平和の進展 - 紛争解決を売る

北アイルランドは助言のたくさんの輸出者になっている

何年もの間、北アイルランドは、その困難をいかに終わらせるかの助言の大きな純輸入者だった。ネルソン・マンデラは、完全には成功しなかったけれども、1997年に統一派と共和派を和解させようとした。その2つの陣営はお互いとても敵対していたので、南アフリカの当時の大統領は彼らに別々に演説しなければならなかった。アメリカの元上院議員ジョージ・ミッチェルは、準軍事的集団にその武器を捨てるよう刺激した。これらの努力は、北アイルランドをほとんど平和的な場所に変えるのを助けた。そして、助言のやり取りは壮観に反転している。

北アイルランド議会の元議員のアルダーダイス卿は、エジプト、ネパール、フィリピンなどの世界の現在の最近の問題を抱えた場所を旅してまわり、その地域の物語を聞かせる。バーレーン、イラクや多くのほかの国々から、その変化を目撃するために、使節団がベルファストを訪れる。「ある種の魔法がすり落とすことができるという感覚がほぼある。」トニー・ブレアの首席補佐官として北アイルランドの平和仲介を助けたジョナサン・パウエルは、ミャンマーから電話で語る。

古い対立は、この成功物語を売るために忙しさの中で踏みつけられている。統一派の国会議員ジェフリー・ドナルドソンは、かつてロンドンから北アイルランドの和平過程への障害だとみられていた。しかし、彼のコーズウェー研究所は、別の地球を駆け回る平和推進者だ。それは春にアフガニスタンで会議を開く。統一派はまた、共和派の闘士が1980年代に絶食して自殺したメイズ牢獄の再開発への反論を取り下げている。欧州連合の贈与のおかげで、「平和と和解センター」が、地元の人と同じく海外から訪問者を惹きつけることを意図して、そこに建てられることになった。

北アイルランドの平和は、ベルファスト市役所に翻るユニオンフラッグについてのロイヤリストのデモと暴動により、この冬に壊れている。それは、営業の売り込みを複雑にしている。元アルスター大学の教授でさらに別の平和使節のポール・アーサーは、燃えている車はテレビ映りが良いと心配する。しかし、世界は、分離派の暴力から機能する民主主義への変化について、悲劇的なほど少ない最近の例しか持っておらず、参加者が英語という国際言語を使うところではさらに少ない。この輸出産業が成長することを期待する。
 

発行日: 
2013-02-09
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加