わが仲間(Agang)に加われ - 南アフリカ

あるアパルトヘイトへのヴェテラン闘士が政党を始める。

「我々は、すでに占領された場所を占領するためにここにいるわけではない。」南アフリカの次の選挙を戦うだろう政党の(ソト語で「建てる」を意味する)Agangを立ち上げた1日後、マンペラ・ランペレ博士は語る。ランペレ博士は、アパルトヘイトとの戦いの女傑として賞賛され、1977年に警察に拘禁されたまま殺された黒人意識運動の指導者スティーヴ・ビコのかつての恋人だ。

その履歴は、鋭い知性、医療と学会での数えきれない成果、そして世界銀行の理事としての任期とあいまって、彼女を与党アフリカ民族会議(ANC)の信頼できる反対派にしている。しかし、政党を一から始めることは、1年を少し超えた時期の投票に多くの印象を与えることができるかということには疑いがある。

そうだとしても、ランペレ博士は、彼女の友人のヘレン・ツィレに率いられた主要野党民主同盟に参加するのを避けた。「参加するのは受け身だ。」彼女は語る。貧弱な教育から失業や汚職まで、南アフリカの多くの問題は、アパルトヘイトの受動的な犠牲者を民主主義の積極的な国民に変えることに失敗したことからきている。それは新しい方法を必要としており、ゆえに新しい政党が状況を正しくする、と彼女は論ずる。

その力を実行するために、政党は投票が必要だ。批判者は、ランペレ博士が教育を受けた都市の狭い選挙民に訴えることができるだけだと語る。Agangはまだ正当な政党ですらなく、むしろ他のものが形作るための「政党の政治的プラットフォーム」だ。どの党も多くの人々を投票に誘おうとする必要がある組織を立ち上げるのは難しい。更に、それはしばしば白人寄り過ぎてほんの少しの黒人中産階級以上のものを惹きつけることができないと運命づけられているツィレ女史の政党から票を奪いそうで、ゆえにANCに対して野党全体を弱める。

ランペレ博士は、ネットワークを素早く打ち立てるのにソーシャルメディアの力を信じている。他の党からの人々の脱党は、歓迎すべき組織能力をもたらすだろう。「民間部門では、かさ上げするのに事業譲渡、M&A、合併がある。」彼女は語る。主要目標は投票に行かない不平を持った多数だ。彼女は、貧しい地方からの投票者に到達することができる自信を持っている。「私はそこから来たのだ。」彼女は語る。

フェイスブックやグーグルといった事業は、ネットワークの力で、小魚から巨人にたちまち成長している。ランペレ博士は、インターネットが彼女の政党に同じ種類の軌道を与えることができると望んでいる。しかし、最も革新的な技術系新興企業でさえも、より大きな既存企業にしばしば潰される。Agangは似たような運命を避けるために苦労するかもしれない。
 

発行日: 
2013-02-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加