オサマ・ビン・ラディン

2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

7月
07

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソマリアのチャンス

8月
23

合衆国が支援するアフリカ軍は平和をもたらすことができるのか?

過去20年間のソマリアの戦争の間のどこかで、生存が釣り合わなくなるような大きなレヴェルに破壊が到達した瞬間が来た。家がその石の中心部を道に投げ出し道路は20年分のがれきの下に埋まっているモガディシュの下町で、25万人の人々がひもで結びつけられたソダとプラスティックのまゆに住んでいる。

その華やかにタイル張りされたバルコニーで大臣や大使たちがかつて眼前のインド洋を眺めながらサンジョヴェーゼワインやカナッペを楽しんだ海に面したアル=ウルバ・ホテルの灰色の骨組みの中で、輝く白いプレハブのウガンダ軍食堂サーヴィスがアフリカ連合の平和維持軍のために牛肉とスパイスの効いたキャベツをバーベキューにしていた。西に30キロいったアフゴエを過ぎたところにある前線では、アラブの王子に所有される川沿いの宮殿があり、そこでは、戦争、基金、そして断続的な占領の期間を通して、ヤシやマンゴーの木が植えられた庭で一羽残ったダチョウを職員が世話している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪くなっている - ナイジェリアの困難

7月
22

イスラム過激派集団は、かつてないほどに死に至る影響力を持つようになっている

ナイジェリアの北部と中部の暴力は悪化している。過激派イスラム集団のボコ・ハラムによる、教会へのますますひどい攻撃は、キリスト教徒とムスリムとの脆弱な関係を痛めている。教会への攻撃は、ボコ・ハラムにとって新しいことではないが、それはその注意を、二つの宗教が混じっており、しばしば獰猛な報復を掻き立てるナイジェリアの「中間帯」にその目標を向けている。キリスト教の指導者は、その信者の忍耐が「切れるだろう」と警告している。

両宗教がまじりあった街ジョスで7月7日に起こった激しい戦いは、少なくとも63人の人々を殺した。1日後、一人のナイジェリア議員と何人かのほかの哀悼者が、集団葬の間に銃を置いた。その町の一部は、今では日暮れから夜明けまで夜間外出になっている。ボコ・ハラムは7月10日にそれが攻撃の裏におり高官を殺し続けるだろうという声明を発表した。それは、キリスト教徒が、イスラムを受け入れるまで、「再び平和になることはないだろう」と脅した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

最も厳しい言葉 - パキスタンのアメリカとの関係

5月
18

仮想の友人との間の緊張は、驚くほど克服できないことを証明している

大国にとって謝罪することは難しいとわかっている。「戦略的」同盟と想定される合衆国とパキスタンとの関係は、11月の恐ろしい「友好的発砲」事件でアフガン国境に駐屯していた24人のパキスタン軍を米軍機が誤って殺して以来、麻痺している。今、二人の口論している子供たちがその誇りを飲み下し仲直りできないように、オバマ大統領の政権は、その死について謝罪するつもりがなく、パキスタン政府は罰としてアフガニスタンのNATO軍兵士に供給する道を閉じた後に、それを再開することを拒絶している。4月の終わりに、アメリカのパキスタンへの特使マーク・グロスマンは、メンツの立つ取引なしに首都のイスラマバードを後にした。密室の中で、一人の参加者が「毒」と表現する雰囲気の中で、議論が続いている。しかし、どちら側も依然として、パキスタンが5月20-21日のシカゴでのNATOサミットに招待されるときまでにNATOの供給ルートを回復する合意に望みを持っている。参加者は2014年の終わりまでにほとんどの外国軍が去った後のアフガニスタンの解決を議論することになっている。しかし、アシフ・アル・ザルダリ大統領がシカゴへの連絡を受ける時間は迫っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スーダンの戦争への巻き戻し

5月
11
南スーダンが北から独立を得てから1年もたたないうちに、紛争が再び吹き荒れており、そしてどちらの側にも責任がある
 
スーダンのヌバ山脈の奥深くにある裂けた地面と黄色い草の広い平原の上で、反乱軍司令官のナミリ・ムラド准将は双眼鏡を持ち上げ、目標である4キロ程度離れたところにある政府支配下の町タロディを注意深く観察する。「彼らは3台の戦車を持っている、見えるかい?」彼は携帯用双眼鏡を渡していう。「彼らは6台持っていたが、我々が3台破壊した。彼らは(重機関銃の).50calとI2.5も丘の上に持っている。しかし、我々には3,000人の兵士と2,000から3,000のさらに二つの旅団があり、彼らは1,700-1,800しかいない。我々はここをすぐに落とす。」彼は、彼らが前線に近づいたとき、我々の車によって巻き上げられた埃を凝視し、それから空を見上げた。「彼らはトラックが動くのを見た時、アントーノフとミグを送って我々を爆撃する。」彼は語る。「我々は今立ち去る。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダは下り坂だが、なくなったとはとても言えない - ジハーディスト・テロリズム

