年金責任者は国境を越えた信頼を打ち立てることを狙っている - 南アフリカの社会インフラ

ファンドはより広い投資を探る

南アフリカの国有の公共投資公社(PIC)は、その管理下に1兆ランド(1,140億ドル)以上を置くアフリカの年金ファンド管理者の巨人だが、その大陸中での投資を動かそうと計画している。

PICの社長エリアス・マシレラは本誌に、500億ランドに上る額を他のアフリカ諸国に展開しているその100年企業が、アフリカチームを募集しており、32か国で営業している汎アフリカ的なグループであるエコバンクの株式の20%の最近の2,500万ドルの買収を買い増そうとしている。

「我々は機会に突き動かされている。どの部門を優先するのか率直に言うのは難しい。」マシレラ氏は語る。「しかし、我々の見方は、経済的・社会的インフラ、通信、電力、道路、ダム…に影響のあるものは、我々が見ている種類のものになっている。」

南アフリカの国境を越えた焦点は、PICにその半分はアフリカのほかの部分に向けられるだろうその資産の10%までを母国外に投資できるようにした2010年の決定にまでその根をたどることができる。

その根拠の中には、南アフリカの経済成長が部分的にはその大陸の仲間の発展に依存するだろうというものがある、とマシレラ氏は語る。

その本国市場でPICは二重の任務を持っている。ヨハネスブルグ証券取引所に上場されている優良株のかなりの持ち分からのその投資収益の水準を確保することと、その国の発展に貢献することだ。

帰結として、PICは南アフリカの道路網への最大の投資家で、ショッピングモールの最大の開発業者の一つだ、とマシレラ氏は語る。それは町や地方で30のリテールセンターを管理している。

これはPICがその大陸中で複製しようとしている投資過程だが、南アフリカ以外での発展した資本市場の欠如を考えると、プライヴェートエクイティでより多くの行動を伴うものだ。

それはまた、アフリカ開発銀行のような機関やほかの資産管理者、そして地元の組織との提携を考えていると彼は語る。

「我々は依然として大陸のほかの部分で一緒にやる提携相手を見つけなければならない。我々はプロジェクトやたくさんのほかのことを見つける必要があるのだ。だから、我々は成果を見始める前に形成期があるのだ。」マシレラ氏は語る。

「我々はアフリカ市場をとてもよくは理解していない。我々はリスクを理解していないのだ。」

4月に発表されたエコバンクの取引は、PICの南アフリカ外での最初の重要な直接の取引だった。そしてマシレラ氏はそれを、その大陸中で広がる足跡を加速することができる戦略的買収だと表現する。

「彼らはすでにその大陸中の32か国で代理を持っている。我々はそれを今後7年間で成し遂げると望むことはできなかっただろう。」彼は語る。「一つに、それは彼らが実地で拾い上げた必要な投資情報を与える。二つ目に、それは我々が成し遂げたいと思っていることに必要としている、それらの国々での正しいネットワークを与える。」

彼は、南アフリカの投資に伴いうる繊細さに気づいている。そのアフリカで最大の最も発展した経済は、時に傲慢さを示すとして非難されており、一方ほかの国はその経済力に慎重になりうる。

「これらの懸念があり、私はそれはいかに我々南アフリカが自分自身を示すかの、純粋に機能だと考えている。もしできるならば、いじめっ子というよりもむしろその大陸との提携者として自分たち自身を紹介しはじめたい。」マシレラ氏は語る。

「いかにして我々がその大陸に浸透するかを変えるのは小さなことで、私にとって、信頼と関係の問題がカギとなる。」

南アフリカでは、一方、与党アフリカ民族会議はその経済へのより大きな国家介入を議論している。

ヨハネスブルグ証券取引所に上場しているすべての大企業のかなりの株式を保有しているPICは、その潜在的な道具の一つだ。

しかし、マシレラ氏は、その会社の使命を変える政治的圧力はないだろうと信じている。

政府職員年金基金はPICの管理下資産の約90%を占めており、その経営陣はPICの使命を決めるのに重要な役割を果たしている。

「我々は完全に独立している。たとえ我々が国に所有されているとしても、彼らや国は、我々が顧客の使命によって動かされていると理解している。」マシレラ氏は語る。
 

発行日: 
2012-11-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加