未開の土地での利益と損失 - 南アフリカの小売業投資

社会資本が限られているとき、そこには機会がある

合衆国の小売ウォルマートが南アフリカのグループマスマートを買収する入札を申請した時、それは2つの傾向を反映した。それは、アフリカの強い成長への多国籍企業の増加する興味と急速に増加する中産階級に食い込みたいという欲求を例証する。

それは、その大陸ではるかに最も大きい南アフリカの小売りがその拡大計画を強化しており、マスマートをアフリカに入る最初の巨大小売になる論理的なプラットフォームにしている、という事実を強調する。

マスマートは、北、東、西に動く前に隣国から始め、1990年代の半ば以来母国市場外での存在感を増している。

去年ウォルマートがそのグループの株式の51%を24億ドルで取得するときまで、それはその地域の14か国で営業する南アフリカで3番目に大きな小売だった。

しかし、マスマートだけがより広いアフリカ戦略を追い求めるものではなかった。南アフリカの小売りは、その大陸中に拡大するための突撃を主導している。

その大陸最大の小売りショップライトは、その不安定さで悪影響を受けているコンゴ民主共和国の首都キンシャサに勇敢にも最初の支店を開いて、今年17か国で営業している。

食品、衣料、そして一般雑貨のグループ、ピックンペイは、モザンビークとモーリシャスにその最初の店を開いており、一方時に英国のマークス&スペンサーに擬せられるウールワースは、南アフリカ以外でのその大陸中での店の数を今後2-3年で104にほぼ倍増させるという野心的な計画を立てている。

「過去2-3年間、我々は、示される関心の巨大な増加と、ピックンペイからアパレルの小売りまでほかの南アフリカの小売りによる蓄えを見てきた。」ネドバンク・キャピタルの小売りアナリスト、サイド・ヴィアネロは語る。

ほとんどは似たような道をたどり、南アフリカに隣接する市場に侵入し、それからさらに遠くに手を広げようとしている。

「地域的小売業者になることにはたくさんの利点がある。」ウールワースの国際部門を率いるジョン・フレーザーは語る。

「確かに我々に接した国ではすでにブランドに気づいている。人々は伝統的に南アフリカに旅行しているからだ。」

別に考えるべきことは、アフリカの町で新しいモールが起こるにつれ、かなりの量の不動産開発が南アフリカのグループによって管理されているという事実だ、と彼は語る。

「彼らは明らかに正しいテナントミックスがどのようなものであるべきかの見方を持っており、彼らは南アフリカの小売業者に接近する。彼らは我々を、そしていかに我々が事業を行うかを知っているのだ。」フレーザー氏は語る。

しかし、会社が潜在性について大声で話す一方で、南アフリカの小売業者はほかの会社と同じ困難に直面しており、アフリカへの拡大が長期的な投資だと彼らはまた認める。これらは、適切な不動産を見つけること、貧弱な社会資本によって妨げられた国中でものを動かす兵站、そしてさまざまな規制を持つ多様な大陸で働くことといった苦労を含む。

「小売業者は、最も望まないことが、凶暴になりすべてのことが期待に反することなので、注意深く足を踏み入れようとしている。」ヴィアネロ氏は語る。

マスマートは、政府の土着化法のためにジンバブエから引き揚げており、不動産問題のためにアンゴラとケニアの市場に入り込むのに苦労している。

アフリカで最も人口稠密な国で、その大陸で将来最も有用な消費者市場になるとみなされている石油の豊富なナイジェリアで、マスマートは二つの支店を持っており、さらに4つを開きたいと思っている。

しかし、不動産を確保する問題は、その目標に合わせるのに何年もかかりうることを意味する。

しかし、そのグループは長期的な見通しについて強気だ。それは、その小売業者が自身「アフリカの会社」に変わりつつあると語るマスマートの社長グラント・パティソンとともに食品戦略を水平展開しようと計画している。彼はそれをウォルマートのアフリカ投資グループだと表現する。

その営業が難しければ難しいほど、本質的に、より多くの利益機会がそこにある。もしそれがうまければ競争上の利点を開発できるからだ。」彼は本誌に語った。

「我々の小売り収益が世界で最も低いところは、本当に社会資本がもっともよいところなのだ。社会資本が制限されているとき、そこには機会がある。」

ヴィアネロ氏は、小売業者がその母国市場から遠くに行けばいくほど、購買習慣やブランド認知が変わるのでそれはより複雑になる、と語る。

「南アフリカでは、我々は発展した市場といくつかのとても大きなプレーヤーを持ち、国中に広がった店舗の場所がある。アフリカでは、何も持っていない。それは処女地なのだ。」彼は語る。

「アフリカが南アフリカの小売業者の全体的な事業の重要な部分になるにはどれだけかかるだろう?おそらく長い時間だ。ショップライトにとって、10年間これに取り組んだ後で、それは依然としたたった12%だ。」

小売業者にとって、その数字を15%にすることは難しくなるだろう、と彼は語る。そしてそれを超えることは「巨大な飛躍的進歩」が必要だ。
 

発行日: 
2012-11-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加