落ちる煉瓦 - タジキスタンの抑圧

その大統領は、きちんと調整されておらず、連絡が取れず、散財している

エモマリ・ラフモンがその息子の結婚式で歌って踊るビデオが最近オンラインに現れた時、その政府はそれをタジキスタン大統領の人間的な側面をほめたたえるために使えたかもしれない。代わりに、それはユーチューブを遮断し結婚式の写真家たちを尋問し始めた。

それは単にラフモン氏がきちんと調整されていなかったからではない。大統領選挙がこの秋に近づくにつれ、21年間権力を握っているその独裁者は、ますます音信不通になっているようだ。西側にとって、これはアフガニスタンからの穴だらけの国境をすぐまたいだところに不安定の影を提起する。タジキスタンはすでに、アフガニスタンから引き揚げている少量のNATOの装備品の積み替え経路だ。それはまた、もしその地域の西側の他の変動的なパートナーが信頼できないとわかった時のための重要な代替経路でもある。

タジキスタンは、信頼できる観察者によって公平だと判断された選挙を一度も行っていない。しかし、今年の政府の批判者との抗争は、特に物騒になっている。3月にその一人の足取りが消えた。4月にあるイスラム教の反対人物が野蛮に打ちのめされた。5月に元産業大臣でいまは実業界にいるザイード・サイドフは、政党を立ち上げた後に8年になる汚職の罪で逮捕された。

いま、彼は、報道で中傷されており、弁護士との限られた接触しか持っていない。タジキスタンの最高の精神の何人かである、彼の党の仲間は、嫌がらせを受けている。落ちてくる煉瓦に気をつけるよう警告を受けているのだ。匿名の電話と(依然として愛情にかけてKGBとして知られる)スパイサーヴィスの愛想のよい代理人からの死の脅しは、その子供にも及んでいる。「独立後20年間でこれほど悪かったことはない。」サイドフの訴訟が中産階級を政治からさける警告であるとみている、ある報道の自由の活動団体の長ヌリディン・カルシバエフは語る。

ラフモン氏は、野党イスラム復興党といくつかの批判的な新聞を指し示すことによってその多様性を証明したがる。しかし、その党は、盗まれた選挙、脅し、そしてその指導者に対する暴力的な攻撃によって牙を抜かれている。4月に、それが国際会議を開こうとした時、その体制はその会議が終わるまで空港でヴィザの発行を止めた。

一方、国立テレビは旗を振った子供たちが彼のための詩を読む退屈な儀式を通して、ラフモン氏に義務のように従う。ラフモン氏は一つの取り柄を持つ。1990年代に(現在の人口が800万人近い中で)5-10万人が殺された内戦を終わらせるのを助けたことだ。タジク人はアフガニスタンのその民族的親類よりもタジキスタンでよい生活を送っている。

しかし、その大統領のピースメーカーとしての評判は、もはや十分ではないかもしれない。戦後世代は仕事を見つけることができない。経済は、その大統領の家族が成功した事業を取り上げる好みを持っているので、人質にとられている。西側の外交官がそれを要約するように、「これは、そのエリートたちができるうちにポケットを満たしている封建制度だ。」

ラフモン氏は、ロシアとの不安定なつながりに片目を向けているようだ。その元中央アジアの属領に介入するロシアの歴史に注意して、彼はそれがサイドフ氏のような身代わりを支持するかもしれないと恐れる。クレムリンは、ロシア最大の外国の非海軍軍事基地のリース期間延長を避けているラフモン氏に不満を持っている。何人かのほかの批判者がロシアに住んでおり、衛星テレビとインターネットを通してラフモン氏を苦しめている。

ロシアは別の強力なてこを持っている。タジキスタンの労働年齢人口の半分になると計算するものもあるものを含んだ、少なくとも100万人のタジク人がそこで働いているのだ。彼らの送金はGDPのほぼ半分に等しいところまで積みあがっている。ラフモン氏は、もしロシアが忍耐を切らせば、出国したタジク移民の何機か分の乗客が、首都のドゥシャンベで大混乱するだろうことを知っている。
 

発行日: 
2013-07-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加