感染の恐れ - 南アフリカのストライキ

ストライキと賃金上昇は、どちらもより必要とされる投資家を妨げる

南アフリカの鉱業にとって、事態はひどく見える。9月26日に、世界で3番目の金生産者アングロゴールド・アシャンティはその鉱山で持続するストライキに反応して、その国中で営業を停止すると言った。その3.5万人の従業員のほとんどは、働くのをやめている。南アフリカでその金の1/3を生産するその会社は、ストライキをしている労働者は依然として何の公式な要求も提示していないと語った。より良い労働条件とより高い賃金への要求がありそうだ。

最近、まるで鉱業での緊張が和らいでいるように見える。大きなプラチナ会社のロンミンの所有者は、9月18日に南アフリカのマリカナ鉱山の労働者が46人の死者を出した6週間の無謀なストライキを終わらせる取引に調印したので、深い安堵のため息をついた。鉱山労働者たちは、2,000ランド(240ドル)の一度限りのボーナスとともに、11%-22%の昇給を得た。そのストライキの真ん中にいた岩石掘削作業員は、月に1.1万ランド以上を得た。彼らが要求した1.25万ランドまではいかなかったが、十分に近い。

しかし、アングロゴールド・アシャンティの鉱山の閉鎖は、感染の恐れを更新している。ストライキは南アフリカで大変一般的だが、マリカナでの暴力はその産業の多くを驚かせている。ロンミンを見ると、ほかの鉱山労働者はその雇用主からより多くの金を搾り取るたった一つのやり方が闘争心だと結論付けるかもしれない。ここ数週間、アングロ=アメリカン、ゴールド・フィールズ、そしてゴールド・ワンに所有された鉱山の労働者たちもまた、ストライキをしている。アングロ=アメリカンは現れなかった労働者を解雇し始めるかもしれないと語る。

プラチナと金の鉱山での最近のストライキは、失われた生産で南アフリカに45億ランドの費用をもたらしている、とその国の大統領で与党アフリカ民族会議(ANC)のジェイコブ・ズマは語る。ストライキを終わらせた取引とともに、ロンミンは、マリカナの坑道を閉じ、1,200人の契約労働者を一時解雇すると語った。

そのストライキは、南アフリカの指導者たち、特にその大きな労働組合を弱々しく見せるようにしている。ロンミンの取引は、政府や組合ではなく、鉱山労働者が南アフリカ教会会議やほかの民間人指導者とともに立ち上げた委員会によって仲介された。そしてそこでのストライキは、給料だけについてではなかった。それはまた、ANCに近い鉱山労働者の公式組合の不適切さに対する抵抗でもあったのだ。
 

発行日: 
2012-09-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加