EMI

ユニヴァーサルのギャンブル - 音楽産業

7月
31

ある音楽業界の合併は、新たなモデル、さもなければ怠惰なマンモスを作り出しうる

賢いギャンブルは、いつつかみ、いつたたみ、そしていつ走るかを知ることを必要とする、とEMIのキャピトルレコードからレコードを出しているアーティストのケニー・ロジャースは、口ずさむ。ユニヴァーサル・ミュージック・グループが、去年11月にオークションにおいて12億ポンド(19億ドル)でシティグループから買ったEMIの音楽部門に、それほどまでの金をかけるほどに賢いかどうか首をかしげるものもいる。苦闘する産業の最も弱い部門にある会社にとって、それは大金だった。そして、アメリカとヨーロッパの規制者は、それをさらに費用のかかるものにするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い円で武装して - 海外で買い物する日本企業

12月
22

なぜ日本株式会社は外国で騒ぎを続けているのか

ティックル氏とバンプ氏はハロー・キティとともにベッドに潜り込む。その弓状に飾られた猫の持ち主、サンリオは、英国のコーリオン社から「ミスター・メン」の代理店網を獲得した。30億円と推定されるその取引は、その日本のデザイン・権利会社に、30の国々で幼児を喜ばせ、1億冊の本に変わっている86の陽気なキャラクターたちをもたらす。

株式会社日本は海外での買い物騒ぎの最中だ。企業買収などのデータを集めているディーロジックによれば、日本企業は2011年に記録となる800億ドルを使い、620の外国企業を買収した。それはかつての記録である2008年の750億ドルの466の買収という記録を上回るものだ。1980年代に日本株式会社が海外買収をしたとき、それは強さの兆候だった。日本企業は成長していたのでその翼を広げていた。今回、それは弱さの症状だ。

今年、日本は悲惨だった。3月の地震と津波は工場を破壊し、サプライチェーンを分断しすべての種類の重要な部品の不足をもたらした。強い円は利益を打ちのめした。タイでの洪水は電機や車の部品の流通を遮った。企業統治の醜聞は国中の青いスーツを黒い雲で覆った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

海賊行為を発見する - 違法ダウンロードとメディアの投資

8月
24

地元のメディア産業と世界的な文化貿易の影響で、ファイルシェアリングの率は国によって大きく変わる

今月初めに英国を席巻した暴動の間に、少なくとも二つの音楽店が略奪された。北ロンドンでは、CDやDVDを収めた倉庫が放火された。これは店主と地元の住民にとって衝撃的だった。しかし、英国のメディア産業は、陽気に注目するかもしれない。その製品はまだ刑務所入りのリスクを犯すほどの価値があると見られているのだ、と。多くの国では、略奪者が店から音楽や映画を盗むということを考えつくのは難しい。録音された音楽で満たされた倉庫が存在するということすら想像するのが難しい人もいる。

ファイルシェアリングサーヴィスのナップスターが最初に一般的になった2000年から、デジタル海賊行為がメディア産業につきまとってきた。徐々に海賊行為はより多様になり、洗練されてきた。いくつかの国では、P2Pネットワークでファイルを交換するよりも、人々は今では彼らの略奪品を秘密の「サイバーロッカー」に隠す。ブロードバンドのスピードが上がるに連れ、海賊行為は1曲をダウンロードすることからアーティストの全曲をひったくるようになっている。著作権侵害のテレビショーや映画をオンラインで見ることもより一般的になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
EMI を購読