5月
02

中核部分は打ち負かされているが、提携者は戦いを継続している

数字が物語を教えてくれる。アメリカの反テロリズム作戦は、徐々に、アフガニスタンやパキスタンの部族地帯から、イエメン、ソマリア、そしてアフリカのほかの部分に移っている。たった6週間で、イエメンでのアラビア半島のアル=カーイダ(AQAP)に対する無人機攻撃は、約90人の戦士たちを殺している。ウェブサイトのロング・ウォー・ジャーナルによると、シャブワ県アザン地区で5人の戦士を殺したと考えられている今週のものを含んで、アメリカは4月に4つの攻撃を始めたという。3月に、アメリカは、おそらくその地域の依然として秘密の新しいCIA飛行機基地から飛び立ったプレデターかリーパーの無人機で、4つの攻撃を行った。

それは、南北ワジリスタンの聖域にある、「中核的」アル=カーイダに対する無人機攻撃の速度が落ちていることと対照的だ。今の傾向では、2010年のピーク時の117回の攻撃に比べると半分になる、前年比1/3減になるだろう。その年に、彼らは800人以上の反乱者とテロリスト(そして14人の市民も)を殺した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西アフリカ統一聖戦運動

3月
20

西アフリカ統一聖戦運動(Movement for Oneness and Jihad in West Africa)は、イスラム・マグリブのアル=カーイダ機構から分かれた活動中の組織だ。それはその最初の武装行動を2011年の10月に発表した。それは、今のところアルジェリアだけに限られているが、西アフリカのより広い部分に渡って聖戦を広げるという目標を意図したものだ。

歴史
西アフリカ統一聖戦運動(MOJWA)は、イスラム・マグリブのアル=カーイダ(AQIM)の活動範囲外である西アフリカに聖戦を広げると主張された目標を持ってAQIMから別れたものだ。それはまた、アル=カーイダの創設者、オサマ・ビン・ラディンやタリバンのリーダー、ムハンマド・オマルといった人物とのイデオロギー的な親近性を話す映像を発表した。アルジェリア、マリ、ニジェール、そしてモーリタニアでのアル=カーイダの分派集団の流行は、それらが設立される少なくとも10年前から存在し、2011年のリビアの内戦と砂漠地帯への武器の流入以来はるかに激化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅迫のレヴェルが上がっている - ボコ・ハラム

12月
20

ボコ・ハラムやアル=カーイダに影響されたほかのアフリカのテロリスト集団は強さ、洗練さ、そして世界的な野望の度合いを上げている

Posted By gno-eagrai 続きを読む

並行する危機 - ソマリア

9月
05

どのようにソマリアでのイスラムテロリストの活動を鈍らせるアメリカの成功した作戦が、多数を殺すだろう破壊的な飢饉の一因となったのか

彼らのやぎが皆いなくなり、その最後の牛が膝を折って死んだ6月後半から7月初めまでに、男たちは今や去るべき時だと話した。Daynunay村では、ハジ・ハッサンとその子供たちが、少ない衣類、プラスティックボトル、幾らかの古い調理鍋といったなけなしの家財を包み、東に250キロのモガディシュへ出発した。彼らが通り過ぎたどの村でも、その小さな集団は大きくなり、最初は数百人の列に、そして何千人に、さらに数えきれないほどになり、故郷を捨てて南部ソマリアを横断した。水はほとんどなく、葉しか食べるものがないので、幼い者や高齢者はすぐに亡くなった。ハッサンの孫のひとりは倒れたところに埋められた。Quansax Dheereから300キロ歩いた50歳のバゲイ・アリは「ただ座り込み、死んだ」7人の人々を見たと語る。Baoliからの500キロの旅の途中で彼の子供たちが弱り始めた時、60歳のバシャル・アブディ・シャイス彼らを肩に担ぎ、運んだ。「彼らが死んだのを認識した時、私を途中で彼らをおろし、そこに埋めるだろう。」彼はその途中で2人の息子と3人の娘を失った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

オサマ・ビン・ラディン を購読