イングランド銀行

プラスティックのポンド - 新しい貨幣

3月
09

紙幣は終わりに近づいている

イングランド銀行は、ショッピングセンターでその調査を見せているとは知られていない。ふつう、そのデータ解析担当は、ワシントンD.C.やフランクフルトの陰気な部屋にいるがり勉タイプの相手役とその考えを交換する。しかし、その最新の計画は異なっている。3年間にわたって、イングランド銀行は、その貨幣を研究しているのだ。いま、それはそれがプラスティックで作られるべきだと公衆を説得したいと思っている。

広く定義した英国の現金のうち、たった約3%しか、いずれかの物理的形態をとっていない(残りはデジタルだ)。30億の紙幣が流通しており、額面は約580億ポンド(920億ドル)だ。9月10日に、その銀行の業務局長のクリス・サーモンは、ある貨幣を紙(実際には綿と亜麻でできている)で作るのをやめて、2016年から5ポンドと10ポンドについてポリマーを使いたいといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マリに追いつこうとしようではないか - 英国経済

9月
12

なぜ投資適性で159番目になることは、ある国にとって回復を維持することができないのか

良い経済的ニュースは、旱魃の中の雨のしずくのように英国に降り始めている。その国は干からびている。先週発表されたGDP推計の改定は、産出が依然としてその2008年のピークよりも3.9%低く、イタリア以外のどのGDP諸国よりも悪い成績だということを示唆する。信認が戻るにつれ、英国経済が依然として弱い投資、生産性、そして賃金の病気の核を持っており、厳しい政策決定が前に横たわっているということを指摘するのは、ほとんど不作法なようだ。

その経済は、第一四半期に年率換算で1.2%成長した。経営者の調査は、今年の0.8%の成長と言う公的な予測が上方修正されなければならないことを示唆する。抵当信用は再び流れている。住宅価格は上がっている。FTSE100の株価指数は、5月にその2007年のピークを少し超えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

市場の国有化

6月
10
金融政治複合体の興隆
 
過去5年間にわたって当局によってとられたそれぞれの段階は、経済を支え、金融制度を救うために設計されてきた。しかし、累積した影響は市場の忍び寄る国有化だ。中央銀行は、多くの豊かな世界の国債市場で最大のプレイヤーだ。株式市場は、中央銀行が通貨供給を拡大した時にのみ活発になるようだ。そして、銀行制度は暗黙か明示的にか政府の支持に非常に依存している。
 
銀行が最初だ。彼らは貯蓄者から借り手に、伝統的には家計部門から会社へ、資金を流すために存在している。しかし、現代の銀行は小口預金からだけでなく、市場からも資金を調達する。2007年までに、ヨーロッパの銀行は、より良い(投資適格の)法人の借り手よりも、安く市場から借りることができた。しかし、過去5年間、銀行の借り入れ費用は、一貫して非金融企業よりも高かった。これは、銀行の仲介業者としての役割についての巨大な疑問符を提示する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
イングランド銀行 を購読