拒絶された息子 - アパルトヘイト後の南アフリカ

 

書評:Sometimes There is a Void: Memoirs of an Outsider
 
彼らは「彼ら自身が乗り込むのに十分なだけぼろもうけ列車を止めた」と、南アフリカ解放エリートのアパルトヘイト後の貪欲さに嫌悪を表してデスモンド・ツツは語った。もしゼイクス・ムダの説明が何か無視できるものならば、そのノーベル賞受賞者は控えめに言った罪がある。アフリカ民族会議(ANC)はえこひいきで「ナイジェリアを追い越した」と彼は主張する。
 
J.M. クッツェー、クリストファー・ホープ、ダモン・ガルグットや他の南アフリカの作家たちもまた、その国の与党に対して批判的だ。しかし、ムダ氏の攻撃は彼らのものよりもはるかに過酷だ。彼はその国の指導的な黒人劇作家・小説家であるだけではない。アパルトヘイトの南アフリカから追放された著名な家族の一員として、そしてそれらの厳しい年月の怒れる運動家として、彼の政治的信任は印象的だ。
 
彼の父、A.P.ムダは、ANCのソ連との関わりなどに反対して1959年にそれと袂を分かった汎アフリカ主義会議(PAC)の「設立の精神」だった。政治的亡命の中で、ムダ父はレソトで法を訓練した。そこで彼は厳格なキリスト教徒として、PACのモットーの「奉仕、犠牲、そして受難」を具現化した。彼は、しかるべき顧客にほとんど、もしくはなにも彼の奉仕に対して請求することなく、貧困にあえぐ彼の家庭を、彼の息子の言葉を借りれば、貧民街の住民に動かした。その家には電気がなく、さび付いた波状になった鉄屋根があるだけで天井のないものだった。「トイレは外の穴で、我々は数本先の通りの共同蛇口から水を引かなければならなかった。ムダジュニアの悲痛な自伝の中にある基礎となる、そして時には最も重要なテーマは、彼の父への賞賛と、彼がそれに答えることに失敗したことだ。彼は、勇気を持って認めるには、物理的な臆病者だった。彼のたった一つの暴力的な政治行動に対する試みは、滑稽なものに終わった。彼は共産主義者のスパイと言われるものの殺人に関与したが、とても怖かったので彼は岩陰から現れ、彼のデリンジャー式ピストルを彼が殺そうとした人間に手渡してしまったのだ。
 
ムダ氏の私生活の騒動は彼の両親を悲しませた。彼は絶え間なく欲望を絶え間ない愛と勘違いし、たくさんの女性と軽い関係を持った。彼の3度の結婚のうち、2度目は、子供の親権の引き延ばされた戦いに終わり、彼の本の最後のページはこの前妻への執念深い非難によって台無しになった。
 
対照的に、ムダ氏は彼の公的人生においてかつてないほどの大きな成功を成し遂げた。彼の劇はあちこちで公演され、彼はヨーロッパや合衆国の文学祭でスターになった。30年前に彼が書いた劇である「我々は父なる地のために歌う」は、かつては彼の最も政治的ではない作品だと格付けられていた。その著者の言葉を借りれば、それは「解放闘争の退役兵たちがそれをもたらすために働いた新しい社会の中で、今では周縁に追いやられた人々の生活を見つめた」ので、それは今では彼の最も予言的なものと見なされている。
 
これは、その妻が嘆くように、その闘争の寄与が勝利を収めたANCによってすべて忘れられたA.P.ムダの運命だった。彼の父のように、ムダ氏もまた周縁化を感じていた。彼はいくつかの重要な文化的な、そしてメディアの職に応募し、面接はうまくいったが、そのたびに大統領の事務所によって否認された。彼は映画やテレビの制作会社を立ち上げる助けをしたが、「国営放送局の職員が制作者から要求された賄賂を支払うこと」を拒絶したあとに南アフリカ放送会社から新しい契約を取ることはできなかった。
 
彼はその母国から望まれなかったので、そこを去り、オハイオ大学で教授職を得、自分自身を説得した。自由な世俗の人道主義者として、「南アフリカ人」は、彼のいくつかのアイデンティティの一つにすぎないのだと言うことを。彼の母国への愛でいっぱいになった自伝は、そうではないと言っている。彼の小説もまた。
 
 
発行日: 
2012-01-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加