オラクル

アイディアの市場 - 知的財産の取引所

5月
22

新しい金融取引所は特許権取引を簡単にすることを望んでいる

技術産業は知的財産権で争っている。5月7日に、Javaプログラム言語に関わる特許と著作権の主張についてのオラクルとグーグルの間の3部の戦いの第1部が、どちらの会社にも完全な勝利を与えることを拒否した決定を下して終わった。アップルやサムスンなどは、スマートホン特許について戦っている。フェイスブックとヤフーは、インターネットの特許について紛争中だ。革新が訴訟の後部座先に座っているので、告訴で満ちている。

そのすべてが、知的財産の取引への新しいやり方を立ち上げるのによい時期にしている、と、ほかの資産と同じように知的財産権を会社に売買ヘッジさせる新しい金融取引所IPXIの社長の、ジェラルド・パンネクークは語る。その考えは、特許や特許の塊を株式のように売買できる「単位免許権(ULRS)」として提供することだ。一つのULRは、ある技術を一つの製品に使う一時的な権利を与える。例えば、車の新しいタイプのエアバッグセンサーといったものだ。もしある会社がその技術を10万台の車で使いたかったら、それは10万のULRSを市場価格で購入する。ULRSはまた、中古市場で取引されることを期待される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Javaのジャングルでとどろく - シリコンヴァレーでの知的財産権

5月
02

オラクルとグーグルの法廷闘争は分かりにくいが、その掛け金は高い

オラクルのラリー・エリソンとグーグルのラリー・ペイジは、同じ名前を持っている。しかし、彼らは明らかにある知的財産(IP)問題について同じ見方をしていない。4月16日に、法廷は、グーグルのアンドロイドOSがオラクルの持つ著作権と特許を侵害しているかを決める審理の聴取議論を始めた。その結果は、世界で3億台以上の携帯装置に使われているアンドロイドを振り回しうる。

裁判所はその審理を「IP訴訟のワールドシリーズ」と呼んでいる。両社とも類推で出された野球の試合よりもはるかにグローバルではあるが、それはほぼ正しいように聞こえる。オラクルは、2010年にサン・マイクロシステムズを買った時に相続し、アンドロイドがもとにしているプログラム言語のJavaの使用に対してグーグルが支払いをしなかったことを示して、法的なホームランを打ち、10億ドルの損害賠償を勝ち得たいと思っている。グーグルは、それは何の問題もなくなされたという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

創意に富む戦争 - 知的財産

8月
26

特許をめぐる争いはより激しくより高価になっている

この取引は全て特許についてである。それが、今週グーグルが電話機等の装置メーカーのモトローラ・モビリティを驚くべき125億ドルで買収したと発表したことに対するほぼ一般的な見解だ。実に、その買い物により、グーグルは凄まじい量の特許を得る。1.7万が認められ、あとの7,500が保留中である。それは、グーグルがそのアンドロイドOSで動くスマートフォンや他の携帯端末をより多く得ようとする努力に役立つだろう。しかしそれはまた特許をめぐる争いをより醜く、費用のかかるものにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
オラクル を購読