結婚破壊者 - 南アフリカ

コネを持ったインド人一族への親切は、政府の期待に反している

豊かなインド人の結婚は、目立った消費で有名で、数日間続きうる。お客リストは何千にもなるかもしれず、請求書は何百万にもなるかもしれない。しかし、大物の支出習慣が単にかなり豊かな人々にまねされるにつれて、記憶に残るパーティーを行うのは難しくなる。

南アフリカで、コンピューター、鉱業、そして新聞で大きな事業関心を持っている3人のインド生まれの兄弟のグプタ家ではそうではない。4月30日の早朝、200人程度のインドからの彼らの友人や家族が、南アフリカの首都プレトリア近くの空軍基地ウォータークルーフに着陸した。彼らは通関の面倒や入管の長い列を免除された。彼らは素早く派手な車の一団にぞろぞろ乗り込んで出発し、派手なギャンブルリゾートのサンシティでのその事業家の姪の結婚パーティーに行った。点滅灯を持った警察が彼らをエスコートした。受付で、彼らは、グプタ家に近い大統領のジェイコブ・ズマの息子ドゥドゥザネ・ズマを含んだ指導的な政治家たちを交わった。大統領は招待されたが出席しなかった。

南アフリカ人は、与党アフリカ民族会議の人々と大事業家たちとの間の親密さの話に麻痺しはじめている。しかし、グプタ家の結婚式の客に与えられた優先的な扱いは、スキャンダルを作り出している。国力と主権の象徴である軍の基地の私的利用は、珍しい騒ぎを引き起こしている。

その事件への3つの調査が立ち上がっている。5人の高官が停職になり、9人の警官が逮捕された。民間機をウォータークルーフに着陸させるというインド大使館からの要請は、そのフライトには事業に絡んだインド人高官が乗ると考えられたので承認されたという一つの説がある。グプタ家との密接なつながりが10年さかのぼることができるズマ氏は、個人的にはその着陸を承認しなかった。しかし、承認した人々は、自分たちがズマ氏の命令を実行しているのだと考えたかもしれない。
 

発行日: 
2013-05-11
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加