女のファンの多くは、その国全体と同じように、完全にデモの後ろにいた。わいせつな侮辱や脅しで彼女をあざけるものもいた。あるウェブサイトのChinaSMACKによって翻訳されたコメントの一つは、もし中国が釣魚島を取り戻すときには、蒼井さんを生きて捕らえるべきだ、と提案して、負けないようにしようとした。
 

発行日: 
2012-09-22
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加