やぶの中でブーンブーン吹かす - 南スーダン

正しい形式の車を運転することは、最も広く受け入れられた成功のしるしだ

たった1本の舗装された陸上道路しかない南スーダンは、車の愛好家にとって当たり前の場所ではない。しかし、地元の人たちは、ある日本車に強烈な熱愛感情を持つ。「いつの日か、息子はV8を運転するんだ。」望みで声を膨らませて、首都ジュバの街角で携帯電話充電用ソケットを課して生計を立てている男は語る。

V8とはトヨタのランド・クルーザーの上級車で、4つのシリンダーが2重の曲がった列をなしているエンジン部分から名づけられた。やぶのわだちの上ですらもやさしくごろごろ鳴らすそれは、7月9日に2歳になる世界で最も若い国で、最も人気のある車だ。それがなくては、新しく作られた大臣は、誰も真剣に受け取られないようだ。運転手は街角に1日中生息し、そのメタリックな仲間に抒情詩を歌ってバケツ何杯もの石鹸でV8のエンジンをいとおしく洗っている。

日本のランド・クルーザーは、第二次世界大戦の設計に基づき、1951年以来継続的に生産されている。援助型の人は、ほとんどずっとそれらに誓っている。トヨタはほかのどの車よりも耐久性が高いと言われる基本版を生産する。けれども、V8はそうではない。それは、2色の皮の装備、衛星ナヴィゲーション、そして「4ゾーン空調」とともにやってくる。もし援助関係者の間の純粋主義者に尋ねれば、南スーダンでは貧弱な選択だ。その現代の利器は簡単に壊れ、やぶの中ではだれもそれをなおせない。彼らはより古くて単純な70と80のシリーズを好む。

新しい国で最も強力な部族、ディンカは、屠殺するよりもむしろ飢えさせるだろうところまで、長く牛を崇めている。牛は地位の象徴であり、銀行のないところで価値を貯めるものであり、持参金を払うたった一つの方法だ。今までは。独立と現代性で、クリーム色のV8は、白い雄牛と同じくらい望ましいものになっている。牛への最初の代替物が到着しているかもしれない。

トヨタはまだ、南スーダンでディーラーを運営していない。ランド・クルーザーは個人的にウガンダから輸入される。だが、それらは広く利用できるようになっている。VIPのために提供すると言っている自動車レンタル会社は、「保留になっている契約の詳細について満足するよう働いている間に」運転手つきでV8を提供する。今年の初め、デヴィッド・ヤウ・ヤウが、南スーダン政府に対するムルレの部族民の反乱を率いた後で、停戦を受け入れた時、彼の褒賞は4つの頑丈な車輪を持っていた。
 

発行日: 
2013-07-13
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加