彼は本当にその場所を救うことができるのか? - ソマリアの新大統領

ソマリアが本当に回復し始めているということにどれだけ望みは耐えることができるだろう?

ある市民権運動家をソマリアの新たな大統領に選んだ選挙は、その軍事的独裁者シアド・バーレがクーデターによって転覆させられた1991年以来正しい政府を持っていない国で、珍しい望みの波を生み出している。「それは、その国にとって世代で最大の機会だ。」その過程に関与したある西側の外交官は語る。新しい国家元首ハッサン・シェイク・モハムドは、平和と実用主義の誠実な男だとしてほめたたえられている。

しかし、彼の仕事の危険と不確実性は、首都のモガディシュでケニアの外務大臣と彼が会ったホテルでの暗殺未遂を生き延びた、選挙からたった二日後に厳然と例証された。シャバブとして知られるソマリアのアル=カーイダとつながったイスラム民兵に所属する自爆テロリストが、シャバブを劣勢に追い込んでいるアフリカ連合(AU)によって運営される軍の兵士を含んだ数人を殺して、そのホテルの外で自爆したのだ。

この攻撃にもかかわらず、治安が徐々に改善していることが、別の望みの原因だ。それは依然として散発的なテロ活動を始めることができるが、過去数か月間、シャバブはモガディシュからかなり追い出されている。同時に、エチオピアとケニアの軍隊が西と南からシャバブをたたいている。AU軍は最近、モガディシュの南にある港のメルカを落とした。シャバブの最後の主要な拠点であるその国第二の都市キスマユの港は、今月の初めにケニア軍によって空爆された。もしそれが落ちれば、それは新しい大統領にとって大きな活気づけになるだろう。

ハッサン氏は普通選挙ではなく、1か月前に部族長老たちによる選出会議で精選された新たに設立された275人の議会によって選ばれた。22人の候補者が競った第1回投票で、ハッサン氏は現職のシャリーフ・シェイフ・アフマドに次いで2番目につけたが、決選投票で190対79で簡単に彼に打ち勝った。

外交官たちは、金離れがよく広く信用されていなかったシャリーフ氏の敗退にほっと安堵の溜息をついた。新しい議会が前の悲惨な人々よりも良く、すぐに妥当な政府を選ぶだろうということが強く望まれている。かつての暫定政権は、外国の会議室で国際的な黒幕により選ばれ、一様に悪い結果だった。

ハッサン氏が直面している挑戦は、威圧的だ。シャバブの後退にもかかわらず、その政府の令状は、危険地帯に散らばっているわずかな戦略的な町とともに、首都の郊外を少し超えるところまで届くにすぎない。シャバブは依然として南部と中部ソマリア地域を支配している。モガディシュなどの治安は、ソマリア独自の軍よりもAUの軍隊に依存している。

その海上略奪行為が乾燥地での投資と貿易を妨げているソマリアの海賊は、主に船団のより有効な保護のおかげで去年それほど成功していない。7月の終わりの英国貴族院によって発表された報告は、1年前の同時期に23隻の船と501人の人質がいたのに比べ、現在は8隻の船と215人の人質が囚われているだけだと明らかにした。今年の前半に、たった5隻の船が海賊行為にあっただけだった。しかし海賊はまだ消え去っておらず、その大統領選挙に影響を及ぼすために大金を費やしていると言われている。

ソマリアは、しばしば間違った夜明けを迎えている。新しい大統領によって追い出されたより悪口を言われる男は、かつてはアメリカの国務大臣ヒラリー・クリントンによってその国の「最後にして最善の望み」とうたわれた。その新しい男は、政治的な初心者だ。しかし、ある新しい国会議員が前の「略奪者の政府」と酷評したものよりも、少なくとも彼は誠実のように見える。彼の前任者のように、彼は四つの主要部族の一つハウィエから歓迎される。

ムスリム同胞団とのつながりを持つ穏健なイスラム主義者のハッサン氏はまた、血なまぐさい闘争の長い間にその教育を受けた住民のほとんどが逃げた時、モガディシュにとどまったことで賞賛を得ている。彼は、紛争にもかかわらず栄えた私立大学を設立した。より最近には、彼は、ソマリアで最初のそのような組織だという、平和・開発党を立ち上げた。新たな大統領と報告を共著した英国のソマリア専門家サリー・ヒーリーは、彼が「ソマリ人社会の最強で最善の部分と完全にネットワーク化している。」という。彼はそうある必要がある。
 

発行日: 
2012-09-15
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加