プリンストン大学

宇宙の割合の問題 - 暗黒エネルギー

12月
18

宇宙で最も豊富にある物質である暗黒エネルギーの研究のために、3つの実験が始まっているが、それが存在しないと示すと主張する理論が発表されたばかりだ

1920年代に、天文学者たちは宇宙が彼らから離れていると認識した。銀河がさらに離れれば離れるほど、それは早く後退するのだ。論理的に、これは、すべてのものがかつては一つの場所にあったことを意味する。ビッグバン理論につながったその発見は、現代宇宙学の始まりだった。

しかしながら、1998年に、新世代の天文学者たちが、宇宙は拡大しているだけではなく、かつてないほどに早い速度でそうしていることを発見した。誰も、何がこの加速する拡大の原因なのかはわからないが、それは何であれ名前を与えられている。それは暗黒エネルギーとして知られており、その性質が謎だとしても、その影響は、その量が計算されうるということだ。決定されうる限りでは、それは宇宙の中で質量の2/3を構成し(そしてそれ故にエネルギーの2/3に等しい)ている。それは、故に、文字通り、大きなものだ。もし暗黒エネルギーを理解しなければ、本当に現実を理解することはできない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

給料が機能するようにする

7月
31

なぜボスは業績連動給与を使うとき注意しなければならないか?

ある企業のすべての入力のうち、その労働者の努力はたぶんもっとも奇妙なものだ。それは、土地、工場、または機械と同じくらい重要だが、管理するのはより難しい。それはしばしば測ることすら困難だ。経営者はその企業の産出を計測できるが、労働者が仕事に費やした時間といった荒っぽい秤以上に彼らがつぎ込んだ努力は計測できない。従業員は情報の刃を持っており、自分の努力、産出、そして技能水準を知っている。この非対称性は、経営者が例えば技能は低いが勤勉なものと熟練しているが怠惰なものの区別をするのを難しくしている。懸命に働く従業員を報奨し、怠け者を罰することは、努力を支えうるが、ひどく逆噴射もしうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来の燃料 - 木材

5月
03

ヨーロッパでの環境の狂気

どの再生可能エネルギー源がEUでもっとも重要なのか?たぶん太陽光?(ヨーロッパは世界中で設置された太陽光電池エネルギーの能力のうち1/3を持っている。)または風力?(ドイツは過去10年で風力発電能力を3倍にしている。)答えはどちらでもない。ヨーロッパで使われている再生可能エネルギーと呼ばれるもので断然最大のものは、木材だ。

棒やペレットから削りくずまで、そのさまざまな形で木材(またはその流行の名前を使ってバイオマス)は、ヨーロッパの再生可能エネルギー消費の約半分を占めている。ポーランドやフィンランドのようないくつかの国では、木材は再生可能エネルギー需要の80%以上を満たしている。風力や太陽光に巨額の補助金をつぎ込んでいるエネルギーヴェンデ(エネルギー変革)の母国であるドイツでさえも、非化石燃料消費の38%はそれらのものから来ている。ヨーロッパ諸政府が彼らのハイテク低炭素エネルギー革命について自慢した年月の後に、主要な受益者は産業化以前の社会で好まれた燃料のようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空気取引

3月
26

環境の立場から貿易制限は正当化できるのか?

炭素市場は青ざめているようだ。世界最大である、ヨーロッパの排出権取引制度での炭素価格は、暴落している。バラク・オバマのキャップアンドトレードを議会で通そうという望みはかつてないほどに遠のいているように見える。インドやブラジルのような場所での行動の兆しはない。しかし、炭素市場がどれほど遠くまで来ているかを忘れるのは簡単だ。それらはヨーロッパ、オーストラリア、カリフォルニア、中国、そして韓国で存在するか、その途中にある。いつの日か、炭素価格は国によって大きく違うようになるだろう。

彼らがそうする時、炭素排出費用がモノの価格全体に埋め込まれ、まったくないもしくはより低い炭素価格の国で生産されたモノに比べてそれが上がるので、より高い炭素価格を持つ国は競争的不利となるだろう。世界銀行のアーディトヤ・マトーとワシントンDCのシンクタンク世界開発センターのアーヴィンド・サブラマニアンによる新しい研究は、この不利益がどれほど大きくなるかを見ている。もし先進諸国が2020年に2005年にそうだったものより17%下に炭素排出を減らすという一方的な制限をかけるのならば、エネルギー集約的な製造財の輸出をアメリカで12%減らし、それらの財の合衆国の輸入を4%押し上げるだろうと彼らは計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

教育を受けたものの苦悩 - 大学の学位はもはや金融的安全を与えない

9月
12
豊かな世界で、多くの卒業生がその両親に涙の別れをし、大学での新生活を始めようとしている。学ぶことへの純粋な愛情に目覚めるものもいる。しかし、多くはまた、3年か4年を大学で過ごし、その過程で巨額の負債を積み上げることは、給料が良く安全な仕事を得る機会を増加させるだろうと信じている。
 
