モトローラ

秘密を守れますか? - 知的財産

4月
15

ある考えで特許を取るためには、それを公表しなければならない。多くの会社は秘密を好む

知的財産を守る議論を呼ぶやり方は、それで特許を取ることだ。これは、発明者にその考えについての法的保護を与える。もし他の人がそれを使いたいと思えば、彼らはそれに対して支払わなければならない。その欠点は、彼はその考えを公表しなければならないので、それほど法がしっかりしていない国でそれを盗むことを簡単にすることだ。

だから、たくさんの会社は、彼らの最も価値のある考えをラップに包んでいる。悲しいことに、それは確実でもないのだ。コンピューターセキュリティ会社のマンディアントから先月発表された報告が明らかにするように、ハッカーたちはずるく、中国は外国の秘密を守るためにたくさんのハッカーを雇っている。会社がどれだけの取引上の秘密を持っているか、またはそれにどれだけの価値があるのかは誰も知らない。顧客リストのようないくつかのものは、日々の営業の間に生み出される。特許は一般的にたった20年しか続かないので、秘密にされるものもある。もしコカコーラがその秘密のレシピで特許を取っていたら、それはその権利をとうの昔に失っていただろう。そしてそれはその神秘性をすぐに失っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

勝利の探求 - コンゴ民主共和国

9月
29

鉱業はコンゴ最大の希望だが、最大の心配でもある

ある国の経済的潜在力と、その国民の繁栄との差は、しばしば湾のように広いが、コンゴ民主共和国ほどなのも珍しい。彼らの足元は、抽出されて正当な市場で販売されれば、世界中の精錬業者と金属店をいっぱいにするほどの鉱物で満たされているのに、何千人ものコンゴ人が政治的暴力、病気、そして貧困のために毎年死んでいる。

石油生産と同様に鉱業を増やすというのは、11月28日の次の選挙の立候補することを今月発表したジョセフ・カビラ大統領が宣言した狙いだ。彼は、このように、1年以上伏せてきた彼の意図を明らかにした。外国の観察者と彼の野党は、投票準備の粗雑さに不満を言う。その国は西ヨーロッパほどの大きさがあり、7億ドルの予算のうち40%は国連と他の外国組織によって提供されている。

大統領は彼の中傷者を無視する余裕がある。彼は、道路のない奥地の有権者に到達することのできる知名度と政党機構を持った唯一の候補だ。野党は、現在10人の候補者の間で分裂している。カビラ氏が勝つ可能性は非常に高い。そうだとしても、彼の変化を達成する能力は非常に限られている。国軍は、民兵集団の集合に毛が生えたようなもので、中央の司令に従わない。コンゴ人国家は紙の上で存在しているだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

創意に富む戦争 - 知的財産

8月
26

特許をめぐる争いはより激しくより高価になっている

この取引は全て特許についてである。それが、今週グーグルが電話機等の装置メーカーのモトローラ・モビリティを驚くべき125億ドルで買収したと発表したことに対するほぼ一般的な見解だ。実に、その買い物により、グーグルは凄まじい量の特許を得る。1.7万が認められ、あとの7,500が保留中である。それは、グーグルがそのアンドロイドOSで動くスマートフォンや他の携帯端末をより多く得ようとする努力に役立つだろう。しかしそれはまた特許をめぐる争いをより醜く、費用のかかるものにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モトローラ を購読