保護された楽観主義 - ジンバブエの安全保障会社

一人の女性の成功した事業が、ほかの人々が後に続くのを勇気づけている

「執行、執行、執行」従業員の中に銃を持っているものもいる場所では不適切なモットーのように見える。幸運なことに、ジンバブエの首都ハラレにある会社のセキュリコの受付にあるポスターは、素晴らしさへの呼びかけだ。それはうまくいっているように見える。ディヴァイン・ンドゥルクラによって彼女の台所机から1999年に始まったその会社は、その会社のもっとも成功した安全保障会社のひとつになっている。

ンドゥルクラ女史は、競争者が顧客を当然のことだと考えてカルテルのように営業していたと語る。彼らの従業員は、動機づけが低く、ストライキが頻繁に起こっていた。国連の国際労働機関による2008年の報告は、上昇する犯罪に反応して急速に成長しているその国の安全保障産業の多くの労働条件を非難した。

ンドゥルクラ女史は、職員にその仕事に価値を持たせるよう奨励し、彼らをよく訓練した。それが、セキュリコを、今年1,600万ドルを超えるだろうと彼女が期待している売上を持つ、ジンバブエの三大安全保障会社の一つにしている。これまで、セキュリコはロバート・ムガベの体制の執行者であるジンバブエの治安部隊からいかなる歓迎せざる注意も惹くことなくその成功を成し遂げているように見える。間もなく、それはザンビアやほかの南部アフリカに広げたいと望んでいる。

その会社は、単に警備員提供から出発したが、警報装置、緊急対応チーム、CCTVそして秘密調査に手を広げている。現金運輸も大事業だ。その国が独自の(今は価値のない)通貨ジンバブエドルを依然として使っていた時、強盗は珍しかった。その犯罪を儲かるものにするために盗まなければならない切り立った量の札は、障害だった。今、ジンバブエはアメリカのドルを採用しているので、現金はより魅惑的で、セキュリコの主要な仕事の一つはそれを安全に国中に運ぶことだ。その会社はまだ強盗の犠牲者になっていない。そのためにンドゥルクラ女史は感謝している。「従業員が毎日死んでいるところで事業をしたいとは思わない。」彼女はひねくれて語る。

最初の潜在的な顧客は、女性が営業している安全保障会社を真剣にはとらないだろう。しかし彼女は徐々にそのようなマッチョな姿勢を克服した。現在彼女は女性を募集するのを忘れない。その会社の3,600人の従業員のうち、900人が女性だ。女性はすべての階層で働いている。経営陣の70%と上級管理職の半分が女性だ。ほぼ3人に1人の彼女の「職人」(危険な警備業務を行う人)は女性だ。顧客に女性が警備業務をできると説得するのは難しかった、とンドゥルクラ女史は語る。「私は本当に彼らを説得するために町へ行かなければならなかった。」しかし彼女は彼らを説得したのだ。

ンドゥルクラ女史は、ジンバブエ商工会議所のハラレ支部を主宰する。何人かは彼女に感銘を受けた、より多くの女性たちが、自分の事業を立ち上げることを望んで参加している、と彼女は語る。セキュリコの成功は、その国の問題にもかかわらず、そこで事業を打ち立てることは可能だと示している(たとえンドゥルクラ女史の成果はまたジンバブエの継続する不安全を幾分かは反映しているにしてもだ)。商業省によって設立されたワンストップショップは、その過程を少し簡単にしている。彼女はそれをさらに簡単にするために活動している。「人々に事業を始めさせることは、政府の関心事だ。」彼女は語る。そしてもしこれらの新しい企業の所有者が安全について心配するのならば、ンドゥルクラ女史と彼女の男勝りの歩哨の一員が彼らを守るためにそこにいるだろう。
 

発行日: 
2012-09-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加