覆い隠された声 - ソマリアとソマリランド

より良い政治環境にもかかわらず、メディアの自由は滑っている

リバン・アブドゥライ・ファラーが7月にプントランドの中央部の州の町ガルカイヨで射殺された時、彼は今年ソマリアで暴力的に亡くなった6番目の記者になった。これは、首都のモガディシュで導入されたばかりのメディア法が記者にその情報源を明らかにするよう強いて、以前に存在していた報道の自由が何であれ縮小されるにつれて、やってくる。

その国の北部の自治地区ソマリランドでは、独立心を持った指導者たちが、報道の自由がいくつかの民主的成果の一つだと褒めちぎる。しかし、彼らはその大きな兄弟たちの醜い特徴のいくつかを示し始めている。4月には、勤務外の警察官とそのグルが、首都ハルゲイサの新聞フバールの事務所を攻撃した。その経営者モハメド・アハメド・ジャマ・アロレイは、殴られ撃たれた。彼は、仲間が攻撃者を地面に組み伏せることができるまでに、腕を骨折した。

その新聞の悩みは終わったどころではない。6月に、それはその地域の大統領アフメッド・モハメド・シランヨを非難する一連の記事を掲載した後で営業停止にされた。編集長のハッサン・フセイン・ケフケフは中傷と虚偽報道の罪で2年間の有罪を宣告された。保釈中に控訴を保留して、彼は「影の中の」政府に不平を言う。

残りのソマリアとは違って、ソマリランドの法律は明示的に報道の自由を守る。しかし、それに従うものはほとんどいない。それでもなお、ソマリランドのメディア産業は栄えている。ハルゲイサだけでも、ソマリ語と英語で13の新聞が発行されていることを自慢する。

情報省の事務局長アブディラシード・ジブリ・ユスフは、その政府が単にいい加減な行為を抑えようとしているだけだという。彼は、より断固とした懲罰と同様に、より良いメディア訓練に熱心だ。「もしわれわれが自身の失敗を知っているより多くの専門記者を持てば、我々は(メディアを)支配できる。」

ソマリランドは外国投資の取り込みに熱心だ。「我々はモガディシュとは違って平和だ。」一人の高官は主張する。アロレイ氏とケフケフ氏は違うことを乞うかもしれない。
 

発行日: 
2013-08-03
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加