ムトワラのロックフェラーたち - タンザニアのガスブーム

ガスの富鉱帯は富の望みをもたらす

何千トンものドリルパイプが、南部タンザニアのムトワラ港のヤードにきちんと積み上げら、100キロ沖合にガスリグを供給する船に積まれるのを待っている。そこでは、センチメートル単位の正確さで導かれたドリルの小片が2キロ水中の海底に食い込み、それから、地元民がその眠たい国の長く待たれた大躍進を加速するだろうと望むガスの埋蔵へと突き進む。

タンザニアは多くの間違った出発を経験している。部分的には南アフリカのサイモンストウンの港にとってかわるために、1954年に英国の植民地当局がムトワラの深水港を開いた時、それは東アフリカ貿易の転換点として売り出された。しかし、その港は朽ち、ムトワラとそのカシュー栽培の後背地は、1963年の独立後タンザニアの支配者によって無視された。ムトワラと商業首都のダルエスサラームをつなぐ道路建設は半世紀後に始まり、それはまだ完成していない。

最も効果的な方法で、タンザニアの教育制度は現地のマコンデ族に技能を備えるのに失敗している。多くが読み書きできず、雇用主の中で最も寛容なものを満足させる労働倫理でさえも欠いている。マコンデ族はタンザニアの他の所で、好色で木彫の才能を持ちブッシュミートを好むダンサーや警備員としてしばしばステレオタイプ化される。

しかし、やってくるガス富鉱帯の規模は、過去の何とも比較できないものを生む。タンザニアのガス田は、隣国モザンビークの海域にあるさらに豊かなものに隣接している。英国のBGとノルウェーのスタットオイルは、今のところ見つかったガスの塊を開発する免許を勝ち取った。タンザニアの政府は、会社がガスのいくらかをタンザニアで使い、現地の社会資本に投資することを欲している。残りを輸出することは、タンザニア史上最大の計画となるだろう液化天然ガス工場の建設を意味する。その政府はまた、ムトワラの近くにセメント工場を建設するために、ナイジェリアの会社ダンゴートと契約した。その港から工場に原料を運ぶために、新しい鉄道が敷設されなければならないだろう。数年以内に、石炭、鉄鉱石、木材、そして食糧が、ムトワラからかつてない量で船積みされてしかるべきだ。

事実上その地域の知事のジョセフ・シンバカリアは、やってくる鉄道を現地開発のためのさらなる機会だとみている。支線は、2025年までに人口が10倍の130万人になると予想されるムトワラの人々に仕えるために建設される、となぜ主張しないのか、と彼は不思議に思う。外国人が土地を購入することを難しくしている法にもかかわらず、ムトワラのシェンガニ地域の不動産価格は、去年3倍になった。元軍の技術者で与党に忠実なものとして、シンバカリア氏は、新しいムトワラがうまく展開されるべきだと断固主張している。彼は、ただれるデモ、イスラム主義者の勃興、または魔法の流行によって混乱させられないと語る。「私はジュジュ耐性がある。」彼は語る。

技能の不足は、いっそうの障害かもしれない。ムトワラ港の運輸管理者のロン・フォスターは、彼の会社が溶接工として訓練する25人の地元人を探したが、たった二人しか合う人を見つけられなかった。その港で必要とされる労働者の数が数か月ごとに倍になる時、それは会社が海外から人を雇わなければならないことを意味する。マコンデ、ヤオ、そしてマクアといった現地の部族は、省かれるかもしれない。外国の採掘会社は、以前にはタンザニアのダイヤモンド、金、そして鉄鉱石を、現地人に多く利益を与えることなしに、採掘した。タンザニアの今の挑戦は、それが二度と起きないように確保することだ。
 

発行日: 
2013-04-20
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加