部門大改造を急き立てる鉱山ストライキ - 南アフリカの暴動

その国での騒動は、すでに政策の不確実性と急上昇する費用に直面している産業で、労働関係を改善する長く遅れてきた変化の必要を露出する

へそを曲げた労働者たちが急激な給与上昇を求めるのでその操業の約40%が停止中のアングロアメリカン・プラチナムは先週、すでにそれに24億ランド(2.77億ドル)を費やさせている南アフリカの無謀なストライキを終わらせるための努力として新たな戦術を始めた。

そのルステンブルグ鉱山で暴動が勃発して以来厳しい扱いをしてきた後で、アンプラッツは1.2万人の解雇された鉱山労働者に復帰するよう提案し、一方先週仕事に戻った人々に2,000ランドの一度きりの「危険手当」を約束した。

しかし、世界最大のプラチナ生産者が操業を再開できるようになる代わりに、スト参加者は更なる反抗で反応した。道路はバリケード封鎖され、警察はデモ参加者を散らすために催涙ガス、放水車、そしてゴム弾を使った。

それが、8月に勃発した産業闘争の波における最新の暴力的な話で、その部門の問題が解決からは程遠いことを思い出させるものだった。

過去2週間で、ストライキを終わらせるための進歩がなされ、アングロゴールド・アシャンティ、ゴールド・フィールズ、そしてハーモニーの鉱山労働者の大多数は会社の解雇の脅しの後で仕事に戻り、一方賃金上昇にも合意した。しかし、アングロゴールドは、今週の初めの労働者による座り込みの後で、つい最近、2日続けてその鉱山の一つの操業を停止した。それは状況が流動的なままであるという兆候だ。

誰も、アパルトヘイトが終わって以来で、その部門の最悪の危機が、最終章に到達しているとは信じていない。むしろ、コンセンサスは、その暴動が何十歳にもなる産業の大改造を促すというものだ。それは、黒人労働者のひどい取扱いの暗い遺産を振り捨てるのに苦労し、一方それはまた政策の不確実性と上昇する費用と取っ組み合っている。

「それは我々の事業をとても難しい地位に置いている。我々は前を見、将来にわたってこれらの事業を維持するのに何をしているのか言わなければならないと考えており、そしてそれはただ難しくなっている。バーは上がっており、我々はそれが何かの始まりか、またはそれが終わるのかすらも知らないのだ。」ゴールド・フィールズの社長、ニック・ホランドは語る。

「我々は難局を迎えており、クリスマスまで続き、それから来年には新たな難局に直面するのではないかと疑っている。」

今年の銀とプラチナ部門での休業とストライキは、すでに101億ランドの生産喪失になっていると南アフリカ財務省は言う。鉱業部門での休業が今年の南アフリカのGDP成長を0.5ポイント押し下げ、3%から2.5%にしているとそれは推計する。

停止中の坑道が安全に再開されるので、通常生産レヴェルに戻るのに数週間かかる。より限界的な鉱山は採掘できず、より多くの職の喪失と生産減少につながる危険がある、と産業の高官たちは警告する。給料の上昇もまた、会社が費用の上昇を相殺しようとするにつれて、より多くの職の喪失につながりうる。

暴動の引き金となったプラチナ会社のロンミンは、それが運営モデルと管理構造を見直していると組合に先週知らせたと言い、雇用削減のスペクトルを高めている。

その危機はまた、約50万人の人々を雇用している産業での労働者関係の脆弱さと組合の弱さも露出している。

鉱山会社たちは、団体交渉を行うので、そのプラチナベルトで始まった暴動に免疫があるだろうと最初望んでいた。しかし、彼らは、ストライキがアングロゴールドの全南アフリカの操業の1か月間停止させて、容易に成功するにつれて、どうしようもなく見ていた。

同時に、スポットライトは、所得を補完するために「通勤手当」を得て最後には基本的ザーヴィスの欠如したブリキの掘立小屋に住む何万人もの鉱山労働者のひどい労働条件と同様に、より批判された移民労働制度に当てられている。

「今、鉱業とその人々のために、南アフリカの長期的利益のための変化をする時だ。」アングロゴールドの社長、マーク・クティファニは語る。「もしわれわれが今一緒に働かなければ、これらの最近の事件の結果としてやってくる未来をだれも好まないだろう。」

ほかの人々と同じように、彼はそのストライキが単に賃金についてではなかったと語る。「それははるかに複雑だ。それは不公正の感覚についてだ。」

その証拠は、300人のスト参加者が、その職員が今年従業員株式所有スキームを通して33,675ランドの配当を受け取ったという事実にもかかわらず、アングロ・アメリカンの子会社の一つによって運営されるアフリカ最大の鉄鉱山のシシェンの操業を止めた時にやってきたようだ。

クティファニ氏は、その産業が労働者とのコミュニケーションを改善し、信頼を打ち立て、政府が鉱山労働者とその共同体が置かれている社会的状況を解決するのを助けるのにより多くをする必要がある、と語る。

将来の職の喪失の流れを食い止めるために、労働協定の「新モデル」が開発されなければならず、それは生産性を強化することを含む、と彼は付け加える。「産業として、我々はその労働力について理解しなければならないのと同様に、理解はしておらず、組合は機能していないけれども、コミュニケーションに頼っている。」クティファニ氏は語る。「雇用者が産業として我々が直面している挑戦を理解していないことは、かなりはっきりしている。」

金とプラチナ部門への見通しは厳しい。南アフリカの金鉱山は世界で最も深く成熟したものの一つであり、坑道は操業するのにより挑戦的で高価になっている。プラチナ会社は、何か月も弱い価格状況に苦しんでおり、多くは暴動の勃発前に支出削減と坑道の密閉管理をしていた。

「我々は、投資先としての南アフリカにひどい損害を与えている。」クティファニ氏は語る。産業暴動が終息した後ですらも、その国のイメージを修復するには時間がかかるだろう。

News Analysis欄より
 

発行日: 
2012-11-08
雑誌名: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加