男社会の救世主

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

兵站についてはどうなのか?彼女は、散らばった人々を試合に運ぶだろうバス専用レーンと地下鉄路線を示す地図を指し示す。リオの(権力が連邦、州、そして地方政府に分けられており、軍隊が町の中で土地の大部分を持っている)ビザンチン風政府についてはどうなのか?彼女は問題となるすべての人を知っているようだ。犯罪についてはどうなのか?彼女は、それが彼女の責任ではないことを注記するが、新たな「慰撫」警察が良い仕事をしていることを示す数字を引用する。バストス・マルケス女史は、その大会が彼女の故郷の町を変えてほしいと思っており、長期的な成長の基礎の敷くために、港湾地区を更新するという30年にもなる計画と言った何年も本に載っている計画を加速している。

バストス・マルケス女史がこの過酷な仕事に与えているものは、ラテンアメリカで最も人口の多い国での女性の上昇の別の例だ。ブラジルは、女性大統領ジルマ・ルセフを持っており、女性が彼女の内閣の26%の席を持っている。ペトロブラスの社長マリア・ダス・グラサス・フォステルは、世界の大石油会社の中で唯一の女性社長だ。コンサルタント会社のグラント・ソーントンは、ブラジルの主導的企業の上級管理職の27%を女性が占めていると報告する。それに対して、世界平均では21%だ(スウェーデンが23%を何とか達成し、英国は20%、そして合衆国は17%だ)。ビジネス雑誌のフォーブスは、その国の億万長者の20%が女性で、それに対して世界平均は10%だと計算する。ブラジルは、フランス(52%)や英国(57%)のような先進国よりも高い労働力における女性の割合(59%)を持っている。それから、ふたたび、専門的な女性が繁栄している一つの理由は、子供を気にかけ、家の掃除をするために、労働者階級の女性を雇うことが、彼らにとってとても簡単だということだ。ブラジルは約700万人の家事労働者がおり、そのほとんどすべてが女性だ。

全ての数字がそれほど喜ばせるものではない。別のコンサルタント会社のマッキンゼーは、女性が役員会のたった7%しか占めていないと計算する。下院の9%以下の議席しか女性によってもたれていない。しかし、その変化は劇的だ。ブラジルは、かつてはマッチョな家父長的な種類の場所だった。1960年に、女性は平均6人の子供を持ち、家の外で働いていたのはたった17%だった。女性は、特に大きな町で、仕事場に流れ込んでいる。アメリカのシンクタンク才能革新センターの理事シルヴィア・アン・ヒューレットは、彼女の調査したブラジル女性大卒者の80%が、その職場で最高職に就きたいと思っており、それに対してアメリカのそういった女性たちは52%だ。

この特筆すべき変化を何が説明するのだろうか?ブラジルは、理論的には、エリート大学や政府で長い間開かれた競争をしてきた。しかし、ほんのかなり最近になってから、改善した学校教育と女性一人につきたった1.8人に下がった出生率の下落のおかげで、女性がこれを利用できるようになった。女の子は今学校で男の子よりも良い成績を収め、大卒者の60%を占めている。社長たちの現在の世代の中には、異常なオッズの中で成功した人もいる。フォステル女史はファヴェーラで生まれ、8歳の時にくず拾いとして働き始めたが、最後には工学の学位とMBAを得た。今、そのオッズは小さくなり、その数は劇的に上がりそうだ。

2番目の答えは、累進的な社会政策だ。ブラジルは、何十年もの間フェミニスト運動の声を持っており、2003年から女性省を持っている。ルセフ女史は、彼女の政府の中で、女性の昇進のために懸命に闘っている。地球規模の会社の中には、そのブラジルの職場をより女性にやさしくするよう突撃しているものもある。例えば、女性が管理ポジションの35%を満たしているウォルマートの現地法人は、女性の労働委員会を持っている。
 

時に、女性の評価は後援者を持っている

しかしながら、これよりも多くのブラジルの女性化がある。強力な政治家は、幸運な数少ない女性を昇進するのに後援の古くからの芸術を使っている。ルセフ女史はフォステル女史のパトロンの役割を果たし、2003-05年に鉱業エネルギー大臣だった時に彼女を雇い、後に大統領として、彼女をペトロブラスの責任者につけた。ルセフ女史自身も、その前任者、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァの被保護者だった。その国の9人の女性億万長者のうち8人は、その富を父親か夫から受け継いだ。9人のうち二人はブラジルの最大の有料道路の有力者の娘だ。

依然として、どの国でも、そしてとりわけブラジルで、現代性に向けて直線で進むことを期待するのは無邪気だろう。(ヴィニシウス・ヂ・モライスとともに)世界に「イパネマの娘」を与えた音楽家のトム・ジョビンはかつて、「ニューヨークは偉大だが、それは混乱だ。リオは混乱だが、偉大だ。」と言った。ブラジルがバストス・マルケスやルセフやフォステルのような女性を生み出しているということは、30年にもならない昔に保守的な将軍によって依然として運営されていた国が劇的な進歩をしているという証拠を提供する。それはまた、リオなる混乱が成功するオリンピックを生むという望みを提供する。
 

発行日: 
2013-06-15
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加