最後の手段に向かう - 南スーダン政府

その大統領が友人と敵のくびを切るにつれ、政治はより有毒になる

7月23日に南スーダンのテレビで読まれた声明の中で、カウボーイハットへの好みを持った元ゲリラ司令官のサルヴァ・キール大統領は、彼の内閣を解散し、副大統領をくびにし、与党の議長を退けた。これは、不正と人権侵害を嘆き、その国が方向を変えていると警告する、西側の支援者からの公開書簡によって曇らされた、その国の2度目の誕生日のたった2週間後にやってきた。一方、スーダンとのけんかは、キール氏の予算のほとんどを賄う石油生産を止めている。北は、彼は否定しているが、彼がその領域内で反乱軍を支援していると非難する。

その大統領からのそのような劇的な反応があると予想した観察者はほとんどいなかった。その首切りの裏には、与党内の権力闘争がある。スーダン人民解放運動は、スーダンとの22年間の内戦を戦ったゲリラ軍から成長した。それは、文民支配への移管に苦労しており、キール氏のディンカ族と副大統領リエック・マチャルによって率いられるヌエル族との間のものを含んだ民族分断に引き裂かれている。彼はおおっぴらにその最高職をほしがり、キール氏は4月に彼の翼を刈り込んだ。全面立ち退きが今、ヌエルが特に狙われた影響を無効にする。

そのペアは以前には、破壊的な帰結で取っ組み合った。マチャル氏は北との戦いの途中で南のゲリラ軍を見捨て、多くによって「内戦中の内戦」として記憶されるヌエルとディンカの残忍な衝突につながった。憲法上では、大統領は政府を解散でき、くびにされた大臣の多くは戻ってくるかもしれないが、キール氏は新政府のための計画を急いで立てなければならない。
 

発行日: 
2013-07-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加