彼らの年長者はいつも彼らに、教育は地球規模になった世界で成功するよう準備する最善の方法だと教えてきた。工場労働者は、その仕事が海外流出し、自動化されるのを見るだろう、と普通の議論はなる。学校中退者は、金に困った不安定な人生に対処しなければならないだろう。しかし、大卒エリートは自分の足で世界に立つだろう。この見方を支持する幾つかの証拠がある。ジョージタウン大学の教育労働力センターの最近の研究は、「中等学校移行の資格を得ることは、ほとんどいつも価値がある。」と論ずる。教育の資格は、稼ぎときつく関連している。専門の学位を持ったアメリカ人は、人生を通して360万ドルを得ることが期待できる。単に高卒資格しかないと、130万ドルしか期待できない。教育による収入の差は広がるかもしれない。2002年の研究は、学士号を持った人は人生を通して高卒の人よりも75%多く稼ぐことができることを見つけた。今日ではその割増はより高くなっている。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アラン B. クルーガー

9月
07

アラン B. クルーガー

アラン・ベネット・クルーガー(1960年9月17日生まれ)は、プリンストン大学で経済学と公共問題でのベンドハイムの教授で、全米経済研究所のリサーチ・アソシエイトである、アメリカの経済学者だ。2009年3月7日に彼はバラク・オバマ大統領により、米国財務省の経済政策担当副長官に任命された。2010年10月には、彼は財務省を辞めることを発表し、プリンストン大学に帰った。彼は、IDEAS/RePEcによると、世界最高の経済学者50人の中に入っている。2011年8月29日に彼はオバマによって大統領経済諮問委員会の委員長に指名された。
 

幼少期

クルーガーはニュージャージー州リヴィングストンで育ち、1979年にリヴィングストン高校を卒業した。
 

経歴

クルーガーは、自然実験の方法を発展、応用し、教育の収入に対する効果や最低賃金の雇用に対する効果などの問題を研究した。

クルーガーは、最低賃金を引き上げたニュージャージーでのレストランの仕事とそうしなかったペンシルヴァニアでのそれを比べ、ニュージャージーでのレストランの雇用が増え、ペンシルヴァニアでのそれが減ったことを見つけた。その結果は後に粉砕された。

「テロの経済学:人はなぜテロリストになるのか(2007)」で、彼は、テロリストが貧困の教育を受けていない環境から来るという仮定に反して、彼らはしばしば中産階級の大学教育を受けた背景から来ると書いた。
1994-95に、彼は米国労働省で主席エコノミストとして働いた。彼は、カーショウ賞、マハラノビス賞そして(デヴィッド・カードと共に)IZA賞を受賞した。彼は、アメリカ芸術科学学会、労働経済学者会、そしてアメリカ政治社会科学学会のフェローである。彼は、チェコ共和国のプラハにある学術研究所CERGE-EIの幹部・監督者委員会(ESC)の委員である。

クルーガーはコーネル大学の産業労働関係学部で(優等で)学士号を取り、1987年にハーヴァード大学で経済学のPh.Dを取得した。彼はまた、教育、労働市場、所得配分といった問題に関連した多くの本を出版している。彼はまた、環境クズネッツ曲線についての彼の研究で知られている。2000-06に彼はニューヨーク・タイムスの経済シーンのコラムを担当した。

Wikipedia 英語版より
Original page was last modified on 2 September 2011 at 19:06.

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マイクロ・スコープ - バラク・オバマの新しい経済学者

9月
07

アラン・クルーガーが大統領経済諮問委員会の委員長に指名される

バラク・オバマがその職に就いた時、彼の優先順位は、経済を崩壊から守ることだった。ふさわしいことに、彼の最初の大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長は、1930年代の大不況のような問題を調査してきたマクロ経済学者のクリスティーナ・ローマーだった。

今、彼の第一期の最後の年が近づいて、オバマ氏の野望と策略の余地は縮んでいる。9月8日に彼が議会で演説する時、彼は、より小さな計画の詳細なリスト以上の大きな刺激策を要求しそうにない。適切なことに、8月29日に彼がCEAの委員長に任命した男は、アラン・クルーガーで、彼は、例えばどのように最低賃金がニュージャージーのレストラン労働者に影響するかといったことを勉強したプリンストン大学の経済学者だ。

経済は、たしかに、より多くの刺激策を要求するのを許すのに十分なほど弱い。問題は、下院を支配する共和党が単にそれを無視するだろうということだ。オバマ氏は、より小さな安い考えのより良い見込みを主張する。12月に期限切れになる予定の所得税減税と失業手当を延長し、中小企業に援助を提供し、運輸基金を再認可しおそらく拡大し、不動産借り換えを簡単にし、立ち往生した自由貿易協定と特許制度改革を通過させることで、全て幾らか債務を削減する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
プリンストン大学 を購読