ゴールドマン・サックス

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

秘密を守れますか? - 知的財産

4月
15

ある考えで特許を取るためには、それを公表しなければならない。多くの会社は秘密を好む

知的財産を守る議論を呼ぶやり方は、それで特許を取ることだ。これは、発明者にその考えについての法的保護を与える。もし他の人がそれを使いたいと思えば、彼らはそれに対して支払わなければならない。その欠点は、彼はその考えを公表しなければならないので、それほど法がしっかりしていない国でそれを盗むことを簡単にすることだ。

だから、たくさんの会社は、彼らの最も価値のある考えをラップに包んでいる。悲しいことに、それは確実でもないのだ。コンピューターセキュリティ会社のマンディアントから先月発表された報告が明らかにするように、ハッカーたちはずるく、中国は外国の秘密を守るためにたくさんのハッカーを雇っている。会社がどれだけの取引上の秘密を持っているか、またはそれにどれだけの価値があるのかは誰も知らない。顧客リストのようないくつかのものは、日々の営業の間に生み出される。特許は一般的にたった20年しか続かないので、秘密にされるものもある。もしコカコーラがその秘密のレシピで特許を取っていたら、それはその権利をとうの昔に失っていただろう。そしてそれはその神秘性をすぐに失っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

商業と意識 - ソーシャル・インパクト・ボンド

3月
22

公共サーヴィスへの金融の新しい方法は推進力を得ている

中央ロンドンの湿気た朝6時半に、その町はすでに忙しい。バリスタはコーヒーショップの中で準備している。事務所清掃員は仕事をしている。そして慈善団体や地元自治体からの福祉チームは、野宿者を見つけ道から追い出すために、早朝シフトで働いている。

ほとんどのチームにとって、優先順位は、新しくホームレスになった人々を見つけ、彼らがパターンにはまって落ち着く前に素早く彼らのために寝床を探すことだ。セント・ムンゴスというホームレスのための慈善団体で働く福祉ワーカーのカス・シムスは、しかしながら、新来者を探してはいない。彼女は、道から彼らを追い出すという狙いを持って、415人の習慣的な野宿者の特定集団の中の人々の場所を定めようとしているのだ。

それは、彼女を大きな財務的実験の前線にも置く。彼女の仕事は、もし社会的目標が達成されれば民間投資家に配当を約束する「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」という道具によって資金を得ている。その債券は、セント・ムンゴスと(別の400人かそこらのホームレスの人々に責任を持つ)テムズ・リーチという別の組織で分け合う500万ポンド(800万ドル)を投資家から調達した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富をセメントで固める - アフリカでもっとも豊かな男

7月
08
コンクリートの王がナイジェリアを超えた野望を持っている
 
ナイジェリアの商業首都ラゴスの混雑したラウンドアバウトにある灰色の建物の中で、アリコ・ダンゴートは、セメントや砂糖からパスタや祈りのマットまで、すべてのものの取引をしている。彼の昇進は、石油の樋から富をなすナイジェリアの大金持ちの普通の道は通らなかった。10年前、彼は幾つかの破たんした国有事業を買収し、それらを利益が出るようにした。彼の批判者は、彼が政治家とあまりに打ち解けており、彼のある部門での支配は経済に害を与えているという。しかし、彼の工場建設とアフリカの輸入依存を減らした実績は否定できない。「私は世界で最も成功したビジネスマンになりたい。」彼は語る。
 
55歳の彼は、アフリカでもっとも豊かな男として、フォーブス誌の最新の億万長者一覧の76位につけている。彼は、北の町カノの裕福なムスリム家庭に生まれた。先祖はコーラナッツを取引し、若いアリコがカイロで勉強する金を出し、そして1977年に彼の最初の会社で大陸的な複合企業になった商品貿易会社に資金を出した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本 一年後

3月
13

水は引いている。日本の北東部がマグニチュード9.0の地震と40メートルの津波に襲われてから1年がたち、写真家が破壊の後の忘れられない写真を撮った沿岸の村は、今では奇妙な落ち着きを発している。車はもはや今にも倒れそうな建物の上にぶら下がってはいない。破壊された漁船のねじれた外殻は、下町の道から引きずられている。

日本社会の並外れた回復力と団結は、その国が1年前に襲った地震、津波、破損した原発という空前の3重苦に取り組むのを助けている。少なくとも2万人の人々が亡くなり、数えきれない家や家財道具が破壊され、多くは再建されない。当時の総理大臣、菅直人は2011年3月11日の衝撃を、日本の戦後最大の危機、と正しく表現した。

日本は、繰り返し災難から、しばしば以前よりも活気があるほどに立ち直ってきたので、多くの思慮深い日本人(と非日本人)は、その国がただ破壊された東北から生き返るだけでなく、何十年にも及ぶ社会的経済的沈滞を追い払うことを鼓舞して、去年の災難が似たような浄化作用効果を持つだろうと信じた。しかし、1年後、3月11日は待ち望まれた触媒にはなっていない。危機後の日本についてもっとも注目すべきことは、それがいかに危機前の日本に似ているかということだ。新しい通常は古い通常と多くの点で似ている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小口貸出はより大きく考えている

