変化の種 - 事業のための考え

いかに小さな革新が農産物保険を貧しい農民の手に届くところに置いたか

北エチオピアの岩が散らばった高地のティグレ地方は、革新的な金融製品を見つけることが期待できるような場所のタイプではない。そこの住民はほとんどが、絶え間ない旱魃の結果として貧しくて不作に脆弱な農民だ。それがまさに、貧しい国々が気候変動に対処するよう助けることができる新種の保険の試験地域として、その地域が選ばれた理由だ。

その考えは単純だ。旱魃が襲った後に農民を助けるのに食糧援助に頼る代わりに、援助機関は災害が襲う前に彼らのために農産物保険に契約することができる。雨が降らなかったとき、農民たちは次の種まきに必要な資産に手を突っ込むことなしに食料を買うための農産物保険支払いを使うことができる。「それは、所得とは関係なくできる。」その計画を調整しているオックスファム・アメリカの気候変動部長デヴィッド・ワスコウは語る。「さもなければ、あなたは崖から落ちてしまう。」

エチオピアでのその計画は、地球温暖化に責任を持つ事業事例を打ち立てるための保険産業の長い戦いの最新の一歩だ。水が乾ききった時までに、その産業は、過去2年間での22億ドルから上がって、810億ドルの保険補償の請求に直面していることが分かった。「ハリケーン・カトリーナ以降の世界は、違ったものになっている。」ドイツの再保険大手のミュンヘン再保険の地球リスク調査部門長のピーター・ヘッペは語る。請求の上昇は、保険業者により予測できない気候の責任を取らせ、代わりに保険料が上がっている。スイス再保険の上級気候変動顧問アンドレアス・シュピーゲルが言うように、「保険は気候変動に値札をつけている。」

より高い保険料への恐れは、変化への動機づけとして機能しうる。例えば、しっかりとした洪水管理や厳しい建設規則を持った社会は、より低い率を享受するだろう。しかしながら、そのような動機づけは、たとえ大都市でも基本的な公共社会資本に欠け、個人が高価な民間農業保険は言うまでもなくどのような種類の保険を買う余裕もないほどに貧しい最貧諸国では機能しない。

それが、オックスファムのエチオピアでの経験が役割を持つところだ。約1.3万の家計を覆うその農産物保険計画は、豊かな国々が彼らの排出が原因となる損害への勘定書を取り上げることができるようにする。その保険料は世界食糧計画を通して国際的支援者によって支払われる。代わりに、受領者はその共同体がより荒々しい気候に対処できるようにする公共の土木作業に協力することが必要になる。貯水池を掘り、畑を段丘型に整備し、ダムを建設することだ。エチオピアでは、農民たちは彼らの保険料の割合を支払うために、平均して年に2週間作業する。似たような考えは、16の島国が2006年に、支援者によって補助された保険料で、ハリケーンに対する保険を取り上げるために団結したカリブ海諸国での多国籍保険計画の創出を動機付けた。

保険に何ができるかには限界もある。合衆国の納税者は農産物保険に補助金を出すために去年90億ドルを費やし、批判者が貧弱な土地の利用を奨励すると言うことを支持する。もし旱魃が北エチオピアで定期的な特徴になれば、農産物の填補はより多くの援助を送るための複雑な経路にすぎなくなるかもしれない。「いくつかの場所では、保険は単にもはや意味をなさない。」ヘッペは語る。「これらの場合、ほかの解決法を見た方がよいだろう。」すべての農民にとって最善の保険は、単に炭素排出を削減することかもしれない。
 

発行日: 
2012-09-24
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加