太陽黒点 - 太陽光関税

アメリカの中国製太陽光パネルに対する関税は危険で無意味だ

太陽エネルギーは、繊細でもしかしたら歴史的な瞬間にある。電子をシリコンのような半導体素材から自由にすることによって、ほとんどの太陽電気を発電するガラス状の光電池パネルの費用は、急落している。過去4年間で、その平均費用は75%以上下がった。発電能力1ワット当たり1ドル以下で、太陽光は今では、特にインドのような化石燃料の代替を持たない、いくつかの日の良く当たる場所で、最も安い電源だ。これは革命のように見え始めている。信頼でき汚染をもたらさないエネルギー供給を欲する者は誰でも、それを歓迎するだろう、とあなたは考えるだろう。

しかし、5月17日に、アメリカの商務省は、その事業で最も安いものを含んだ61の中国の太陽光パネルメーカーに31%の暫定関税をぴしゃりと課した。商務省の紹介に満足に答えられなかった無名の中国の太陽光会社の別のグループは250%の関税を課された。10月に承認されると予想されるこれらの税金は、アメリカで操業するドイツ社のソーラーワールドを含んだ7つの太陽光会社からの反ダンピングの申し立てに対する反応だった。

中国のパネル製造産業は、おもにヨーロッパからの強い需要にあおられて、そしてまた国有の貸し手からのソフトローンによって、爆発的な成長を見ている。中国のパネルメーカーは、その産業の平均費用よりも約10%安くパネルを作ることができる、と調査会社のブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス(BNEF)は説明する。彼らは、ヨーロッパとアメリカの生産者の価格を下げている。2009-11年の間に、安い中国製パネルのアメリカの輸入価額は6.4億ドルから31億ドルに上がった。

これは、ほとんどがヨーロッパとアメリカの補助金の削減が原因となった、最近の太陽光パネル需要の減速が大きく悪化しているより高い費用の生産者に悲劇をもたらした。中国であれどこであれ、多くの太陽光会社はいま、損失を出しながら激しく在庫を売っている。それは価格が落ちている産業の不幸の元だ。かつて開拓者だったソーラーハイブリッド、ソロン、ソーラー・ミレニアム、そしてQセルズといったドイツ企業の一群を含む、いくつかの会社は破たんした。

もし承認されれば、そのアメリカの関税は、中国のパネルメーカーを悩ませ、そしてもし中国の「強く不満な」政府が報復手段をとれば、おそらく広い範囲のアメリカの輸出者もそうだろう。しかし、それらは多くの西側の太陽光企業を救いそうもない。その関税は(予想されたよりも高かったけれども)長く議題に載せられていた。それは合衆国で中国の輸出業者が大きな在庫を作るのを許している。

アメリカの太陽光計画の開発業者の中には、その中国の供給者が課された関税の費用をカヴァーすることに関与した予防的取引に調印したものもいる。世界最大のパネルメーカーであるサンテックのようなもっとも統合された中国の太陽光企業は、パネルが設置された太陽光発電能力の費用の1/4以下しか表していないので、おそらくこれを腹に収めることができるだろう。金融、設置、そしてほかの社会資本費用が残りを占める。彼らはまた、台湾や韓国といったほかのアジアの製造ハブでパネルを作ったり買ったりするのをあてにしている。これらのパネルは、たとえそれが中国で太陽光モジュールに組み立てられても、その関税を課されない。

ソーラーワールドの申し立ての法的な利点が何であれ、アメリカは中国のソーラーパネルを締め出すことによって地球も国内消費者も救わない。そしてその関税はアメリカの太陽光企業を守るのにすら多くをしないだろうとBNEFのナット・ブラードは予測する。
 

発行日: 
2012-05-26
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加