よい支払いを受ける - ソーシャル・インパクト・ボンド

若者を牢獄から出し続ける役に立つ枠組みがアメリカにやってくる

小さな教室で、4人の10代の少年がお互いの冗談に笑って目をきょろきょろさせる。時にスペイン語で話すその教官は、彼らに将来について考えるよう促す。一人は、家族のために、「とても大きな家を買いたいんだ。」という。車について働きたいと思っているものもいる。3人目は家族の再会が素晴らしいと考えている。その教室は、ニューヨーク市最大の牢獄であるリッカーズ島にある。その若者たちは、認知行動療法を通して彼らが個人的責任に焦点を当てる役に立つ青年行動学習経験(ABLE)計画に参加している。その計画の目標は、若者の間の再入獄率を減らすことで、それはソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を使って資金供給を受けている。

SIBは、財政的に圧迫された自治体と公的事業に資金を出す民間投資家を納税者への初期費用なしで結びつける実験的な金融手法だ。成功報酬型契約としても知られるこれらの計画は、2010年に英国のピーターバラ刑務所で始まった。インプットに対して支払う傾向にある社会計画へのほとんどの金融とは違って、SIBは結果による。ニューヨークはアメリカでこれを試す最初の町だ。その社会計画に空想的慈善家的な金融をする英国とは違って、ニューヨークには、ウォール街の銀行のゴールドマン・サックスがついている。それは4年間にわたって960万ドルもをその計画に拠出する。これは慈善的寄付ではない。ゴールドマンの都市投資グループ長アリシア・グレンは、「それは真の融資だ。」と語る。

もしリッカーズの未成年の再入獄率が10%下がれば、ゴールドマンはその資金を取り戻す。もしそれが10%よりはるかに下がれば、ゴールドマンはかなりの利益を得るだろう。しかし、もし率が目標に達しなければ、ゴールドマンは金を失うことになる。ニューヨーク市の億万長者の市長のマイケル・ブルームバーグは大きな支持者で、彼の慈善団体ブルームバーグ・フィランソロフィーはその融資の720万ドルを保証している。

幾分かは若者は獄中に長いこといないので、その目標に合わせることは難しいだろう。多くは審理か移転を待っており、だから島にとどまっているもののほとんどはほんの数か月だ。これは、ABLEの監視と実行の責任を持つ非営利団体のMDRC、オズボーン協会、そして島の友アカデミーがそれぞれの成年について多くの時間を持たないことを意味する。依然として、矯正委員長のドラ・シリロは率が10%以上下がることに自信を持っている。
 

発行日: 
2012-08-18
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加