心理学

スパイを捕まえる – ジェームス・ボンドのボディランゲージ

1月
27

いかにしてスパイを特定するか

あなたの国にいるどの外国人外交官がスパイなのか?あなたのスパイの内誰が二重スパイなのか?そしてどの外国指導者がその隣国を爆撃しようとしているのか?全ての政府はそのような質問に答えようと苦労している。アメリカのスパイは、ボディランゲージを学ぶことが役立つかもしれないと考えている。

スパイはそんなに簡単に特定できるものではない。腕のある対スパイエージェントは、体の動きの変化で検知ができるという。何か重要なことを隠している人々は、無意識のうちにそのドレス、顔の表情、仕草、そして足どりを変える。彼等はまた、たばこの吸い方や腕時計の見方、そして店のウインドウにどれだけ近づくかも変える。これらのトリックは今でもスパイを見分けるのに使われている。

批判者は、動きは間違いを誘うように練習できる、と警告する。しかし、1/25秒以上続かない無意識の「ミクロ表現」は、しばしば潜在的な感情を表わす、と専門家は語る。しかしながら、全てのミクロ表現の意味するところがいつでも明らかなわけではない。だから、文脈が重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

給料が機能するようにする

7月
31

なぜボスは業績連動給与を使うとき注意しなければならないか?

ある企業のすべての入力のうち、その労働者の努力はたぶんもっとも奇妙なものだ。それは、土地、工場、または機械と同じくらい重要だが、管理するのはより難しい。それはしばしば測ることすら困難だ。経営者はその企業の産出を計測できるが、労働者が仕事に費やした時間といった荒っぽい秤以上に彼らがつぎ込んだ努力は計測できない。従業員は情報の刃を持っており、自分の努力、産出、そして技能水準を知っている。この非対称性は、経営者が例えば技能は低いが勤勉なものと熟練しているが怠惰なものの区別をするのを難しくしている。懸命に働く従業員を報奨し、怠け者を罰することは、努力を支えうるが、ひどく逆噴射もしうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すり減らす - 心理学

5月
27

1日1度の深呼吸は精神科医を遠ざける

フリードリヒ・ニーチェの広く引用される金言「ある人を殺さない程度の負荷がその人を強くする」は、しばしば真実ととられる。だが、賢明に見えるかもしれないほどには、その言葉はめったに試されていない。心理学者は、うれしくない経験が本当に耐久力を増すかどうかについてほとんど何の考えもない。サイコロジカル・サイエンス誌に発表されたばかりの研究は、それは正確に反対だということを示唆する。

1995年に、ペンシルヴェニア州立大学の心理学者デヴィッド・アルメイダは、1,483人の人々を巻き込んだ実験を始めた。彼は彼らに二つのテストを受けるよう頼んだ。一つ目は、1から5の間で(1が「一度もない」で5が「いつでも」)過去30日間で、彼らがどれだけ役立たず、絶望、神経質、落ち着かなさ、そわそわするということを感じたか、どれだけの時間全てが骨折りだと感じたか、そしてどれだけ頻繁に何も彼らを元気づけられないほど悲しいと感じたかの報告を伴った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

判決 - 法と心理学

11月
06

裁判官の宣告は一貫性がない。多ければ安全なのか?

裁判の前にやってくるのにもっともよいときは、それがやってこないことだ。しかし法廷の知識は、昼食後がその前よりも良いことを示唆する。イスラエルの仮釈放者への聴取の研究は、食事の直前には、成功の機会はほんのわずかだと示す。しかし、ほかの偏りもたくさんある。サイエンス誌に掲載された今年の夏の181のアメリカの公判裁判官の調査は、1年間の平均で、精神病質の生理学を説明することはより軽い宣告をもたらすことを示した。弁護側が単に裁判官に囚人が精神病だったと話すと、平均の宣告は14年だった。

ほかのすべての人間と同じように欠点のある意思決定者である裁判官は、彼らの仕事の最も難しい部分に刑宣告を見つける。退職したアメリカ人裁判官のポール・チェーノフは、有罪か無罪かを決めるのはより簡単だと語る。偏りは国や文化をまたいでみることができる。同じ犯罪で、男性犯罪者は女性よりも厳しい宣告を受ける。黒人犯罪者は白刃よりも長い刑に服する。魅力的な女性や善人面の男は短い宣告を得る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

しっかりしろ! - ビアグラス

9月
23

どんな種類のグラスから飲むかで、どれだけ早く飲むかが予測できる

「まっすぐなグラスにしますか、それともジャグにしますか?」というのは、かつては英国のパブの客がパイントを頼むときに一般的だった反応だ。ゆで卵は尖った方かそれとも丸い方から割るべきかを議論した「ガリヴァー旅行記」のリリパット人のように、ビール愛好家は、彼らの好きな形のグラスで飲むときにその酒が最もおいしいということに断固としていた。

まっすぐなグラス、時には唇の少し下に膨らみを持っているものは、かなり勝利を得ている。ジャグ、取っ手のついたずんぐりとしたへこんだ円柱のグラス、は、今では珍しい。しかし、それはたぶん、まっすぐなグラスの愛好家がその仲間に彼らの見かたの美徳を説得したためと言うよりもむしろ、その方がバーの店員が集めて重ねるのが簡単だからだろう。にもかかわらず、ビアグラスの形は、問題だ。ブリストル大学の研究者グループが、それが人がどれだけ早く飲むかを規制しうると示しているからだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あわてるな - 遅れの利益

7月
20

延期をほめたたえて

心に焦点を当てるのに締め切りのようなものはない。このコラムの筆者は、いつその編集者ががみがみ言っても、その心は次の主題に焦点を当てていることを見つけた。(1)彼の足の爪。確かにそれらは切られる必要があるのか?(2)ウォルター・ラッセル・ミード。そのひげ面の賢人がブログの中で東ティモールについてなんといっているか?(3)彼の犬。彼らは散歩を熱望しているようだ。(4)彼の受信箱。トムスク大学の卒業生に返事をしないことは失礼だろう。

時間を浪費する人にとって、人生は扱いづらくなっている。ジャスト・イン・タイム配達に頼る事業は遅れに寛容ではない。株式市場取引は、毎秒何百万もの株式を取引する。24時間のニュースチャンネルは我々に情報爆撃を加える。ブログとツイートは瞬間コメントの嵐を提供する。その状況はとてもものすごいので、アメリカ人の1/4は毎日ファスト・フードを食べている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

心理学 を購読