グローバル・ウィットネス

ナイジェリアでの安全な交わり - 新興市場での石油会社

8月
25

法廷の書類は、シェルとENIが巨大なナイジェリアの石油鉱区と勝ち取る動きとその産業のジレンマに光を当てる

油田の契約は、そこからくみ上げられるものと同じくらい不透明になりうる。しかし、提携者がけんかし、法廷に行く時、時に光が売買過程に当たり、それがあらわすものはいつもきれいなわけではない。それは、アフリカ全てに7年間供給するのに十分な90億バレルもの石油を持った巨大なナイジェリアの石油鉱区OPL245のもつれた事例には、確かに当てはまる。

何年もの法的闘争の後で、2011年に、イタリアのENIと提携関係にあるシェルは、この鉱区のために合計13億ドルを支払った。ナイジェリア政府は、その鉱区のもともとの所有者であるマラブ石油ガスと呼ばれる影の多い地元の会社へ、その資金のほとんどが向けられるための導管として働いた。マラブによって雇われたナイジェリア人とアゼルバイジャン人の二人の仲介者は、それから、取引仲介料が支払われていないと主張して、その会社をロンドンで(それぞれ高等法院と仲裁裁判所に)別々に訴えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴム男爵 - 東南アジアでの伐採

7月
07

森林破壊は続く

カンボジアの北の遠隔地の7号線沿いに、「鉄のバッファロー」と呼ばれる何十もの小さなトラクターが、高速道路の荒廃したところを往復している。暗闇に覆われて、彼らは切られたばかりの木材を近くの材木工場に運ぶ。運転手はマスクをし、彼らのトラクターは前面のたった一つの薄暗いランプをつけている。それぞれは、地元の人が言うにはヴェトナム・ゴム・グループ(VRG)によって所有されるドン・ナイ・ゴムプランテーションの中かそばで切り倒されたという、3-6本の材木を運ぶ。違法伐採と土地強奪は、長い間カンボジアで問題になっている。ロンドンの環境監視団体グローバル・ウィットネスによって「ゴム男爵」名づけられた新しい報告は、その問題を再び強調している。3,000ヘクタールの森林が違法に切り払われた時、中国での家具と西洋のギターで多く需要されているローズウッドのような高級材が選り抜かれたと主張するその報告の中で、ドン・ナイが芽だって主役を演じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らは貝殻を売る - 法人設立事業

4月
18
会社を設立する会社はよくわからない世界で、成長産業だ
 
会社は法的な人格を持っている。しかし、それらは人を作るよりも簡単にできる。上院の調査人によれば、アメリカでは毎年200万もの会社が設立されている。英国では30万程度だ。ビジネスを研究しているオーストラリアのグリフィス大学のジェイソン・シャーマンは25万がオフショアで設立されていると計算する。ブリティッシュ・ヴァージン諸島(BVI)だけでも2010年に5.9万の新しい会社が登録された。そこには、去年の9月時点で45.7万の活動中の会社があり、その2.8万の人口の一人につき16以上の会社を持っていることになる。
 
多くのそのような企業は、自前の事務所と従業員を世界のどこかに持っている本物の会社かもしれない。しかし多くは、しばしば名目上の経営者と口座を公表するどんな義務も持たないペーパーカンパニーだ。それは、彼らが何をし何を持っているか、どこで営業しているか、誰が彼らを管理し、彼らが実のところ誰に属しているのかを外部者が詮索するのをやめさせる役に立つ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

クイーンズウェイ・シンジケートとアフリカ貿易 - 中国国際基金

8月
22

中国のアフリカとの石油取引はある不透明な企業連合に支配されている。普通のアフリカ人は、そのかなり儲かる取引から不当な分け前しか得ていないようだ

中国の次の国家主席になりそうな男がアフリカの石油会社の幹部に会う時、人はその王子が優位に仕切ると期待するだろう。しかしながら、マニュエル・ヴィセンテとの間ではそうは行かない。今年の4月15日に、そのアンゴラの国有石油会社であるソナンゴルの会長でCEOは、北京の真ん中にある贅沢な花に飾られた部屋に大股で入り、中国の副首席で中国共産党の次期総書記と目される習近平と握手した。ヴィセンテ氏はアンゴラ政府で何ら公的地位を持っていないが、あたかも国の長の称号を与えられたかのように、習氏はその客に中国は「相互の政治的信頼強化」を望むと再確認した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
グローバル・ウィットネス を購読