ランド・ポールの夢

リバタリアニズムはメジャーに昇格できるのか?

国の省庁を運営することを考えるとき、あなたの強い請願があなたの父親よりも風変りな人ではなくなっているとファンがしゃべりたてているのを聞くのは、ほろ苦いに違いない。しかし、それがケンタッキーからの上院議員で小さな政府主義者の星であるランド・ポールを賞賛する多くの共和党員の見方だ。彼らは彼を、普通の有権者への話し方といつ黙るのかを知っているという追加の才能を持っている、リバタリアンの間のカルト的な人物で、長きにわたる議員で、ホワイトハウスへの連続的な競争相手である彼の父親のロン・ポールの、価値のある相続人だと呼ぶ。父親のポール氏は、一切れの有権者の間で傾倒を吹き込んだが、それは究極的には彼の原理主義と狂気のオジサン的なやり方によって、縁に限られていた。若い方のポール氏は違っている、と推進者は言う。まったくより政治的な動物だ、と。

その州が2016年の最初の予備選を行うたった31か月前の5月20日にニューハンプシャーを訪れて、その1期目の上院議員は意義深い反応をひきおこした。彼は、ここ数年でパーティーイヴェントで見られた常連よりも多くの若者を含んだ、500人を超える共和党員に、資金調達ディナーで歓迎された。彼はまた、彼を「快いポール」と呼ぶTシャツを売る現地の共和党員にもあいさつされた。

ゲストの中には、そのシャツを無礼だと考えたものもいた。結局、ロン・ポールは2012年のニューハンプシャーでの共和党予備選で2位を占めたのだ。その州は、税金と国民の民間生活への介入を嫌う頑固なヤンキーに満ちているのだ。しかしより多くのゲストがその感情を裏書きした。ロン・ポールは、連邦準備銀行を廃止し、アメリカの外国軍事基地を閉鎖し、麻薬の合法化について州に決めさせたいと思った。彼は、イスラエルへの援助にすら疑問を呈した。彼が票のほんの少ししか得られなかったのもそれほど不思議ではない。

ランド・ポールは、連銀がカネを印刷することについて苛立つが、それを廃止することを望むよりも下で止めている。彼は、戦争は減らすが外国でのアメリカの存在は続けるということを意味する「現実主義」の外交政策に賛成する。彼はアメリカの旗を燃やす国への援助に反対する。しかし、彼の父親とは対照的に、彼は1月にイスラエルに旅行し、協力的に騒いだ。彼はそのキリスト教への信仰をはっきりと話している。彼は、非暴力的な薬物犯罪者への義務的な最低刑の廃止を要求しているが、薬物を合法化はしないだろう。彼は、自分がリバタリアンではなく、憲法に導かれた保守派だという。彼は堕胎と同性婚に反対しており、誰かが「服を着ずに発煙筒を持って走り回ること」をせかしたりしない。

つまり、彼はその父親よりも共和党員にとってより快くなろうとしているのだ。それが、なぜそれほど多くのたくましいニューハンプシャーの保守派が彼をひと目見ようとやってきたのかを説明する。彼らの州の伝統では、有権者が大統領候補者に戻ることを拒絶することについて冗談を言うところでは、彼らはたった2回しか会っていない。その上院議員は、ブレザーとタイに青いネクタイをして、魅力を定着した。彼は、大きな政府について獰猛だというよりもむしろ嘲笑的で、彼の目標を広く選んでいる。彼は、申し立てられた税務官によるいじめや、報告された医療事故への14万の連邦によって命じられたコードを攻撃した(それには犠牲者が「かまれた」か「叩かれた」かによって分けられた、2つの亀によるけがが含まれた)。

職業上医者の目を持ったポール氏は、政治における彼のもっとも有名な瞬間を誇り高く参照した。バラク・オバマがテロとの戦いで無人機を使うことに対する3月の13時間に及ぶ議事妨害だ。その間に、彼は、戦いに関与していないアメリカにいるアメリカ国民を殺すために無人機を使う法的な権利を大統領が主張しないと役人がはっきりさせるまで、CIA長官の任命を妨害するために、彼は話しに話したのだ。ポール氏の疑問は、実体に対するポピュリズムの勝利だった。本国での無人機攻撃は、アメリカ人をおののかせるかもしれないが、決して起こらない。当局は無人機なしで本国において容疑者を捕らえる(または殺す)能力をすっかり持っているのだ。悲しいことに、ポール氏は、海外での無人機攻撃、すなわち実際に起こるもの、の合法性について、たぶんほとんどのアメリカ人が支持するので、何の答えも探らなかったのだ。

時に、その若いポールのポピュリズムは沈黙を伴う。ニューハンプシャーでは、彼は多くの共和党員によって嫌われる立場について言及しなかった。何百万人にも市民権への道を開く、移民制度改革への条件付き賛成についてだ。時に、それは彼の後背地を示させることを伴う。最近の演説では、彼はパブロ・ネルーダの愛の詩、T.S.エリオットの詩歌、そして1980年代のスコットランドのポップデュオ、プロクレイマーズの詞の一節を暗唱している。
 

ケンタッキー・フライド・鳩

しかし、若い方のポール氏は彼の父親の単なるより近づきやすい版ではない。ロン・ポールは共和党員のバラ飾りをかぶったリバタリアンだった。彼の大統領選出馬は、教育学の実践だった。彼の息子は世俗的な目的を持っている。ロン・ポールの引退の後、彼の息子は、財政保守主義、個人のプライヴァシー、自由、制限された政府、そしてそれほどけんか腰ではない外交政策をめぐる、独特な連合を打ち立てたとして彼を賞賛した。その連合は、党派、階級、そして人種の境界を越え、2大政党制に支配されていない世界で「競争できた」とランド・ポールは書いた。

近づいてみると、ランド・ポールは二大政党の世界ですらも勝つことができる連合を打ち立てようとしている。南部では、彼は福音派と銃保有絶対主義者に言い寄っている。ニューハンプシャーでは、彼は「白人の党」になることに対して警告している。彼は、テロの容疑者への法手続きの権利を守り、硬直した薬物法を攻撃し、(いくらかの混乱の後で)彼が民間事業を覆うための市民権法のためにそれが正しいをはっきりさせることによって、市民リバタリアン、若者、そして黒人に言い寄っている。

それは、ポール氏がはっきりと説明するのを難しくしている。彼は、彼の党の左へ、そして強硬派の右の上に、同時にいる。彼は、とても原理的なのでたった18人の上院議員しか賛成しなかった連邦予算の草案を書いている。彼は、水量の少ないトイレについてわめくための環境的規制者への上院公聴会を使って、奇妙になりうる。彼はいじめっ子になりうる。消費者について反対の選択にもかかわらず、彼女が堕胎に賛成だったかどうか同じ規制者に尋ねることによってだ。時に、彼は勇敢に真実を語る。時に、彼は恥知らずにも迎合する。彼は確かにその父親ではない。しかし、父親のように、彼を大統領としてみるのは難しい。
 

発行日: 
2013-05-25
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加