商業と意識 - ソーシャル・インパクト・ボンド

公共サーヴィスへの金融の新しい方法は推進力を得ている

中央ロンドンの湿気た朝6時半に、その町はすでに忙しい。バリスタはコーヒーショップの中で準備している。事務所清掃員は仕事をしている。そして慈善団体や地元自治体からの福祉チームは、野宿者を見つけ道から追い出すために、早朝シフトで働いている。

ほとんどのチームにとって、優先順位は、新しくホームレスになった人々を見つけ、彼らがパターンにはまって落ち着く前に素早く彼らのために寝床を探すことだ。セント・ムンゴスというホームレスのための慈善団体で働く福祉ワーカーのカス・シムスは、しかしながら、新来者を探してはいない。彼女は、道から彼らを追い出すという狙いを持って、415人の習慣的な野宿者の特定集団の中の人々の場所を定めようとしているのだ。

それは、彼女を大きな財務的実験の前線にも置く。彼女の仕事は、もし社会的目標が達成されれば民間投資家に配当を約束する「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」という道具によって資金を得ている。その債券は、セント・ムンゴスと(別の400人かそこらのホームレスの人々に責任を持つ)テムズ・リーチという別の組織で分け合う500万ポンド(800万ドル)を投資家から調達した。

その資金は3年計画の資金源となり、その成功は路上で寝る野宿者がすごした夜の数から彼らが病院を訪れた数まで、すべてのもので測られる。目標に到達した時、SIBの委託組織である大ロンドン当局(GLA)から投資家に支払いがなされる。

その協定はすべての関係者に合う。野宿者は自己救急病棟を含んだ政府サーヴィスの頻繁な利用者だ。その数を減らすことは、目標が達成されれば投資家に支払われる資金を調達するのに十分なだけGLAが節約できて当然だ。公共支出が圧力にさらされるのと同時に、納税者は結果が達成された時だけ支払う。投資家は、もし目標が達せられれば、6.5%までの彼らをそそのかした収益の見通しを持っている。

セント・ムンゴスのような組織について言えば、彼らは通常の政府契約よりも長期間の前払い資金を得る。それは重要だ。シムス女史が調べる人々の一人は、暴力の履歴、常習薬物中毒、そして一連の服役刑を持った長期の野宿者だ。彼女は彼と関係を築くのに時間が必要だ。こんにちはを言うために立ち止り、彼にたばこを巻くのはその過程の一部だ。彼をホステルになだめすかして連れ込むのは正しいやり方ではない。彼はついには逃げ出し、最後には彼を恒久的な宿所に入れるのをより難しくするだろう、彼の記録に立ち退きの字が残る。優先順位は、彼をメタドンに移すことによって彼の薬物乱用を管理下に置き、その時点で宿所について考えることが可能になる。それはすべて時間がかかるのだ。

ホームレスのSIBは、英国で今発行済みか開発中の14のうちの一つだ。英国はピーターバラでの囚人リハビリ計画への債券金融で2010年にその道具を発明した。その考えはまた、どこでもファンを得ている。ニューヨーク市は、リカース・アイランド刑務所の囚人の間での常習犯に取り組むために去年SIBを始めた。さらに三つのアメリカのSIBで作業が行われている。一つはニューヨーク州で、二つはマサチューセッツだ。その三つすべてに技術的支援を提供しているハーヴァード大学教授のジェフリー・リーブマンは、SIBを立ち上げるための助けを受ける他の州や地方政府からの申請を招いている。28の申請があった。

そして、「開発インパクトボンド」の名前で行われている新興市場でのSIBへの関心が増している。貧しい国でのSIBの設計に捧げる新興企業のインスティグリオのマイケル・ベリンスキーによると、社会的安全網が薄いので、新興市場では投資家に払い戻すための政府の節約の範囲が小さいという。だから、国際開発機関は、スポンサーとしてより活動しそうだ。ベリンスキー氏は、ラジャスタンの少女たちの教育的結果を改善するためのインドと、10代の妊娠と学校中退率を減らすためのコロンビアでの潜在的SIBについて働いている。

SIBについてのざわめきが増すにつれて、疑問もまたより鋭くなっている。(例えば就学前教育の大学合格への影響などの)影響が出るのに長い時間がかかる計画は投資家の関心にならない。結果を測るのによいデータが重要だ。それは発展途上国で問題になりうる。

最も厳しい疑問は、もしSIBが真剣な額の資金を惹きつけるのならば、投資家が要求するだろう収益についての懸念だ。ピーターバラのSIBは、もし再犯率が十分に下がったのならば13%までの年換算収益をぶら下げる。しかし、投資家は、もし再犯が少なくとも7.5%下がらなければすべてを失う。その種の資本リスクは多くを惹きつけない、と市民社会担当内閣府大臣のニック・ハードは認める。「SIBは、それらがより債務証券のようになるよう進化する必要がある。」
 

兄弟のライヴァル

ただそのような進化の兆候は、明らかになっている。ニューヨーク市のSIBは、その慈善的イメージと同様にゴールドマンの取引の評判で補強する。財団のブルームバーグ・フィランソロフィーズからの保証は、もし再犯目標が達成されなかったときに銀行が失いうる資金の量に上限をかける。このモデルが、慈善家が投資家の元本の一部が帰ってくることを保証して、より多くの資本を持ち込む方法になると考えるものもいる。

別のオプションは、SIBからの収入を他の資産と混ぜ合わせることだ。社会的投資に捧げる英国の慈善団体アリアは今月、SIBを始めて小口投資家が購入できるようにした。1,000ポンドの投資ごとに、780ポンドが社会的住居提供者への固定金利融資に行く。それは、金利とともに返済されれば、投資家がその資金を取り戻すことができるようにする。別の200ポンドは、エセックスの困難を抱えた子供たちへの治療支援を提供するSIBへ行く。それは投資家に潜在的収入を提供する。(後の20ポンドは手数料だ。)これらは依然として初期段階だが、大きな考えはしばしば小さく始まる。
 

発行日: 
2013-02-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加