モーガン・ツァンギライ

ジンバブエから活気を盗む - ジンバブエの選挙

10月
17

ロバート・ムガベは、投票における更なる疑わしい勝利を主張する

7月31日のジンバブエの選挙の1日前の天気の良い午後に、ロバート・ムガベは外国人記者からの質問にうまく答えた。彼の公邸であるステート・ハウスの中庭に座って、その89歳はその大きく予言された死去について冗談を言った。彼は、その敵によって何度も死んだと思われた、といった。「しかし、彼らは決して私の復活については語らない。」

数日後、ムガベ氏の政治的幸運はほとんど誰も予想しなかったやり方で生き返ったことがはっきりした。大統領選に投じられた350万票のうち61%を得て、彼はその主敵の民主変革運動(MDC)のモーガン・ツァンギライを負かした。ムガベ氏のZanu-PFは210議席中158議席を得て、議会選挙でもMDCを圧倒した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

投票は踊る - ジンバブエの投票

10月
02

長く遅れた選挙は、今、心配なほどに急いでいるように見える

もし交通渋滞が活気の何らかの指針ならば、ハラレは繁栄している。ジンバブエの首都の地元政治家は、かつては通勤に20分かかっていたのが、今ではその倍かかっていると不平を言う。その国が7月31日の総選挙と大統領選挙に準備するにつれて、その経済は、2008年の3月の前回投票の時よりも、良い形をしている。当時、ハイパーインフレが吹き荒れ、モノは少なかった。いま、店はいっぱいで、価格は安定している。

その投票は、33年間の悪政の後でロバート・ムガベと彼のZanu-PFを追い出す、今までで最高の機会を提供する。しかし、そのかけ率は、もし選挙の準備がハラレの交通のペースで進んだのならば、小さくなるだろう。数週間前まで、さらなる改革への時間があるように、選挙は9月に起こると考えられていた。しかし、ムガベ氏は、早い日付を布告することにより、選挙への道を滑らかにする責任がある地域的組織の南部アフリカ開発共同体(SADC)に不意打ちを食らわせた。ジンバブエの憲法裁判所が投票を2週間遅らせるようにと言う訴えは、無効の宣言をされた。急いだ選挙は現職に有利だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そのワニに再びズルをさせるな - ジンバブエの選挙

9月
30

アフリカの他の指導者、特にジェイコブ・ズマが、ロバート・ムガベに説明させる時だ

ロバート・ムガベの33年間の君臨がついに終わるかもしれないことは、想像でき、それをより強く言うことは無邪気だろう。もし7月31日に予定される総選挙と大統領選挙がかなり自由で公平ならば、モーガン・ツァンギライと彼の民主変革運動(MDC)は、ムガベ氏と彼の暴力的で無能で腐敗したZanu-PFを打ち負かすだろうことを、証拠が示唆する。

2008年の前回、MDCは議会選挙に勝ち、ツァンギライ氏はムガベ氏を大統領選の1回目投票で気持ち良く打ち負かしたが、ごまかしと暴力によって挫折した。ツァンギライ氏が2回目投票から身を引き、それからムガベ氏がツァンギライ氏とMDCをぎこちない連立政権に参加させるよう強いられすらしたのは、200人強のMDCの運動家が殺された後になってからでしかなかった。今回、Zanu-PFによる散発する暴力と、すべてがムガベ氏やその党と共謀した軍、警察、国有メディア、裁判所、選挙管理委員会、そして有権者登録管理者の努力にもかかわらず、ジンバブエの人々は、薄いけれども、その年老いた独裁者を追い出す可能性を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

憤りの精神が我々の上にある - ジンバブエのきたるべき選挙

9月
11

謎めいたフェイスブックのキャラクターが殺人と大混乱を予言する

ジンバブエの差し迫った大統領と議会選挙の正確な日について政治家が論争するにつれ、「ババ・ジュクワ」を呼ぶ響き渡った音が騒音を切り裂いている。ロバート・ムガベ大統領のZanu-PF党の不満を持った内部者だと主張して、精神的な霊媒とその名が響きあうこの謎めいたキャラクターに属するゴシップ好きなフェイスブックページは、たった3か月で18.5万以上の「いいね!」を集め、投稿の度に何百もの反応がある。