2月
21

この1千億ドル産業は重要な流れを開発したが、新しいやり方がそのビジネスモデルを作り直している

最近、ヤニック・メジーユは、ハイチの新しい女性相としてのきつい仕事と、6人の従業員が2年前の破壊的な地震によって荒廃した街に物を売っている彼女の卸売業との間に突進している。土曜日に、メジーユはポルトープランスのてんやわんやの市場で、荷物、学用品、そしてたくさんのほかの商品の活発な取引をして、仕事を監督する。「地震の後で事態は本当に悪い。」彼女は語る。「しかし、私はかつていたところに幾分戻ってきたと言おう。」

依然として復興に苦労している国で、メジーユは傑出した人物だ。しかし、それは簡単に別の方向に行ったかもしれない。約8.5万人の人々を殺し、百万人をホームレスにしたハイチの地震が2010年の1月に襲った時、メジーユがそのほとんどの商品をためていた倉庫は破壊された。彼女の家族を支える方法はほとんどなく、メジーユは政府高官と援助機関に彼女の事業を補充するために助けてくれるよう訴え、それには何か月もかかるといわれた。だから彼女は、たとえその融資が典型的には彼女が必要としているもののほんの一部である約100ドルだったとしても、ハイチ最大のマイクロファイナンス機関であるフォンコゼに向かった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

静かにそれをする - 日本の銀行

2月
13

日本のアメリカ投資の次の波は前とは違う

1980年代と90年代の間の日本のアメリカへの投資の第1ラウンドは、とても感情的になったことで有名だ。ゴルフコース、投資会社、そしてニューヨークのロックフェラーセンターの大部分を含む、一流とみなされた資産を買うのに異常な価格が支払われた。売り手は喜び、大衆は嫌悪感を抱いた。本当の犠牲者は巨額の損失を抱えた日本の買い手自身だった。

すべての取引が失敗に終わったわけではなかった。特に、住友銀行がゴールドマンサックスの少数株主になったことは、最初は日本において困惑を持って受け止められたが(住友はその株を金の蛇口というよりもむしろ提携関係だと考えていた)、よい収益をもたらすものだと判明した。控えめな態度、少数株主、金融への焦点といったそのやり方の教訓は、日本の投資の次の波を特徴づけるかもしれない。

西側の銀行は、新しい規制に合わせるために自己資本の調達に迫られている。ほかの金融資産は危機後の再構築の一部として売られている。日本の銀行は比較的健全で、高い自己資本比率を持ち、日本で成長する能力について深く懐疑的だ。それは再び彼らを外に向けさせ、しかもアジアの裏庭だけにとどまらない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪魔学の恐れ

1月
10

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

爪か顎か - アジアの経済

9月
01
アジアの経済は西側の減速を乗りきれるのかもしれないが、それを防ぐことができるか?
 
英語圏の世界では、人々はフライパンから逃れて火に入ろうとしている。タイでは、そのことわざは、違う型で表現される。人々は、ワニに食べられるためだけに虎から逃げると言われる。アジアでの他の多くと同じくらい、タイ経済は驚くほど素早く、大景気後退から跳ねでた。今年、より大きな脅威は、広がるインフレの顎だ。それを意識して、タイ政府は、8月24日には2010年の中頃から、9回目の利上げを行った。しかし、それは分裂した決断だった。アメリカやヨーロッパでの経済的苦悩は、アジアの雰囲気を暗くしている。虎の唸り声を再び聞いているものもいる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のデジタルゴールドラッシュ - インターネットビジネス

5月
18

インターネット会社はまた盛り上がっている。それは買い時なのか、売り時なのか。

38番埠頭は、サンフランシスコの湾岸に位置する巨大なハンガーのような構造物だ。かつてはカリフォルニアのゴールドラッシュ時代に中国系移民がつるはしとショベルを持って鉄道建設のために上陸してきたが、その埠頭は今ではインターネットで金持ちになる競争に加わっているスマートフォンやコンピュータの起業家たちの本拠だ。彼らのオープンプランの事務所から、ノイズトイズやアディリティ、そしてトラズラーといったイキで奇妙な名前で新興企業を経営する若い人たちは、猛烈にプログラムを打ち込んでいないときには、近くに停泊している変わったヨットを見つめることができる。

「革新のスピードは我々が今までに目にしたことがあるようなものではない。」と、38番埠頭で若い会社に場所を貸すヴェンチャーキャピタルの1部門のドッグパッチラブを運営しているライアン・スプーンは語る。多くの他の起業家たちのように、借り手たちは、フェイスブックや、ファームヴィルと言ったとても有名なオンラインゲームを作ったジンガのようにしばらくの間インターネット界で脚光を浴びることに邁進してきた会社の後を追いたがる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ゴールドマン・サックス を購読