ユニリーヴァ

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次の10億の買い物客のための戦い - 消費財

7月
14
プロクター&ギャンブル(P&G)とユニリーヴァの永遠の戦いは発展途上世界で激化している
 
パリへの旅は誕生日を祝うのにふつう悲惨な方法ではないが、今年のボブ・マクドナルドにとってはそうだった。6月20日に59歳になった時、過去3年間P&Gの社長だった彼は、そこでドイツ銀行によって開催された会議にて口ごもり申し訳なさそうな演説をした。その世界最大の家庭用品と個人医療製品の会社にとって次の四半期が期待よりも低いものになると予測し、革新とより広いその戦略の執行の両方でその会社が根深い問題を持っていることを認めたのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

よいビジネス、よいビーチ - CSR

6月
02

企業の社会的責任は進化しており、少し風変りではなくなってきている

6月17日に、活動家のどよめきが、倫理的ファッション・イニシアティヴと呼ばれるものによって資金援助を受けた「持続可能な未来のための良い事 業」についての会議で、リオ・デ・ジャネイロに集まる。彼らは、綿の社会的帰結について語る農民や「価値」という言葉の意味を議論する神学者の話を聞く。 彼らがまたリオの美しいビーチやかつてP.J.ルーケが表現した「衣料という地球の貴重な資源をほとんど」無駄にしないビーチの常連を賞賛するのは疑いが ない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デヴィッド・ブレントを褒め称えて - 中間管理職

8月
31

中間管理職は人々が考えるほど役に立たないわけではない

英国のテレビ番組の「アンダーカヴァー・ボス」の中で、会社の社が偽装して自分の会社の店頭で仕事をする。クライマックスは、彼が同僚に自分の本当の身分を明かすところだ。彼が驚くには、フロアの作業員は彼が誰かということについてしばしば何の手がかりも持たない。

社長礼賛は馬鹿げた割合に達した。ビジネス雑誌は彼らの事故満足した顔を見掛け倒しの表紙に派手に貼り、何千もの他の人たちが寄与した成功の手柄を全て彼に与える。しかし、MITの経済学者のアントワネット・ショワーの最近の研究によると、トップにある人はフォーチュン500の会社の業績のわずか5%を占めるに過ぎないと言うことだ。

自分の宣伝力を信じているボスもいる。エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる調査では、多くが自分たちの言葉や行動が雇用者を動機付ける鍵だと確信しているという。しかし、同じ調査を労働者に彼らがどう思うか聞いた時、多くが影響力を持つラインマネージャーとの関係だといった。マネジメントに関する作家のマーカス・バッキンガムがかつて皮肉ったように、「人々は会社に加わるが、マネージャーを置いていく。」のだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壁の中の失われたBRIC - インドネシアの中産階級

7月
31

東南アジア最大の経済で消費ブームがよく知られた問題を隠している

ジャカルタ中心部から、ゆっくりとした車の旅で見える広告板には、今、たった2つのものしか宣伝していない。スマートホンとスクーターだ。銀行が時には割り込むが、それはどちらかを買うための安いローンを提供するだけのものだ。幸運な客たちだ。そして現在のところ、顧客にとって良いことは、インドネシアにとって良いことだ。

その東南アジアの巨人は、成長に燃料を供給する消費者ブームの只中にある。2.38億人の人口をもって、インドネシアは長い間世界最大の経済の一つとなる潜在力を持っていた。もしその国が経済基盤を正しくできたなら。それはできるのか?

昨年、インドネシアは6%成長をして、G20の中で最も良い経済実績を上げた国の一つになった。格付け会社が豊かな国々の信用格付けを下げるのに忙しい中、インドネシアの格付けは逆方向へ向かってきた。インドネシア人は、その経済がまもなく新経済秩序の指導者としてのブラジル、ロシア、インド、中国の非公式クラブに参加できるだろうと考えている。彼らはBRIICSの中に入りたいのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ユニリーヴァ を購読