カネ、援助、そして外交 - スーダン

スーダン人、特にダルフール人は新たな取引を得るだろうか?

新しい「自由の雰囲気」を約束して、スーダン大統領オマル・アル=バシルは4月1日にすべての政治犯を解放するだろうと宣言した。7人の有名人がすぐに解放された。彼の大臣たちは、バシル氏の軍隊とその代理民兵が今世紀の初めに荒らし、それによってその大統領がハーグの国際刑事裁判所にジェノサイドの疑いで告訴された、西部地域のダルフールの長期的発展のために何十億ドルもが約束されるかもしれないカタールでの4月7日の会議に出席するために出発する。望みのある新発展の一覧を手際よく仕上げるために、2年前に彼の国から分離した南スーダンとの、バシル氏の長く続く争いは、先月調印された協定のおかげでついに終わるかもしれない。

26年間権力の座にあった後で2015年に辞めると言っている、今改革を決心している指導者のバシル氏もそうだ。彼の国民のほとんどはそれに賭けないだろう。しかし、もし彼が本当に、ほかの国民はもちろん、ダルフールに新たな政策を与えることを決心しているのならば、それは確かに劇的な変化だろう。

過去10年間で、何十億ドルもが、ダルフールに平和をもたらすために、外国政府や慈善団体によって費やされている。2003と04年に、200万人近いダルフール人が、反乱グループと政府に支援された民兵との争いから逃れた。そのうち100万人以上は、依然として年に約10億ドルの費用がかかるぞっとするようなキャンプにおり、それとは別に国連とアフリカ連合の援助の下の2万人の平和維持部隊に支払う年に15億ドルがある。

しかし、ダルフールに包括的で耐久力のある平和を作ろうとする試みは、繰り返し失敗している。その広大な地域のかなりはかなり安定しているが、反乱グループは依然として政府と戦っており、新たな紛争が定期的に勃発している。今年、新たに発見された金鉱をめぐって二つのアラブ系部族が戦った後に、10万の人々が逃れた。その地域は依然として無法状態だ。いくつかの点で、援助資金とそれとともにやってくる派手なトヨタランドクルーザーの流れは、事態を悪くしている。山賊行為、誘拐、カージャック、そして略奪行為が持続している。

しかし、平和活動家たちも負けずに頑張っている。最も熱心なのは、カタール政府だ。それは、2011年に調印された、ダルフールの平和のためのドーハ文書として不器用に知られる現在の平和計画を後援している。最近別のものが続いているが、最初、スーダン政府と無数の反乱グループのうち一つだけがそれに裏書きしただけだった。外国政府と国連平和維持部隊はそれを実行するのを助けようとしている。

カタール政府は、ダルフールでの平和を保つためだけではなく、統治を改善し経済発展をもたらすためにも、今別の70億ドル強を調達しようとしている。その望みは、キャンプに固着し、給付に頼っている人々が、家に帰り、自分の足で立ち、きちんとした新たな生活を始めるべきだ、と言うことだ。

西側政府と慈善団体にとって、人道援助から開発に変わるこの提案は、簡単ではないかもしれない。一つには、それは長期的関与を意味する。さらに、バシル氏の起訴にもかかわらず、彼らはスーダン政府とより密接に働く必要があるだろう。

アメリカの圧力団体の中には、特にバシル氏と協力することに慎重なものもいる。カタールでの会議の前に、彼らの集団はその王族に手紙を送った。「そのような援助は、すべての国際的支援者と同様に、あなたの国を、ジェノサイドを行ったスーダンの体制に資金援助をする助けをする役割に堂々と置くので、我々はスーダンへのカタールによるいかなる形の財政支援にも反対する。」バラク・オバマの腹心、アメリカの国連大使スーザン・ライスは、そのような感情を分かち合っていると言われる。その会議へのアメリカの財政援助は「政治的に扱いにくい」かもしれない、とスーダンの首都ハルトゥームのある外交官は語る。別の主たる人道支援者の英国政府は、よりあいまいだ。

紙上では、スーダン政府は2011年の平和計画とやってくるカタールの会議の両方を支持している。現実には、それはどちらへも多くの金を掃き出すことに気が進まない。それはダルフール開発計画に向けて26億ドル以上を与えることを約束しているけれども、特に2011年に南スーダンが別れた後にその石油所得のほとんどを失って以来、深刻な資金不足に陥っている。いかにダルフールが突然バシル氏にとって経済的優先事項になるのかというのを見るのは難しい。「ダルフールが機能するようにするという政治的意思は、ここハルトゥームには全くない。」スーダン野党のあるメンバーは言う。「それはあったことがない。」

バシル氏と彼の政府は、ダルフールを解決することが彼らの政治的関心であることを知っている。もし彼らがそうしたなら、彼らは10年前にアメリカがダルフールでのスーダンの残虐行為の結果として課した制裁を解除するよう説得したかもしれない。しかし、バシル氏が突然平和をもたらし、彼がかつて野蛮に荒らした地域を慰撫するのを見るのは難しい。
 

発行日: 
2013-04-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加