高級の当たり年ワインが安値で売りに出されている - ワイン購買

良いワインを追究し、高値を支払うのを避けることは簡単だ

悪いワインを飲むには、人生は短すぎる。しかし、もしこの厳しい時代に、ただ旅に出てもっともよいボルドーやブルゴーニュの年代物を買う余裕がなかったらどうだろう?幸せなことに、どこを探し回ったらよいのかを知っていれば、安値でよいワインを楽しむ方法がある。
 

1. 土地を選べ

安いブドウ畑が野心的で才能のあるワイン生産者を惹きつけているあまり知られていない場所を見つけなさい。ボルドーでさえも、そのような場所はたくさんある。コート・ド・カスティヨン、フロンサック、そしてブールでは、かなり低い価格でメドックとサン=テミリオンに驚くほど近くなりうる。

正しい白ブルゴーニュを探すのならば、サントバン、コート・シャロネーズ、そしてマコネを探すことによってお金を節約することができる。赤ワインならば、マルサネやサヴィニ・レ・ボーヌを狙いなさい。同じ原則を他の所でも応用する。サンセールではメヌトゥ・サロンを試しなさい。イタリアでは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノでは、モレリーノ・ディ・スカンサーノを試しなさい。
 

2. 年を知れ

ボルドーでは特に、2000、2003、2005、2009、そして2010といった偉大な年は、2001、2002、2004、2006、2007、2008といった「より有名でない」年に対して大きなプレミアをつける傾向にある。時に、これらのプレミアは単に正当化できない。例えば2001年のボルドー赤ワインの中には、より賛美された2000年のものよりも良いものがあり、しばしば値段が1/3だ。
 

3. 専門商から買え

一般的に良いワインを扱わず、めったにそれらを安売りしないスーパーマーケットよりも、専門商からの方がよいワインを安く手に入れることができそうだ。専門商は一方、おいしい取引を提供するビンエンドセールスをとてもしばしば行う。ベリー・ブラザーズ&ラッド、バイベンダム、ボルドー・インデックス、タナーズ、ワイン・ソサエティ、そしてファー・ヴィントナーズでのセールに注意しなさい。
 

4. 風変りなものは例外だ

素晴らしいワインを売っており、ワインの値段が25%引きになる定期的なセールをしているウェイトローズはスーパーマーケットルールの例外だ。9月には、フランスのスーパーマーケットでのワイン祭りでもいくらかの素晴らしい買い物ができるかもしれない。
 

5. まとめ買いの力

ワインを買う人は、しばしば魅力的な割引で売られているワインのまとまりである素晴らしいワインパックを見つけるべきだ。例えば、マジェスティック・ワインは最近、豪華に熟してよい価格のリオハの途方もないワイン蔵を手に入れた。他に探すべきものは、規格外ワインだ。これらは通常のラベルを張っては出荷できない余剰のワインで、しばしばその標準価格の数分の一で売られている。
 

6. もう一声、お買い上げ

オークションで購入することは、驚くほど、そして例外的に、素晴らしいワインバーゲンの実りが多い。クリスティーズ、サザビーズ、ボナムズ、アッカー・メラル&コンディット、ザッキーのような普通の国際的なものだけを調べていてはいけない。しばしばより小さな地域的オークションハウスの方が良くやる。ウェールズのアバガヴァニーのJストレーカー・チャドウィック&サンズはバイヤープレムアムをとらず、よい価格のワインをたくさん持っている。
 

7. オンライン

ワイン購入の黄金律は、本当に良い取引をしているか確認するために、オンラインと価格を比べることだ。最高のサイトの一つは、世界的な価格比較サイトであるwineseacher.comだ。中間業者による手数料を削減できるオンラインでワインを売買もできる。

推奨されるP2Pサイトの一つはベリー・ブラザーズ&ラッドのますます人気になっている取引プラットフォームのベリーズ・ブローキング・エクスチェンジ、またはBBXだ。他には、トム・カナヴァンのwine-pages.comのフォーラムのvinXcahnceの欄だ。他にチェックする価値があるのは、オンラインオークション業者の英国のビッド・フォー・ワイン(www.bidforwine.com)と合衆国のワインコミューン〈www.winecommune.com〉だ。
 

8. 直接購入

ワイン畑地域は、しばしば価値の高い良いワインの大変な素だ。しかし、注意しなければならない。生産者と地域がより有名になれば、プレミアムは高くなる。代わりに、ネイクト・ワインズ(www.nakedwines.com)、ヴィンヤーズ・ダイレクト(www.vineyardsdirect.com)、またはリアル・ワイン・カンパニー(www.therealsineco.co.uk)を試すとよい。
 

9. ワインを飲み、食事をする

すべてのレストランが、ワインを飲む喜びのために目の飛び出るような値段をつけるわけではない。だから、少しの現金支払いしか求めないワインにやさしいレストランを探しなさい。別の価格を求める戦略は、持ち込み可能なレストランにしばしば訪れたり、持込みに少額しか課さない既存店に自分のワインを持ち込むことだ。しかし、事前にこれができるのかどうか確認しておくこと。
 

10. 多様性はワインのスパイス

プレミアムを課すのはある特定のワイン地域だけではない。いくつかのワイン品種もそうだ。したがって、アリゴテ、ヴェルディッキオ、(特にドイツやオーストラリアからの) リースリング、シルヴァネール、そしてシュマン・ブランといった、それほど知られておらず、はやりでもない白ブドウ品種からできている良いワインを買うことは、割に合う。赤では、バルベーラ、ドルチェット、ネーロ・ダーヴォラ、ガメ、カリニャン、そしてカベルネ・フランがある。しかし、いつでもよい生産者を選ぶこと。
 

発行日: 
2012-11-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加