私はストリームを夢見る - 音楽ストリーミング

アップルは他社を追って音楽産業のもっとも好況に沸く分野に入る

「くそったれ、これ以上革新できない。」アップルの重役の一人フィル・シラーは、6月10日の年次総会で、その会社の新しい提案を明らかにするのを助けた時、うなった。彼は、その前社長スティーヴ・ジョブズが2011年に無くなってから、痩せ衰えている(今年今までのところその株価は20%下がっている)と言う、増加している疑っている人の層に話しかけた。その懐疑的な人たちは、揺さぶられなかった。アップルの穏やかな革新の中には、新しいオペレーティングシステムのiOS7と、ライヴァルたちが既に提案しているものに似た音楽ストリーミングサーヴィスがあった。

10年前、アップルがそのiTunesストアを通してデジタル音楽の販売を大衆化した時、それは音楽産業を打ちのめした。それは最大の音楽小売のままだが、今それは新しい音楽行動を見つけているほかの会社のまねをしている。ストリーミングは、広告を最後まで見るか月次の講読料を支払う気があるのならば、消費者が音楽を買うことなしにそれを聞くことができるようにする「オールアクセス」のサーヴィスだ。アップルのiTunesラジオは、今年の秋にアメリカで始まる。

ストリーミングサーヴィスのための3つのモデルが人気を博している。パンドラのようなオンラインラジオサーヴィスは、人々の音楽的好みを認識し、似たような音楽を流すアルゴリズムを使う(iTunesラジオは同じことをするだろう)。スポッティファイやディーザーのような「オンデマンド」サーヴィスは、人々に大きな音楽庫を検索させ、特定の音楽を再生する。ユーチューブやヴェヴォのようなサイトは、オンラインで最もみられているコンテンツの一つであるミュージックヴィデオを提供する。

ストリーミングサーヴィスは、海賊行為の主要な魅力の一つである無制限消費を事業に変えようとしている。もともとはストリーミングがデジタルダウンロードを傷つけるだろうと心配していた音楽会社や音楽家は、違った歌を歌い始めている。ストリームされた音楽からの料金は、(CDからのものは言うまでもなく)ダウンロードからのそれの小部分だが、もし歌がはやれば、それは取りつかれたように再生されるかもしれず、瓶に入ったすべてのカネは積みあがる。スポッティファイは、今では主要レコード会社にとってiTunesに次ぐ二番目の収入源だ。

かつてないほど多くの会社がストリーミングに流れ込んでいる。グーグルとマイクロソフトは、独自サーヴィスを始めているが、それほど成功していない、とアナリストは言う。世界では、少なくとも2,000万人の有料購読者とともに30以上の供給者がある。ストリーミングサーヴィスは、去年アメリカの音楽産業で10億ドルまたは収入の15%を占め、それは2011年の約6.5億ドルから増えた。それらは、かつては強い音楽市場だとは見られていなかったインドやロシアのような場所でもカネを稼いでいる。

ストリーミングは、今後数年でかなり支配的な音楽消費形態になるかもしれない。アップルとレコード会社にとってのリスクは、それがデジタルダウンロードを食うかもしれないということだが、これは避けられないかもしれない。長期的には、「デジタルダウンロードはカセットのようになるだろう。」と調査会社のNPDグループのルス・クルプニックは予言する。

携帯装置メーカーは、彼らの製品を差別化する方法として、音楽ストリーミングを採用するのに熱心だ。しかし、ストリーミングサーヴィスの提供者は、さらに大きな音楽プレイヤーである車もまた視界に入れている。アメリカ人は1日にだいたい2時間ラジオを聞き、その多くは通勤中だ。ストリーミングサーヴィスが車のインフォメイントシステムに統合されるようになるにつれて、運転手はそれらをより使うようになるだろう。そして、その戦いは、ストリーミングとダウンロードの提供者の間だけではなく、消えてゆく危険にさらされるラジオ局とのものにもなるだろう。
 

発行日: 
2013-06-15
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加