スリランカ

悪いことが多すぎる - アジアでの強姦

2月
28

デリーでの強姦と殺人は、インドでの女性に対する暴力に注意をもたらした。しかし、医療ジャーナルのランセット・グローバル・ジャーナルに掲載された新しい調査によると、隣り合う国々での状況も同じように明るいものではない。6つのアジア諸国で調査された10人の男性のうち1人以上がパートナーではない女性を強姦したことがあると言い、その数字は妻や女友達を犠牲者に数えると4人に1人近くにまで上がる。国連の計画の一部としてのその調査で、研究者たちは、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パプアニューギニア、そしてスリランカでの18-49歳の1万人を超える男性を調査した。その男たちは、(男性調査官によって)「強姦」については聞かれなかった。そうではなく、彼らは「女性に性交するよう強要したことがあるか」を聞かれたのだ。パートナー以外に対する答えは、バングラデシュでの4%からパプアニューギニアでの信じがたい41%まで、多様だった。」強姦者の7人に1人以上は最初の強姦を15歳以下の時にした。半分以上は20歳になる前にそうした。55%しか有罪だとは感じていないと報告し、1/4以下しか刑務所に行かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソフトパワーはカネでは買えない - 中国外交

6月
10

中国の経済的強さは、アジアの他の所でのその人気に大きな貢献をしていない

中国の需要の触手は、今ではアジアの隅々にまで到達している。中国のスープに鳥の巣を供給する遠く離れたインドネシアの村の不似合いなほど豊富なツバメの巣、シンガポールのカジノ、かつては捨てられた鶏の足の市場を今見つけているインドの養鶏場、オーストラリアのピルバラとモンゴルのゴビに広がる広大な鉱山。中国はその地域にとって、市場としてだけではなく、輸出業者、投資家、建設業者、そして政府援助の素としても重要なのだ。

しかし、中国の経済力と、その経済がその地域に影響する多くの積極的な方法は、外交的な利点をもたらしていはいない。実に、その地域的な関係は過去20年間よりも悪い状態にあるのだ。日本との間では、彼らは争っている尖閣諸島についてとても悩んだままなので、武力紛争が深刻な可能性を持っている。東南アジアでは、南シナ海を巡る紛争でつながりは劣化している。ミャンマーは20年にわたって中国との友好関係を強化した後で、今ではその依存を減らすために西に向かって傾いている。インドとの関係は、商業関係の急速な増加にもかかわらず、相互不信に特色づけられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

雪の竜たち - 北極ルート

9月
18

北極が溶けるにつれて、アジアはリスクにぞっとしているが、機会によだれを流している

北極は、誰の予想よりも早く溶けている。海の氷の地域がこれまでにないほどに小さくなったと報道されたばかりだ。そして、8月にかつての年間最低点をすでに超えて、それは9月にさらに縮むだろう。1951年以来、北極は地球平均のほぼ倍で温暖化している。だから、最新の記録は、気候変動の進行の恐ろしい一里塚だ。だが、多くのアジア人にとっては、短期的には、強欲さが恐れに勝っている。北が溶ければ、膨大な鉱物の富に手が届き、大西洋への航路が劇的に短くなる。

合衆国地質調査所は、世界の未発見の天然ガスの30%程度と未発見の石油の13%の埋蔵が、北極に横たわっていると推計している。それはまた、石炭、鉄、ウラン、金、銅、レアアース、宝石、などなど、もちろん魚も、を含んでいる。北東アジアの資源に飢えた経済である中国、日本、韓国にとって、これらの富を開発する機会は、逃すことができないように見える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次の10億の買い物客のための戦い - 消費財

7月
14
プロクター&ギャンブル(P&G)とユニリーヴァの永遠の戦いは発展途上世界で激化している
 
パリへの旅は誕生日を祝うのにふつう悲惨な方法ではないが、今年のボブ・マクドナルドにとってはそうだった。6月20日に59歳になった時、過去3年間P&Gの社長だった彼は、そこでドイツ銀行によって開催された会議にて口ごもり申し訳なさそうな演説をした。その世界最大の家庭用品と個人医療製品の会社にとって次の四半期が期待よりも低いものになると予測し、革新とより広いその戦略の執行の両方でその会社が根深い問題を持っていることを認めたのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

法と銃 - 海賊と民間保安

4月
28

船に乗った武装警備は海賊を思いとどまらせる。しかし、彼らが合法だと誰が言うのだろう?

