テキサス大学

バイバイ、ブーメラン - 家族生活

11月
04

大人になった子供に出ていくよういかにして説得するか

宗教学と創造的作文の卒業生で失業中のアンドリューは、両親とともにオレゴンに住んでいる。彼だけではない。全人口の36%に当たる、18歳から31歳までの2,160万人程度のアメリカ人は、依然として親の家に悩み暮らしている、とシンクタンクのピュー・リサーチ・センターは言う。この数字は、休日の間だけ家にとどまっているかもしれない学生を含んでいるので、少し間違っている。にもかかわらず、パパとママにくっついている若者の割合は、1968年に調査が始まって以来、最大だ。

アンドリューは、「強烈な情熱で」彼の状況を憎んでいる。それは、もちろん、安全で、乾いており、温かく、彼はその両親の助けに感謝している。しかし、彼は退屈で、欲求不満で、彼らの引き立ての下に帰るので彼の恋愛生活は「限られている」。(母親が彼に料理をさせないという事実は、二人のためにロマンティックな食事を準備することを挑戦にする。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

溶剤(解決法)を醸造する - ごみからカフェインを取り除く

5月
12

遺伝子工学はコーヒーの加工をきれいにするかもしれない

コーヒーは大事業だ。一つの帰結は、カフェインが汚染物質なので否応なしに捨てることのできない、たくさんのカフェインを含んだゴミだ。それは苗木の発芽と成体の成長の両方を抑制するので、集められ認められた場所に捨てられなければならない。

これは二つの理由で残念だ。一つは、それがコーヒー1杯の費用を増すことだ。もう一つはそのゴミは養分が豊富なことだ。もしそれからカフェインを除去できれば、それは動物のエサとして使われ、故にコーヒー会社の収入を減らすよりもむしろ増やすかもしれない。しかし、それはカフェイン除去の安いやり方を必要とするだろう。それが、オースティンのテキサス大学のジェフリー・バリックとその同僚が見つけたいと思っていることだ。シンセティック・バイオロジー誌に掲載された彼らの研究は、その答えが遺伝子組み換えバクテリアにあるということを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

死が我々を分かつまで - HIVとAIDS

3月
10

不貞に番号をつける

AIDSのような性感染症を取り扱う一つの問題は、人々がそれを媒介するような行為に耽溺していることについて繰り返し嘘をつくことだ。それは、必要な所よりも懸命に努力をつぎ込んでいるのはどこかを知らしめる。そして、不貞についての質問以上に人々が嘘をつく分野はない。無邪気な部外者は、不貞がAIDSの原因となるHIVが広がる重要な道だったようだと考えることを許されたかもしれない。しかしながら、今まで、それは単に推定にすぎなかった。

オースティンのテキサス大学のスティーヴン・ベランは、ランセット誌への論文の中でこれを変えている。「配偶者を欺いていますか?」という質問への答えよりも信頼できそうなデータを使って、彼とその同僚はどれだけのHIV感染が不貞によっておこるかを調べている。その答えは、予想された通り、「たくさん」だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

法律と貧者

4月
11

新興市場の裁判所は多くの人が推測するよりも貧者にとって良い

12月にインドの内閣は、人口の2/3に安い食料を得る権利を与える(法によって強制可能だと考えられた)「食糧への権利」法案を承認した。議会は依然としてそれに承認を与えなければならないが、その考えは流行の一部だ。インドの法律は、すでに、教育、保健、そして賃金労働の権利を約束している。そしてインドは、社会的と経済的権利をその憲法に組み入れ、これらの権利を施行するのに裁判所を使う多くの国の一つだ。インドネシアの憲法裁判所は、2004-06に政府に教育支出を増やすよう要求する裁定を出した。南アフリカの最高裁判所は、気の進まない大統領、ターボ・ムベキに、様々な反HIV/AIDS計画を始めるよう義務付けた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
テキサス大学 を購読