ほかの人が到達していない気持ち良い部分 - 南アフリカの酒造業

その大陸のもっとも新しい国でのSABミラーの冒険

イアン・アスルワース=エルヴェイが南スーダンの最初の醸造所を立ち上げるというミッションを引き受けた時、彼はテントの中に入った。9か月間、そして一晩320ドルでだ。

SABミラーの子会社である南スーダン・ビヴァレッジのその南アフリカ人管理者は、ほとんどすべてがまだ建設されていない場所へ入ることの困難を払いのける。

「私は、南スーダンが世界中のほかのどんな発展途上国と比べてもいかなる大きなリスクをもたらすとは考えていない。」彼は語る。「物事はここではただより簡単に簡単になっているのだ。」

南スーダン人は、アルコール禁止の北のハルトゥームの体制から分離することに2011年1月に投票した。

現在、南アフリカはほかのアフリカに対する最大のアフリカの投資家だが、その南スーダンの拡大は未知の領域への珍しい襲撃を記録する。

「過去10年間にわたって南アフリカからの安定した流出のしたたりがある。」シティのサブサハラアフリカのストラテジスト、レオン・マイバーは語る。

「しかし、そのほとんどは地域経済SADC(南部アフリカ開発共同体)とナイジェリアを二つの中心地域としている。私は彼らがケニアで苦戦していると考えている。それはすでにかなり競争的な経済だからだ。」

事態は変わっているかもしれない。南アフリカの資金は長い間鉱業と天然資源に向かっている一方で、それは銀行から醸造業に至るほかの部門でも成長している。

スタンダード・バンクは南スーダンに店を立ち上げており、ケニアのファーストランド銀行は最近だ。南アフリカに上場するヴォーダコムはコンゴ民主共和国に関心を持っている。

国連貿易開発会議によると、1990-2000年の間に南アフリカはその大陸のほかの部分に125億ドル投資したという。2010年に、それは単年で140億ドルをつぎ込み、その全外国直接投資(FDI)の約21%を占めた。2003-11の間に、投資は64.8%増えたと専門サーヴィスのアーンスト&ヤングは語る。

南アフリカの投資は、ケニアやナイジェリアのそれの倍以上だ。

アーンスト&ヤングによれば、2003-11の間にそれはすべてのFDIアフリカ計画の4.1%を占めたという。SABミラーのように、投資家はまだより新しい市場に入れ込んでいるかもしれない。

「結局は、我々の前に投資している競争者への恐れは強い要素だった。」新しい市場を開拓するのに熱心な産業のSABミラー・アフリカで役員を務めるマーク・ボウマンは語る。

「もし早く入れば、持続可能である強い地位を開発することができる。」

南スーダンが去年の7月に成し遂げた独立の繁栄を約束した5年間の平和協定の間に暴力の歴史に浸かったその地域に入るという決定は、簡単からはかけ離れている。

会社は、悪い道を何千キロも旅行しなければならない輸入品から、全地形型車両でその国のより離れたところにビールを届けることまですべてを克服しなければならない。

「私は、非アフリカ企業がいかにしてこれができるかがわからない。」広範な営業環境を理解する「重大な」必要を強調して、ボウマン氏は語る。

「私は、ここで営業していない会社が、地元共同体とともに雄牛を象徴的に殺すことによって土地の権利を保証するという考えに至ることができただろうとは信じられない。」

現在の工場は、埃っぽい首都であるジュバの端にあるその水に依存した工場のために理想的な供給原料であるナイルの脇にある。

今まで、それは、はじめの醸造所への3,700万ドルを含んだ7,100万ドルを投資しており、それを石油会社を除いてその生まれたばかりの国で最大の民間部門投資家にしている。

「もちろん、我々は神経質だ。」ボウマン氏は語る。「同時に、南スーダンの未来には何の明確さもなく、内戦の前にワウに建設された醸造所は、一滴のビールを売るよりも前に北の当局によって破壊された。

しかし、かつて厳しい場所で働いたほかの会社のように、SABミラーは、土地の権利や日常業務に使われていない人々から、3,000キロの内陸に物を運ぶことを含んだ兵站上の頭痛やテントに住む会社の人々まですべてを扱う手段を持っていると感じている。

「私は、有益である、アフリカ人になることに誇りを持つことは平気だ。しかし、最も役に立つことは、その会社の多くの人々が、南スーダンで本当に役に立つ意欲的な姿勢を持っているということだ。」彼がテントから出ると彼と行動を共にするようになった妻がいるアルスワース=エルヴェイ氏は語る。

それはうまくいっているようだ。その会社はそれ以来その工場での生産を倍増させており、現地ブランドのホワイト・ブルを含んだ1日30万本のビールと同様に、1日15万本のソフトドリンクと飲料水を生産している。

労働力は、4人の南アフリカ人を含んだ23人の外国人の小さなチームとともに427人の南スーダン人に拡大している。

「これは、我々が成長しているある種のリスク・収益機会の環境だ。」ボウマン氏は観察する。

「我々は我々の計画を実現するよう戻っており、マクロ環境が我々にとって良いように動くことをとても望んでいる。」
 

発行日: 
2012-11-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加