ユニヴァーサル・ミュージック

変化を数える - デジタル・メディア

12月
10

メディア会社はインターネットから攻撃を受けている。デジタルが供給源となったものからのカネは、ついに損害のいくらかを修復している

この夏、人食いざめを運んだ竜巻についてのテレビ向け映画がアメリカで驚異的にヒットした。「シャークネード」の馬鹿げた筋は、過去十年間にわたってインターネットが彼らの事業を破壊するのを見てきたメディアのボスたちの琴線に触れたかもしれない。新聞はインターネットに読者と広告を奪われている。書店と音楽屋は永久に閉鎖している。DVDとCDの売上は急落している。テレビ産業はいまのところ大きな崩壊に抵抗しているが、それは広告や視聴者が逃げ出すと予言する予言者を止めていはいない。

2008年に、大きな娯楽産業グループのNBCユニヴァーサルの当時の社長ジェフ・ザッカーは、「アナログのドルをデジタルのペニーに変える」傾向を嘆いた。しかし、これらのペニーは積み上がりはじめている。そして、今はテレビニュースチャンネルのCNNワールドワイドの社長であるザッカー氏ですらも、その調子を変えている。旧メディアは「デジタルのペニーをかなり良く超えている」と彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユニヴァーサルのギャンブル - 音楽産業

7月
31

ある音楽業界の合併は、新たなモデル、さもなければ怠惰なマンモスを作り出しうる

賢いギャンブルは、いつつかみ、いつたたみ、そしていつ走るかを知ることを必要とする、とEMIのキャピトルレコードからレコードを出しているアーティストのケニー・ロジャースは、口ずさむ。ユニヴァーサル・ミュージック・グループが、去年11月にオークションにおいて12億ポンド(19億ドル)でシティグループから買ったEMIの音楽部門に、それほどまでの金をかけるほどに賢いかどうか首をかしげるものもいる。苦闘する産業の最も弱い部門にある会社にとって、それは大金だった。そして、アメリカとヨーロッパの規制者は、それをさらに費用のかかるものにするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

海賊行為を発見する - 違法ダウンロードとメディアの投資

8月
24

地元のメディア産業と世界的な文化貿易の影響で、ファイルシェアリングの率は国によって大きく変わる

今月初めに英国を席巻した暴動の間に、少なくとも二つの音楽店が略奪された。北ロンドンでは、CDやDVDを収めた倉庫が放火された。これは店主と地元の住民にとって衝撃的だった。しかし、英国のメディア産業は、陽気に注目するかもしれない。その製品はまだ刑務所入りのリスクを犯すほどの価値があると見られているのだ、と。多くの国では、略奪者が店から音楽や映画を盗むということを考えつくのは難しい。録音された音楽で満たされた倉庫が存在するということすら想像するのが難しい人もいる。

ファイルシェアリングサーヴィスのナップスターが最初に一般的になった2000年から、デジタル海賊行為がメディア産業につきまとってきた。徐々に海賊行為はより多様になり、洗練されてきた。いくつかの国では、P2Pネットワークでファイルを交換するよりも、人々は今では彼らの略奪品を秘密の「サイバーロッカー」に隠す。ブロードバンドのスピードが上がるに連れ、海賊行為は1曲をダウンロードすることからアーティストの全曲をひったくるようになっている。著作権侵害のテレビショーや映画をオンラインで見ることもより一般的になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタル・リマスター - 音楽と技術

6月
15

録音音楽業界はその敵を愛することを学んでいる

過去10年の偉大な錬金術の功績は、メディア会社の利益を技術会社の利益に変えたことだ。6月6日に舞台に戻ってきたアップルの社長のスティーヴ・ジョブズほど偉大な錬金術師はいない。iPodとiPhoneを作った人は、離れたサーヴァーの「クラウドの中に」音楽を簡単に貯めることができるサーヴィスを発表した。アップルは確かに利益を得る。しかし音楽界の役員たちもまた奇妙に楽観的だ。すべてがジョブス氏とともに行うわけではないが、いくつかの方法で技術は彼らに好ましい方向で機能し始めている。

彼らのものはまだ深く問題を抱えたビジネスだ。オンラインのファイルシェアリングが始まった2000年から、世界の録音音楽の売上は業界団体のIFPIによれば年間269億ドルから159億ドルに下がった。アップルは利益の上がるアルバムを利益の上がらないシングルに落とす助けをした。一般大衆向けの音楽店は閉店した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ユニヴァーサル・ミュージック を購読