荒れた境界 - カナダの騎馬警官隊での性差別

女性隊員が隊列の中で嫌がらせを主張する

初期ハリウッドの騎馬警官隊は、いかに女性を扱うかを知っていたことで有名だ。彼は荒れ地の中で彼女を守り、アメリカの悪漢から彼女を救い、もしロマンティックな気分になれば、山頂で彼女とともに歌った。しかし、女性は厳格に救う対象だった。もしその騎馬警官隊が正義を追究するために走り去る時に女性のパートナーがいれば、彼女はたぶん馬だ。

王立カナダ騎馬警察(RCPM)は、1974年の女性の募集を始めた。彼女たちは今、その7,000の補助職員のほとんどとともに1.9万の職員の1/5をなしている。しかし、ほぼ300人の現在そして元女性騎馬警察が参加したいと期待している、最近始まった性的嫌がらせへの集団訴訟は、「いつでも犯人を捕まえる」ことで有名なその部隊が、依然としてほとんど女性を「得て」いないことを示唆する。申し立ては、幼稚な悪ふざけ(ある伍長は夜間勤務中にゴム人形と一緒に勤務していたと言われる)から物理的虐待までにわたる。ある女性は、1980年代に馬の肥しの間を引きずられたと主張する。弁護団は静かに降りるようだ。部下と性行為をし、同僚に露出し、職務中に酒を飲んだと認めた下士官は、単にほかの州に飛ばされただけだった。

その部隊は問題に気付いていなかったと主張することはほとんどできない。1990年代半ばの最初の調査では、女性従業員の60%が性的嫌がらせを受けていると不平を言っていた。毎年、その部隊は(非性的なものも含めて)約145件の正式な嫌がらせの不平を受け取る。さらに多くが記録されない非公式な解決に達している。

高級将校たちは遅ればせながらおずおずと足を踏み出している。6月19日に施行された法は、不平の過程を合理化し、データ収集を改善した。RCMPの委員長ボブ・ポールソンは、その部隊が現代の事業実践と並行しておらず、その文化は変わらなければならないと認める。にもかかわらず、彼はその部隊が「これらのわずかな悪いリンゴ」が、その職を適切にこなしている騎馬警察間の公的な信認を過度に侵食していると考えている。

RCMPは、困難な戦いになるだろう性的嫌がらせへの主張に払われている注意があるけれども、より多くの女性を募集しようとしている。今のところ、それは、RCMPの中での女性についてのページが、最初にその歴史的貢献を「妻として務める」と褒めたたえている、そのウェブサイトを更新したいと思っているかもしれない。
 

発行日: 
2013-06-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加