ソクラテス

 

ブラジル人サッカー選手で政治的運動家でもあったソクラテス・ブラジレイロ・サンパイオ・ジ・ソウザ・ヴィエイラ・ジ・オリヴェイラは12月4日に57歳で亡くなった
 
一人は背が低く、太って、大変 醜かった。もう一人はハンサムでやせてとても背が高くヘッドバンドで止めたくらい巻き毛を振り乱していた。一人は汚いローブとサンダルでうろうろし、もう一人はブラジルの青い短パンとカナリア色のシャツを着て輝いた。一人は市場をうろつき、きつく論理的な質問で高潔をからかった。もう一人はサッカーをし、そしてそれもかなりうまかった。
 
どちらの男もソクラテスと呼ばれていたという事実は彼らを結びつけるだけではない。アマゾンのじめじめした河口のべレム・ド・パラで生まれた方は知的でもあった。多くの選手の頭がすぐにそのブーツの中に住むようになるスポーツで、彼はファン・ゴッホやキューバの歴史について語り、調剤を行い、民主主義について心配した。彼の主要なクラブで会ったサン・パウロのコリンチャンスのためにほぼ300試合と、ブラジルのための60試合を含む彼の経歴の中で、考える人のようにピッチにたち、ほとんど無頓着に非凡なタッチをする前に、数学者のようにゲームを読んだ。
 
この知恵の探求が洗礼の水とともに浸されたものなのか、(彼の二人の兄弟にソポクレスとソステネスと名付けた)彼の独学の父親によって自信を持って整理された図書館の中から集めたものなのかは誰も知らない。彼は自分では彼の子供の頃の英雄はフィデル・カストロ、チェ・ゲヴァラ、そしてジョン・レノンだったと語った。彼の本「サッカー哲学」は、彼と同名の人を喜ばせたであろう金言で結ばれている:「美が最初にくる。勝利はその後だ。問題なのは喜びだ。」
 
彼は彼の言った通りのことを意味した。(ブラジルは5度もワールドカップに優勝しているが)彼は一度もその優勝チームにいたことがない。しかし、当時、容赦のない注目とそのトロフィーをあげる手間に必要とされた規律は彼にとってうれしいものではなかった。彼の同名の人のように彼は美について考えた。そして観衆は、彼のガゼルのような優美な走り、跳躍と加速、センスのいいバックヒール、そして中盤からの長くゆったりとしたパスを見て、彼がプレーするときはいつでもその美を見た。彼がキャプテンだったときの1982年のワールドカップのイタリア戦ほど美について強烈に思い出させるものはない。すばらしく惑わせるような彼自身のゴールによって強調された並外れた技術と自発性の試合で、ブラジルがそこで負けて2次グループで去ったという事実をほとんど隠したのだ。
 
 
 
ブーツを履いたハエ
 
しかし、ブラジルのファンが彼を呼ぶところのドクター・ソクラテスは、サッカーを彼の人生の一番に置くことは決してなかった。早くから、もし練習が医学の勉強と重なったときは、彼はそれを休んだ。サッカーのために商店が休みになり、選挙がそれにあわせて計画される、サッカーとともに食べ、呼吸し、生活する国で、彼は最も重要なことは、マナーを教えるだけでなく、貧困をなくし、道路や学校を建てることだと主張した。彼の同名の人はこれを高潔な人生の追求と呼んだだろう。彼はそれを「人間を第一に置く」と呼んだ。彼はかつて、サッカーについて最もよいことは彼の会った普通の人だ、と語った。その中には、2004年の寒い月に彼が監督したリーグに属さないチームがある、北イングランドのガーフォースの人々も含んでいた。
 
彼はまた、普通の人のために率直に話した。最初のソクラテスのように、彼は自分のことを、非道さの、怠惰さの、そして自己満足の批判者だとみていた。彼は、管理側が選手を子供のように扱うコリンチャンスの運営方法が嫌いだったので、道具係から代表者までクラブのみんなが練習の長さや昼食の時間について投票する制度を組織した。それは疑いもなく、彼が自由な試合のために必要だと思っていたパーティーや喫煙、そしてビールについてより緩やかにすることを望んだものだ。(彼は「私はアンチアスリートだ」と説明した。「私のあるがままを受け入れなければならない。」)
 
彼は、1964年のクーデター後の将軍連中統治下の、ブラジルの運営方法も嫌いだった。彼は、議会が必要な法を通せなかったとき、1984-85年にイタリアのフィオレンティーナでプレーするために、コリンチャンスのチームを率いて「民主主義」と書いたシャツを着て、歩き回り、自由選挙をしつこく主張した。もしこれが転覆で、「若者を堕落させていた」のならば、彼はその危険な影響を大いに楽しんだ。そして彼はやめなかった。ルラはよかった、と彼は語った。しかし、彼がブラジルを統治したやり方の10のうちたった7しか得なかった。ソクラテスにとって、フィデル型の完全な革命だけが10点満点だった。
 
サッカーを引退した後、彼は試合にはびこる不正に対するキャンペーンを続けた。彼は、ブラジルサッカー連盟のトップの仕事を、選手、ファン、みんなによる開かれた選挙にすることを要求し、チームメイトのジーコとともにスキャンダルまみれの会長と戯れた。彼は、公金が依然として個人のポケットに消え、無駄なスタジアムが国中に建ちだした2014年のワールドカップのブラジルによる誘致を舞台にした小説を書き始めた。彼には変化の見通しは見えなかった。かつて苦しんだ彼のコリンチャンスは金に包まれていたが、彼は今では彼らのシャツに飾られているたくさんのスポンサーへの政治的スローガンを好んだ。そして、彼は、彼の死の数時間後に彼らを全国選手権王者にした気分の悪い試合よりも、創造的な負けを見ただろう。
 
彼は、彼の弱った肝臓では耐えられなかった友人たちとの夕食の後であまりに若くしてなくなった。しかし、彼はいつもどこかのカフェのテーブルでたくさんのカシャーサを飲みながらブラジルを正しい場所に置く必要があった。それは、理想が煙とアルコールと議論を通して追い求められるだろう彼の「シンポジウム」だった。医者として、そしてかつてのミッドフィルダーとして、彼はそれをすべきではなかったことを知っていた。哲学者として、彼はいつものウィットと平静さでその氏の保証に封をしたのだ。
 
 
発行日: 
2011-12-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加