ババ・ジュクワは、与党から秘密を盗み、市民の権利を奪われた大衆とそれを共有するジンバブエ版のロビン・フッドだと考えるものもいる。しばしば電話のかけ方と答えの求め方の指示付で携帯電話番号を含んで、そのブロガーは毎日腐敗と野蛮さを申し立てられた政治家たちを名指しし辱める。ジンバブエ人に投票への登録を勧める投稿もある。「Asijiki!」ババ・ジュクワは書き終える。「後戻りはできない!」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

投票に近づいて - ジンバブエの国民投票

4月
16

新しい憲法を裏書きするための多くの参加者は、選挙への良い前兆だ

ジンバブエのビジネスマンは、地方の道はひどいかもしれないが、いくつかの隣国とは違って少なくともそれは存在する、と言うことを好む。この、グラスの半分、の姿勢は、ジンバブエ人たちが新しい憲法を裏書きするために3月16日に現れた、驚くべき熱狂を説明するかもしれない。

その改訂版規則集は欠点を持っている。それは政府を厳しく束縛をし続けるが、依然としてチェックが不足している。その国民投票は、草案が合意されてからほんの数週間後にやってきて、公的な議論のためにはほとんど時間がなかった。しかし、(多くの死者の名前によってふくらまされた600万の有権者名簿から)330万人以上の有権者があらわれ、93%がイエスに投票した。ジンバブエの簡単ではない連立与党のすべての政党も、同じようにその文書を裏書きした。

これは、たぶん7月中ごろの、期限切れになっている選挙への道を敷く。その実態と同じように、その国民投票のやり方は、楽観主義への理由を与える。投票は滑らかに進んだ。暴力はほとんどなかった。投票所は時間通りに開いた。結果は3日以内に発表された。不幸なことに、有権者に印をつけるために使われた消えないインクが、少数の戻ってきた役人を害した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロバート・ムガベの最後の一投? - ジンバブエ

3月
20

新憲法の裏書は新しい選挙を予知するが、ロバート・ムガベと彼の党がほかの誰かが勝つことを許すかどうかは不確かだ

1年以上の停滞と非難の後で、モーガン・ツァンギライとその民主変革運動(MDC)との不幸な連立与党に閉じ込められたロバート・ムガベ大統領と彼のZanu-PF党は、3月16日に新憲法についての国民投票を開くことに合意した。すべてのジンバブエの主要政党がその文書を裏書きしたので、それが大多数によって採用されるのはほぼ確かだ。それはひいては数か月以内、確かに年末までには、総選挙と大統領選挙への道を敷いて当然だ。もしその選挙が自由で公平ならば、それらはついには89歳のムガベ氏の33年の君臨の終わりを記すかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジンバブエのための新しい指針? - ジンバブエの未来

6月
29

ロバート・ムガベの近所の指導者たちは、ついに彼に背を向け始めたかもしれない。

モーガン・ツァンギライがロバート・ムガベ大統領と分権政府を初めて以来、かつては主要野党だった彼の民主的変化への運動(MDC)内の雰囲気がこれほど明るくなったことはない。分権政府協定を保証した南部アフリカ共同体(SADC) は、ついにジンバブエの年老いた独裁者への締め付けを強めようとしているかもしれない。今月初めのヨハネスブルグでの首脳会談で、しばしば元気がなく常に慇懃な15カ国が加盟する地域クラブは、ムガベ氏の政党であるZanu-PFが協定の信用を強情に拒絶していることに対して非難する報告を発表した。それはまた、おそらく来年のどこかで非暴力で公正な選挙を開く「指針」作りに着手することに合意した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モーガン・ツァンギライ を購読