不気味の谷の地図を作る - ロボットと心理学

 

なぜアンドロイドは恐ろしいのか
 
人工的に作られたものは、描かれたものであれ、彫られたものであれ、それらが明確に人間でないときに、見る人によって温かく受け入れられる。その見た目がよりリアルになるにつれ、しかしながら、類似性が快適さの戻ってくるほぼ完璧になるところになるまで、受容は不快に変わる。明白に人間でないものと明白に人間の形の間の受容のくぼみのために「不気味の谷」と呼ばれるこの効果は、特にアニメーターにはよく知られているが、なぜそれが起こるかは謎だ。それがすべて外観のためだと示唆するものもいるが、コグニション誌に公表されたばかりの北カリフォルニア大学のカート・グレイとハーヴァードのダニエル・ウェグナーによる研究は、ほかに関わっているものがありうると論ずる。あるべきところではないところでの明白な精神の存在だ。
 
何人かの哲学者によれば、精神は二つの部分から去っているという。機関(物を計画し、実行する能力)と経験(物を感じる能力)だ。どちらも人をロボットから分けるが、グレイ博士とウェグナー博士は、経験は特に不気味の谷効果を生み出すのに重要な役割を果たしていると推測した。彼らは、ロボットに人間のような眼と顔の表現を加えることは見る人が感情があると予想していないところに感情を運ぶと立論した。結果として起こる期待の破壊が、不安が来るところかもしれないと彼らは考えた。
 
この考えを試すために、その研究者たちは、「デルタ=クレイ・スーパーコンピューター」についてのアンケートを、地下鉄の駅とマサチューセッツの大学食堂で見つけた45人の参加者に提示した。1/3がこの機械は「普通のコンピューターだが、より強力だ」と教えられた。別の1/3は、それが「飢え、恐れなどの感情」を感じることができると教わって、経験の能力があると聞いた。残りは、それが「自己管理と事前計画の能力を持つ」と教わり、それ故にそれは機関を持つと示唆された。参加者は、1が「まったく」で5が「極端に」という尺度で、どれほどそのスーパーコンピューターによってびっくりさせられたかを格付けするよう頼まれた。
 
グレイ博士とウェグナー博士は、ほかのコンピューターよりも強力だとか事前計画ができるというスーパーコンピューターの考えを提示された人々は、それほどびっくりしなかったことを発見した。彼らはそれにそれぞれ1.3と1.4の点数をつけた。対照的に、感情を経験する能力のあるコンピューターの考えを提示された人々は、その機械に平均3.4点を与えた。これらの結果は、その研究者たちの仮説と合っている。期待されていないところで感情を見つけたことが人々を狼狽させたようだ。これは、グレイ博士とウェグナー博士に、もし逆に期待されたところで経験がないことを見つけたら、同じように狼狽させられるのではないかと思わせた。
 
これを見つけるために、彼らは先の実験と同じやり方で見つけた更なる44人の協力者に男の写真を提示した。1/3が彼は普通だと、1/3が彼は計画を立てることができないと、そして1/3が彼は痛み、喜び、そして恐れを感じることができないと教わった。最初の実験のように、参加者は5段階の尺度でその男にどれほどびっくりしたかと格付けした。
 
その男が普通だとか計画できないと教えられた人々は、それぞれ平均1.8と1.9の点数をつけた。彼が怒り、喜び、恐れを感じることができないと教わった人々は、はるかにびっくりした。彼らは平均3・0点を与えたのだ。
 
グレイ博士とウェグナー博士は、彼らの発見が不気味の谷効果の大部分が期待が合っていないところに起因すると論じていると信じている。ロボットは感情を持っているとは予想されておらず、そのような感情が見つかった時、それは何か間違っているように見える。対照的に、人は、感情を持っていると期待され、そのような感情が見つからないとき、その効果は同じように恐れさせる。彼らの結論は、おそらく、究極的なロボットが肉体的に人間に似たものだとみている人々に再考を促すだろう。
 
 
発行日: 
2012-07-21
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加