それほど簡単ではない - 州の税制改革

ジョージアは税制に勇敢な変化を行うのがどれほど難しいかを示す

2010年7月28日のその最初の会議で、その週の収入制度を研究し変化を薦めるためにジョージア州議会によって2か月前に作られた11人のメンバーの組織である、税制改革とジョージア人のための公平のための特別委員会は、ジョージアの3人の指導的な政治家から単純で理にかなった指導を得た。それらの威厳のある人々が言うには、委員会がやらなければならないことは、職の増加と経済的繁栄を促進する新しい税制を作り出すことだ、とのことだった。それは、新しい制度を、公平、透明で、簡単に従うことができ、「中小企業にやさしく」、安定的で均衡が取れ信頼できる収入の流れを提供することができる一方で、サーヴィスを削減しないようにすることだといわれた。

6か月後、その委員会は、実際に、そのもっとも重要な目標である「税制哲学を所得から消費に変える」ということと一貫して、どのようにジョージアがその住民に課税するのかということについてのたくさんの著しい変化を推奨した。彼らは、個人所得税率を最高税率6%から4%に2014年までに下げ、全く個人所得税を課していない隣のテネシーやフロリダとより競うことができるようにすることを推奨した。たくさんの税額控除や非課税をなくした。財やサーヴィスに対する新しい税とより必要とされる現代化がやってきた。インターネット時代前に作られた今のごちゃまぜの通信の税と料金の代わりに、その委員会はすべての通信サーヴィスに対して簡素な7%の実行税を推奨した。

その委員会は、正確にその政治家たちがするように言ったことをした。その結果、その政治家たちはたくさんの差し迫ったほかの仕事を発見した。改革への大きなまとまりへの投票で、特に個人所得税を4.5%に下げる提案などのほとんどが、去年延期された。ジョージアの議会がこの1月に召集された時、両院の指導者は税制改革に取り組むことを約束した。

そして本当に、3月22日、ジョージアの税制のいくつかを変える税制改革法案が、ジョージアの下院で155-9で可決された2日後に、上院を54-0で通過した。悲しいことに、それは取組よりも乱雑なものだった。一つの総括的法案に小さな微調整を詰め込んだものだったからだ。いくつかの手段は歓迎だ。ジョージアは製造業でのエネルギー使用への課税をやめた。アトランタに本社があるデルタ航空への気楽な補助金を廃止して、不必要な法人福利厚生の特に目に余る事例を終わらせた。オンライン売り上げに課税することは、公正で、その州がそうでなければ失っていた多額のドルを捉えることができるようにした。ほかの手段はそれほど賢明ではない。その法案は、ジョージアの政治的には人気があるが、財政的には疑わしい売上税額控除期間を維持する。左寄りのシンクタンクのジョージア予算政策研究所は、その法案が今後3年間で州の税収を6,300万ドル奪うが、おそらく長期的には税収を伸ばすだろうという。そうだとしても、彼らと、彼らの右寄りの相手役であるジョージア公共政策財団は、その法案を決定的な不賛成で嘆いた。

ほかの州の多くと比べて、しかしながら、ジョージアは悪くはやっていない。ワシントンDCのシンクタンク、予算と政策優先順位センターで州の税制を研究しているジョン・シュアは、州の税制は改革には期限切れだと語る。支出がサーヴィスに移っているのに、彼らはサーヴィスよりも税に課税している。シュア氏のような人たちは、最高税率が低すぎると信じている。ほかの人たちは、税率は高すぎるがベースが狭すぎると考えている。どちらにしても、税制改革は幾つかを始め、ほかのものを減らす必要がある。後者は簡単だ。前者はそうではない。
 

発行日: 
2012-03-31
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加