ベラルーシ

送金者 - 中央アジアとそのロシア依存

1月
18

ロシアはタジキスタンとキルギスがその衛星国に戻るよう試みている

元ソ連の二つの最貧で弱い継承国家のタジキスタンかキルギスのどちらかで一つの村を取りあげると、そこで多くの男を見つける可能性はない。それは、彼らが作業場で忙しいからではない。むしろ、彼らはロシアに去っているのだ。

世界銀行によれば、タジキスタンは世界中のどの国よりも海外送金に依存しているという。去年、移民労働者はタジキスタンのGDPの47%に相当するものを故郷に送った。たぶん、労働年齢の男性の半分は外国、そのほとんどがロシアにいるだろう。キルギスは、リベリアに次いで、その世界銀行のランキングで3番目だ。1/5の労働力が移民労働者だ。

これら二つの国々の経済的依存は、そのかつての帝国主義の主人に大きな影響力を与えている。外国の軍事基地への好ましい契約をうまく手に入れることができなかったり、母国での愛国主義を強調したいと思うときはいつでも、ロシアは中央アジア諸国にヴィザを導入すると脅す。そして、ロシアは安い労働力を必要とするけれども、タジキスタンとキルギスはそれよりも多く職を必要としている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カリウムが豊富だ - 肥料価格

10月
09

カリウム価格制度の歓迎すべき大変動

カリはめったにそのような興奮は経験しない。肥料の中でさえも、それは一番上の請求を争っている。リン酸と窒素の地球規模市場は、カリがもっとも一般的な形態であるカリウムの上に位置している。しかし、今週の、世界供給の約1/5を生産するロシアの大手ウラルカリが大きなベラルーシの生産者との価格カルテルをやめたという発表は、その商品を大衆の目に押し込んだ。その動きをOPECを去るサウジアラビアになぞらえるものもいる。

カリの生産者は一般的に静かだが、利益を上げる。2010年のBHPビリトンによるカナダのポタッシュコープへの400億ドルの買収提案が、それが見出しを飾った最後だった。BHPは、世界が養うべきかつてないほどの口を加えるにつれて安定して成長する見通しがあり、運ぶのが簡単な、かさばる商品の見た目を好んだ。その取引は失敗に終わったが、BHP、ヴァーレ、そしてほかの鉱山会社は、依然として大きなカリ計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユーラシアの綱引き

9月
14

EUはその東の隣国の未来についてロシアと競合している

それほど多く見るべきものはないが、ヴィリニュス郊外の穏やかな黄色煉瓦の建物は、独裁的なベラルーシに差し込む学問的自由のかがり火だ。欧州人文科学大学(EHU)は、ソヴィエト共産主義の没落の後に、哲学、歴史など多くのことに西洋式の教育法を促進するために、ミンスクに創設された。大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは、それを2004年に閉鎖した。しかし、万難を排して、それは国境をまたいだリトアニアで、亡命での再生を果たしたのだった。

ベラルーシのプロパガンダはEHUを、反対派、さらには「テロリスト」の避難所として非難した。教師と学生は、特に選挙の時期には、KGBによって定期的に嫌がらせをされた。しかし、リトアニアとベラルーシに別れて1,600人の学生がいるEHUは、ほとんどがヨーロッパ諸国からの支援のおかげで、なんとかかんとか生き延びている。2年生の法学部学生マリア・スリアプソヴァは、人権派弁護士として働くために、母国に帰りたいと思っている。しかし、彼女はルカシェンコ氏が変わりそうだということに何の幻想も持っていない。よくても、EHUは、彼が権力を去った後にその国を運営するだろう人々を教育することができるだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

匿名マネタリスト - ビットコイン

10月
23

壮大な破壊の後で、オンライン通貨が驚くべき復活を遂げている

「私に国の貨幣供給の管理をさせてくれ。そうすれば、私は誰がその法を作ろうと気にしない。」そういったのは、ロスチャイルド銀行王朝の創設者アムシェル・ロスチャイルドだった。彼は、まったく発行当局を持たないオンライン通貨のビットコインについてどう考えるだろう?去年の投機的なバブルと崩壊の後で帳消しになったが、そのオンラインの秘密通貨は、特にその法を周航する能力のおかげで、依然として強くなっている。

ビットコインは2009年にサトシ・ナコモト(中本哲史?)として知られる謎の人物によって考えだされた。それは、世界最初で、今のところたった一つの脱集権化されたオンライン通貨だ。中央銀行の代わりに、ビットコインは強力なPCを持った人が発行することができる。それは、極端に難しい数学的問題を解くことによってそれらを作ることができる。その問題は、ビットコインの全体としての供給があまりに早く増えることのないよう自動的に難しくなる。それらは、取引が暗号によって認証され、オンラインで取引される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

慈善は海外活動を始める - 援助の新しい素

8月
22

大きな発展途上国が援助の世界を揺らしている

1951年から1992年の間に、インドは約550億ドルの海外援助を受け取リ、歴史上最大の援助受益者になった。今ではそれは自らの援助機関を立 ち上げる寸前のようだ。外務省の報道官は、政府は、アメリカの国際開発庁(USAID)や英国の国際開発省(DFID)に相当するインド開発協力局 (IAPD)を作るための「活発な議論」を行っていると語る。他の省庁の官僚は彼らの足を引っ張っているが、デリーのシンクタンクRISのグルプリート・ シンは、政府は1ヶ月以内にこの機関を発表し、今後5年から7年の間に113億ドルの予算をつけるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ベラルーシ を購読