戦場での民間保安チームは、ペルシャ湾から南はセイシェルまで、東はモルディヴまで広がる「ハイリスク地域」の約40%の大型船舶の船上を警備する。海賊が攻撃してきたとき、これらの武装警備は火炎信号で反応するか、警告射撃を行う。これはふつう襲撃者を恐れさせる(または彼らをより簡単な獲物探索に向かわせる)。もしそれが失敗すれば、彼らは攻撃船のエンジンに発砲し、そのあとで海賊に狙いを定める。今のところ、武装警備を乗せた船でハイジャックされたものはいない。

それらの警備を提供するほとんどの会社は英国で、だいたい元特殊部隊の起業家精神に富んだものによってはじめられる。ハイリスク地域を通り過ぎるのに、4人組のチームで4.5万ドルかかりうる。船の所有者への費用は、幾分かは保険の節約によって相殺される。

その考えは単純なように見えるが、その法的枠組みはそうではない。海洋法に関する国際連合条約の下では、警備員を含んだ船員は、船の船籍国の法を順守しなければならない。しかし、これらの船は国際海域を往復しているので、その規則は十分でないことを意味する。2009年以来作られた標準の列挙は、民間保安チームの良い慣行を示唆するが、法的に拘束力のあるものはない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

安い中国の終わり - 製造業

3月
18

世界の製造業にとって中国の賃金上昇は何を意味するのだろう?

香港から中国を世界の工場にした地域である深圳へフェリーで渡ると、巨大な看板が挨拶する。「時は金なり、効率は人生なり。」

中国は世界最大の工場だ。そのテレビ、スマートフォン、鉄鋼管などの産出は、2010年にアメリカのものをしのいでいる。中国は今、世界の製造業の1/5を占めている。その工場は、とても多く、とても安く作っているので、その貿易相手の多くでインフレを抑制している。しかし、安い中国の時代は終わりに引き寄せられているかもしれない。

歴史的に工場が群がってきた沿岸の省から始まった費用の上昇は続いている。土地価格の上昇、環境安全規制の増加、そして税がすべて役割を果たしている。しかしながら、最大の要素は、労働力だ。3月5日に、投資銀行のスタンダード・チャータードは、珠江デルタで操業している200を超える香港に本社を置く製造業者への調査を発表した。それは、今年になってすでに賃金が10%上がっていることを見つけた。深?でアップルのiPad(や他の多く)を生産する台湾の請負製造業者のフォックスコンは、先月給料を16-25%上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

唇と歯のようには近くない - 中国とインド・ヴェトナム

10月
26
中国はインドがヴェトナムとの友好関係を深めていることを恐れるべきではない
 
中国の主権が問題になっているとき、北京の新聞のグローバルタイムスは気取った言葉を使わない。9月に、ヴェトナムがインドの国有石油ガス会社ONGCが南シナ海で中国が領有権を主張する水域で探索をするために結んだ契約は、「中国を限界に押し込む」だろうとガミガミ言った。しかし、今月、インドとヴェトナムは「エネルギー協力」の合意に達した。グローバルタイムスは、ヴェトナムがその共産党書記長グエン・フー・チョンが北京を訪れている間に中国との海洋の小競り合いを解決するための「グランドルール」について合意したたった1日後にそれが署名されたことに激怒した。いま、その新聞は「中国は、その立場を示し、中国に対するより向こう見ずな試みを妨げるために行動を起こすことを考えるかもしれない」と怒鳴る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

慈善は海外活動を始める - 援助の新しい素

8月
22

大きな発展途上国が援助の世界を揺らしている

1951年から1992年の間に、インドは約550億ドルの海外援助を受け取リ、歴史上最大の援助受益者になった。今ではそれは自らの援助機関を立 ち上げる寸前のようだ。外務省の報道官は、政府は、アメリカの国際開発庁(USAID)や英国の国際開発省(DFID)に相当するインド開発協力局 (IAPD)を作るための「活発な議論」を行っていると語る。他の省庁の官僚は彼らの足を引っ張っているが、デリーのシンクタンクRISのグルプリート・ シンは、政府は1ヶ月以内にこの機関を発表し、今後5年から7年の間に113億ドルの予算をつけるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

スリランカ を購読