リンポポ川の北で機会が差し招いている - 南アフリカからのアフリカ投資

通信会社、小売、そして醸造業者が投資の跡を示している

それほど遠くない過去に、南アフリカのほかのアフリカへの最高位の輸出品は、アパルトヘイト後に傭兵や民間安全保障コンサルタントとして仕事を見つけた元特殊部隊の隊員だった。彼らが戦っていなかったとき、少なくとも国内や国際的な悪口が彼らのやっているような事業を禁止するよう法の変更を促進するまでは、彼らは確かに大陸の問題を抱えた場所のバーで時間をつぶすのが見られた。

今では、その大陸でもっとも浸透したホテルのロビーで、南アフリカのスーパーマーケットのマネージャーに出くわすことの方がよりありそうだ。

中国、インド、ブラジル、そしてほかの新興国のように、南アフリカはその大陸の好況を利用しており、比較的成熟した国内市場を越えて拡大しようとしているそこの会社は新たな利益源を北に見つけている。その国の経済は、1994年の白人少数派から黒人多数派支配への移行に続いて、国際的な制裁が解除され開放された後の数年間で事業が復活するにつれ、徐々に成長し始めた。アフリカ中からの経済的移民や事業家たちが群れを成してやってきた。

しかし、いくつかの点で、テーブルは回っており、労働力やエネルギーの費用上昇、不平等の拡大、教育制度の失敗、そしてもっとも最近には鉱業部門での騒乱の中で、リンポポ川の北での成長の上昇は、今、南アフリカの事業に重要な機会を供給する。

南アフリカが約2.5%の緩やかな成長に苦労する間に、サブサハラアフリカは平均して健全に5%拡大している。多くの南アフリカのグループは、その大陸の増加する消費者階級をカギとなる成長の駆動力だとみている。

大陸のほかの部分との貿易は去年300億ドルまで成長し、過去10年間で3倍になった。アジアとの貿易もまた急速に成長している一方で、それは赤字だ。さらに、85%の南アフリカのアジアへの輸出は、原材料だ。対照的に、ほかのアフリカとの貿易は、かなりの黒字で、半分近くが職の希少な状態では価値のある製造物だ。

南アフリカの通信会社、小売業者、そして醸造業者は投資の跡を示している。2000年代の初めに、その国は石油とガス産業以外でほかのアフリカへの最大の単一投資源だった。

「醸造業が行き、通信会社、そして小売り業者に続いて、金融サーヴィスがいった。一般的に、それら三つが行ったところは、発展する中間市場があると教えるからだ。」オールド・ミューチャルで新興市場の長を務めるラルフ・ムピタは語る。

南アフリカの洗練された法人部門をその大陸への踏み石と見た多国籍企業の例もある。バークレイズは2005年にアブサの55%の株式を45億ドルで派手に使い、中国のICBCは2年後にスタンダード・バンクの20%の株式に55億ドルを支払い、去年合衆国の小売のウォルマートはマスマートの議決権獲得を24億ドルで完了した。

だが、アフリカの回復が拡大するにつれ、南アフリカが直面する競争は、特に会社が隣国市場に拡大しようとするにつれて熱くなっている。スタンダード・バンクは、その国の足跡はタンザニアまで広がる南部アフリカ開発共同体諸国でかなり限られていると指摘する。「その大陸の10の急成長する経済の中で、南アフリカはザンビアとモザンビークで強い接近を享受しているが、北、西、そして東アフリカの多くで利益は穏やかだ。」その銀行は語る。

中国のアフリカへの輸出の16%がナイジェリアに行っている一方で、南アフリカの輸出のうちたった4%だけがそのアフリカで最も人口稠密で最も早く成長している国の一つであるところ向けだ。中国の会社は、補助された金融と安い労働力の強い国家支援の利点を持っている。この種の圧力に反応して、南アフリカ政府はアフリカのほかの部分への流出の制限を引き上げている。

「南アフリカは、アフリカで会社が成長するのを助けるよう銀行に許しているマクロの潜在的制限を使うという点で、依然として大きな利点を持っている。それは国境をまたいだ金融をするのがかなり簡単だ。銀行は約40%までアフリカでそのバランスシートにレバレッジを利かせることができる。」スタンダード・バンクの副頭取、ベン・クルーガーは語る。

南アフリカは、アフリカへの玄関として商業的そして金融的に、そして大陸的な運動の擁護者とほかの世界への架け橋の両方で外交的に、自身を宣伝している。

それはアフリカで最大の、そして最も発展した経済であるだけでなく、G20の単独メンバーであり、去年急成長する新興市場のエリートクラブのBRICSに、ブラジル、ロシア、インドや中国との競争相手としてよりもむしろアフリカ全体の中でのその位置への合図とみなされて、入ることを歓迎された。

しかし、その大陸での競争は激しく、南アフリカとその会社の役割は、時に隣国から憤慨される。特にナイジェリアやケニアといった他の地域大国が成長し、彼らの金融部門が深化するにつれ、その問題は、サブサハラ地域の玄関としての南アフリカの地位を弱める。

この地位は、二か月近い時折暴力的な産業の暴動と、それより長い政策の不確実性の後で、さらに弱まっているかもしれない。

南アフリカは依然として、世界的な規則と同様に、はるかにその大陸で最も発展した金融と物理的な社会資本を持っている。しかし、その比較的成熟した経済は、もし発展途上世界で一般的なものよりも低い収益を生み出す一方で、新興市場投資と結びついたより高いリスクを提供し始めたら、それほど魅力的ではなくなるかもしれない。

しかしながら、二つの前線で、アフリカの成長は、南アフリカの苦悩のいくらかに少なくとも部分的な救済策を提供し始めているように見える。一つ目は、たくさんの職が移民によって奪われた黒人南アフリカ人の間の怒りに焚きつけられた2008年の反外国人暴動に照らして安定にとって潜在的に重要な要素である移民の流れを食い止めるのを助けたいと政府メンバーが望んでいることだ。

二つ目は、それが国内での回復を刺激する役に立ちうるということだ。「もしわれわれが大陸の他の所と一緒になって成長すれば、明白な利益がある。我々は5,000万人の人口だが、その大陸の貿易の50%を占めている。」副大統領で大統領への潜在的挑戦者のカレマ・モタンテは語る。

その方程式の一部は、地域統合を強化し、植民地時代の貿易経路を解決する社会資本への投資だ、と彼は付け加える。「もしアフリカで鉄道路線を見れば、それらはすべて港につながっている。それが資源を持ち出すことを意味するからだ。相互関連がないので、内部貿易すらもその社会資本の欠如に妨害されている。」彼は語る。

南アフリカが災難預言者に反抗し、和解の希少なモデルを提供したネルソン・マンデラとともにアパルトヘイトの終わりを切り抜けた後、その国がアフリカルネサンスを率いるだろうという大きな望みがあった。しかしながら、2012年には、大陸のほかの部分が逆の生命線になるように見える。

「世界は、需要と成長の新しい地域を必要としている。中国、インド、そしてブラジルは、過去数年間エンジンを供給した。次はアフリカの番だ。」財務大臣のプラヴィン・ゴーダンは語る。
 

発行日: 
2012-11-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加